抜歯や抜髄にならない為のアドバイスをする

前回

 

『治療説明よりも先に話す内容とは?』

http://haisyakaigyo.com/?p=495

では

 

患者さんに歯の価値観を伝えると

お話ししましたが

その次に、患者さんに話す

重要な事があります!

 

 

 

と聞いて、

 

「もしかして、やっとここで

 自費補綴説明ですか。」

 

と思っている方もいるかもしれません。

 

 

しかし、残念!違います。

 

 

それは、この次のステージです。

 

 

「まだなの。。。」と思われる

かもしれませんが、

これは大事なプロセスです。

 

 

これらを、すっ飛ばしていってしまうと

自費治療に繋がらないどころか

患者さんからの信頼を得ることは

難しいでしょう。

 

 

 

ですので、どうか一つひとつの

プロセスをしっかり実践し、着実に

信頼を得れるようにしていきましょう。

 

 

 

では本題ですが、何を話すかと言うと

自費や保険のどちらで治療をするかは

関係なく、その歯の寿命を

出来るだけ長く残せる

アドバイスをしてあげる事です。

 

 

アドバイスと言っても

そんな難しい事ではありません。

 

既に普段から治療時に

きちんと患者さんにお伝えしている人も

多いかもしれません。

 

 

 

 例えば、

 

・この歯でアイスなどを食べたり

 するのは当分の間、避けてください。

 

・歯と歯の間から虫歯になるので、

 こことここだけはフロスを

 通してくださいね。

 もちろん、出来れば全部通して

 欲しいのですが。

 

・この歯にはかなり太い土台が入って

 いるので、フランスパンやスルメなど

 堅いものを、この歯で咬みきったり

 するのは極力避けた方が良いと

 思います。

 

 

・神経を取っている歯が多いので

 出来るだけ定期検診でチェックして

 歯を長くもたせれる様にして

 いきましょう。

 

 

などなど、

お金のかからないアドバイスを

しっかりして下さい。

 

 

アドバイス

 

 

ここで重要なのは、

『お金のかからない』アドバイス

という点です。

 

 

なぜ、これが必要かと言うと

そもそも私たち歯科医師は

治療をして歯を長くもたせる事が

重要な仕事です。

 

 

実際には患者さんの口腔内で

いろいろなリスクがあったりします。

 

 

そして、そのリスクを下げる事が

出来る治療法が自費の補綴だけと

言うのはおかしな話ですよね。

 

 

もちろんそんな風に思ってはいない

でしょうが、自費補綴の説明に比べて

 

そう言った歯を維持するための

ドバイスの時間が短い人も

たまにいます。

 

 

 

患者さんの事を考えるのであれば

保険や自費関係なく、

しっかりリスクを伝えて

それの対策を伝えてあげる事が

重要な事だと思います。

 

 

自費を増やしたい

 

そういう思いばかりでやっていると

残念ながら、

絶対にうまく行きません。

 

 

自分でも気づかないうちに

その考えが、患者さんの対応に

出てしまうからです。

 

 

「そんな事ない。

 自分は上手く出来ている」

 

と思う先生もいると思います。

 

 

でも、それはかなり難易度が高い事で

それを誰でもできるかと言うと

なかなか難しい事です。

 

 

そして、実際に自費を増やしたい!と

ガンガン自費を推す気持ちで

していると、自分では、そんな風には

患者さんには伝わっていないと

思っていても

 

意外にも身近にいるスタッフには

伝わっていたりします。

 

 

 

余程仲の良いスタッフであったり

しっかり意見してくるスタッフなら

言ってきてくれるかもしれませんが

スタッフが歯科医に思うことが

あっても意見する事は

なかなか勇気のいる事です。

 

 

なので、

 

 

「そんな言い方したら 

 患者さんが引いてる〜」や

 

「患者さん、お金のかかる事は

 したくない人だから、

 もう心閉じちゃってるよ・・・」

 

と、歯科医と患者さんの話を

隣で聞いていて感じていることも

多々あります。

 

 

クリニックの方針や

歯科医のタイプにもよりますが

患者さんは、歯科医よりもスタッフに

心を開き易いものなので

そのあたりはスタッフの印象が

とても参考になりますよ。

 

 

 

そして、スタッフが感じ取るように

患者さん自身も

 

「この先生、何かと言えば

 自費治療を推してくるなぁ」

 

「自費以外の選択肢を

 選びづらい説明だな・・・」

 

「保険治療だと、そんなにダメなの?」

 

 

と感じています。

 

 

そして、そう言った説明ばかりされる

と、あの先生に治療してもらうと

 

また自費治療の話をされると思うと

だんだん通院が苦痛になってきます。

 

 

そして、本当に自費治療が必要な時に

 

「また言ってるわ」

 

と思われて、必要な説明も

きちんと聞いてもらえなくなります。

 

 

 

逆に普段から、保険治療であろうと

 

アフターケアの説明やアドバイスを

しっかりして、患者さんの歯のことを

考えてお話ししていれば

 

本当に自費治療が必要だと思った時に

患者さんは

 

「いつも、あんなに親身になって

 歯を残せるように考えてくれている

 先生の言うことだから!」

 

と言う気持ちになります。

 

 

自費治療は、実際決して安いものでは

ありません。

 

 

患者さんの金銭的な事情もあります

 

 

しかし、患者さんのことを考えて

 

歯の価値を伝え

将来も少しでも長くもつように

 

抜歯や抜髄にならないアドバイス

をしていれば患者さん自ら

自費治療を最善策だと感じ

希望されることもあります。

 

 

 

このように、患者さんが歯の価値を知り

自費治療を自ら希望されることが

一番の理想だと言えるのでは

ないでしょうか。

 

 

 

 

 自費を増やしたいと言う思いばかりで

治療をしていると、自分の仕事の価値が

ドンドン下がってしまうと思います。

 

 

そうならないためにも、

患者さんから自費治療を希望される

ようになるためにも 

出来る限りすべての対策を

お伝えしましょう。

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。


口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!



 

→歯科開業医ネットワーク

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事