治療説明よりも先に話す内容とは?

前回のお話

 

『セラミックインレーやゴールド

 インレーが好きなわけじゃない。』

http://haisyakaigyo.com/?p=488)で

 

 

患者さんが最初から自費の補綴物を

入れたいとは思わないと

お伝えしました。

 

 

そして、今回はそのお話の続きに

なります。

 

 

 

前回、自費の補綴を入れたいと思って

いない理由として

 

「歯を出来るだけ残したいと言う

   感覚が、そこまで強くない」

 

と言うことが挙げられました。

 

 

それは、歯の価値を認識していない為

だともお話しましたよね。

 

 

自費治療となると

歯にお金をかけることになります。

 

 

しかし、患者さんの感覚としては

出来るだけお金をかけずに済む

保険治療を受けたいと思っています。

 

 

内科や皮膚科、眼科と言った

他の医療では、保険治療が一般的で

 

そこまで高額なイメージがないのに

対して歯科は保険治療と自費治療が

混在しているイメージがあり

 

治療費が高額になるイメージがある

と言われます。

 

 

 

また、保険適応であったとしても

 

前装冠やブリッジなどの補綴物を

入れることになると高額になることも

 

『歯科は高い!』と言うイメージを

持たれる原因です。

 

 

 

このような状態の中で

いきなり自費の話をすると

患者さんは、

 

「やっぱり来たか!高いぞー」

 

と身構えて聞いてしまい

治療の内容、良し悪しよりも

金額ばかりが耳についてしまうと

言う状況になってしまいます。

 

 

これでは、患者さんにとって

本当に良い治療であるから

おすすめしたいと思っている自費治療も

聞き入れられることもなく

患者さん自身も、本当に有益な情報が

頭に入って来ません。

 

 

これでは、歯科医と患者さんの双方が

残念な状況になりますよね。

 

 

ですので

 

治療の説明より先に話すことが

あります。

 

自費治療を含む治療の話をするのは

その後です。

 

歯が大切だと思って

初めて自費治療を受けるかどうか

迷うのです。

 

 

でも、普通に補綴の話をするだけで

自費治療を希望される患者さんも

いると思います。

 

 

その人は、

もともと歯は大切と思っている

のです。

 

 

歯科に従事している人ならば

歯の価値は認識していますが

 

一般の患者さんで

歯の価値をきちんと認識されている方は

少ないと思います。

 

 

それでも、最近ではTVなどでも

『予防歯科』が謳われるようになり

歯の価値を意識づけられているので

歯の価値を知り、治療に前向きな

姿勢を示す患者さんが

昔よりは増えてきたように思います。

 

 

 

しかし、

 

 

 

 

以前にお話ししたように

何を話しても気持ちが変化しない人

もいます。

 

 

ただ、大半の人は話をすることによって

価値観が変わります。

 

 

今まで歯の価値をそこまで重要視して

こなかった患者さんでも

 

それはただ、今まで歯の大切さを

知り得る機会がなかった為

歯の大切さを軽視していただけの事が

多いからです。

 

 

 

ですので、

歯が大切だと思ってもらう為に

どうすれば良いかと言うと

 

歯の価値観を伝えれば良いのです。

 

 

 

しかし、これではあまりにも漠然と

していて分からないですよね。

 

 

 

そこで今回特別に

患者さんにお話する内容を

お伝えします。

 

 

 

歯の価値観の伝える内容の例

 

①神経を残す事がなぜ大切なのか?

 

②神経を取ると

 どんなリスクがあるのか?

 

③抜髄した歯のリスクとは?

 

④失活歯が多いと

 将来どんなリスクがあるのか?

 

 

などを伝える事です。

 

もちろん、これは一例です。

 

 

患者さんにとって、歯の価値観、大切さ

伝えられるような事であれば

どんどんお伝えしていき、患者さんに

正しい歯の価値観を持ってもらうと

良いです。

 

 

私たち歯科医師は

抜髄した歯のリスクを知っています。

 

 

だから出来るだけ神経を取りたくない

と感じています。

 

 

その結果、もし歯科医師である

自分自身が歯科治療を受けることに

なれば自費の治療を希望します。

 

 

 

でも患者さんは

神経を取った後のリスク

将来の問題など

当然知りません。

 

 

患者さんの中には、一度治療すれば

同じ歯は虫歯にはならないと思っている

も多くいます。

 

 

 

ですので、まずは治療説明よりも

 患者さんが知らなくて損してしまって

いる事を親身になってお伝えする

ということが必要です。

 

 

自費治療寄りの説明でも

保険治療寄りの説明でもなく

どちらかは患者さん自身が選択

できるように。

 

 

ただ、その選択の際に必要となる知識を

お伝えすることです。

 

 

 

 

 

上記にある、お伝えする内容の例は

①〜④のどれもが、私たちからすれば

知っていて当然と思っていることですが

 

実際は、きちんと知っている患者さんは

とても少ないです。

 

 

そのことを踏まえた上で

患者さんにお話しましょう。

 

 

たまに、

「これ位のこと知っているでしょう?」

と言う感じで患者さんに

お話している先生がいます。

 

 

こちらからすれば、毎日、何十人の

虫歯治療を行っていて

その中には、初期虫歯もあれば

抜髄をすることもありますよね。

 

 

 

そうなると、何も特別なことではないし

ルーティンワークになりがちです。

 

しかし、患者さんにとっては

限りある歯のうちの一本の歯の

治療です。

 

自分のこととなって、初めて

ちゃんと聞こうと言う姿勢を持てます。

 

 

だから、この時に説明する事は

一番患者さん自身が聞く耳を

持っています。

 

 

そのチャンスに、しっかり説明し

理解してもらいましょう。

 

 

興味のないことや、難しい事は

理解できないのが普通です。

 

 

 

自身に置き換えてみて下さい。

 

 

普段、料理をする事がないとします。

しかし、必要に迫られて料理することに

なりました。

 

それは、このまま外食を続けて行くと

病気になると診断されたから

自炊に切り替える必要があると

言われたからです。

 

 

こうなって初めて

自炊がいかに良いのか

 

外食ばかりでは体に良くないと

言う事を知り、その生活を続けることが

自分にとって将来どんな悪影響を

及ぼすかを知ります。

 

 

ここで、今まで全く興味もなかった

料理に対しても、少し積極的に

覚えていかないといけないなと

思います。

 

 

もちろん、これを機に

料理好きになる人もいますが

そこまでいかずとも

無関心だった料理に関心を持つ

ようになります。

 

 

そして、どう言う料理を作る必要が

あるのかなどを調べ

自分の将来の健康な体のために

できることをするようになるでしょう。

 

 

 

 

 

これと同じことで、

患者さんも今知らないだけで

誰かが教えてくれて知ることが

出来るのならば

 

歯に対しても積極的に

自分の将来の歯と健康のために治療を

したいと思っているのです。

 

 

 

そのために

まず歯科医師である私たちが

出来ること・すべきことは

歯の価値を伝えることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

重複して言いますが

 

大切なのは親身に患者さん

向き合うことです。

 

治療説明よりも先にすることで

患者さんにとって良い選択をできる知識

をお伝えしていきましょう。

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

前回からの続きですが

 

 

 

 

 

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事