激安インプラントや激安セラミッククラウン

 たまに、

10万円でインプラントや

3万円でセラミッククラウンを

しているクリニックがあります。

 

 

医療的にどういうレベルなのかは

分かりませんし、しっかりやっている

のだとは信じたいです。

 

 

とは言え、世の中にはそこに需要が

あるので、それを提供していると

言う事実は変わらないと思います。

 

 

ただ、これから開業する先生で

自費の治療費の値段をどうするかを

考えている先生にお伝えしたいの

ですが

 

 

自費の値段を安くして

値段をウリに患者さんを多く

集めたいのであれば

 

自費の価格設定は

とことん安くしてください。

 

 

これは中途半端が一番まずいです。

 

やるなら、とことんです!

 

 

では、どれくらい思い切る必要が

あるかと言うと・・・

 

例えば周囲のクリニックよりも

 

 

インプラントやセラミックの治療費を

10~20%下げても

あまり治療を受ける患者さん数に

大幅な変化はありません。

 

具体的な数字にすると周囲の

クリニックが1本40万円で

インプラントをしているのに対して

 

32万円にしたくらいでは

患者さんの反応は、こちらが

期待する程ではないのです。

 

 

これが1本10万円だったら

患者さんの食いつきも違いますし

集患にもなるでしょう。

 

 

でも、1本10万円は原価率的にも

無理がある。

 

頑張って32万円に設定している。

 

と言うこの状況が、一番危険

なのです。

 

 

なぜなら、この2割程度安くしている

価格設定は、原価率は周囲の

クリニックと変わらないはずなので

利益率は大幅に減ります。

 

 

集患のためにと思って無理して

ギリギリでやっているのに

大した集患にもならない。

 

 

そして、それでもインプラントの

治療が入れば入るだけ利益率が低い

ので、自分で自分の首を絞めることに

なってしまう。

 

 

それでは、自費が安いと言うウリにも

ならないし、非常に中途半端な

クリニックになってしまいますよね。

 

 

もし、自費を安くやって

患者さん数を増やしたいと思うならば

それこそ激安にしてください。

 

 

誰が見ても『安!』って思える金額が

重要です。

 

 

『安いのかな~?』

くらいの値段設定は

一番効果がありません。

 

 

 

そんなに安くできないなら

中途半端な安さは止めた方が

良いです。

 

 

自費治療の価格設定を

何となくで考えている先生がいますが

すごく重要なことなので

しっかり考えてみてください。

 

 

 

前回

『自費や歯科医院選択基準は

 価格や条件か?価値か?』

 

http://haisyakaigyo.com/?p=1248

 

 

 

でも、お話しましたが

価格は一度設定すると、下げるのは

簡単でも、上げること(値上げ)は

非常に難しくなります。

 

 

そして、値上げすることで

既存の患者さんが離れてしまうと

言う可能性も出てきます。

 

 

例えば、価格に大きな違いは

ありますが、マクドナルドを想像して

みて下さい。

 

マクドナルドと言えば、低価格が売り

のハンバーガーショップの代表格

ですよね。

 

 

ハンバーガーショップと言えば

モスバーガーやロッテリアなど

数多くありますが、その中でも

安価で食べられることが

魅力の一つです。

 

 

マクドナルドは2000年に

130円で販売していたハンバーガー

を平日限定で65円と言う驚異的な

安さで提供しだしました。

 

その宣伝効果は絶大で、多くの集客に

成功しました。

 

しかし、その時は円高だったので

65円でも利益を確保できていました

が、その後、円安が進むにつれて

コストが高くなってしまい

65円で販売することが難しくなり

期間限定だった65円での販売を

終了します。

 

と言っても、130円に戻したのでは

なく80円にしました。

 

 

 

 

すると、それまで安さに魅力を感じて

来店していたお客さん達が一気に

離れていってしまいました。

 

 

80円でも十分に安いはずなのに

お客さんは、なぜ離れてしまった

のか?

 

 

それは、お客さんにハンバーガーが

65円という感覚が定着して

しまったからです。

 

 

 

マクドナルドのハンバーガーは

65円で食べられると思っている中で

80円に値上げされると

 

「今まで、65円で食べてたのに

 80円出さないといけない

 なんて・・・」

 

と言う気持ちになります。

 

また、マクドナルド=安い

と言うブランドイメージが定着した

ことにより、安さを最優先に求める

お客さんが多くなった為、

値上げしたことにより

魅力がないと感じられ、離れていって

しまったこともあるでしょう。

 

 

これは、歯科医院も同じです。

 

安さをウリにすると言うことは

安さが無くなると、患者さんに

魅力を感じてもらえなくなると

言うことです。

 

 

クオリティよりも価格最優先という

気持ちの患者さんばかりが増えたら

どうでしょうか?

 

 

そういう患者さんは、それこそ

激安インプラントや

激安セラミッククラウンを

している歯科医院に行くでしょうが

 

周囲の歯科医院より、少し安めに

価格設定をしていても、価格優先の

患者さんは来院されると思います。

 

 

そして、そんな患者さんが増えると

利益率が上がらなくなって、値上げ

をした時に、一気に患者さんが

離れていってしまう恐れがあります。

 

 

それは、歯科医院ブランドイメージ

が治療のクオリティなどではなく

「安さ」であるからです。

 

 

安さが魅力のクリニックが

値上げなんてしたら

 

魅力がゼロになります。

 

一度ついたイメージを変えることは

とても難しいです。

 

 

 

自費の価格設定を安易に考えると

後から、とても大変な思いをすること

になるかもしれませんので

きちんと考えて価格を決めるように

しましょう。

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。


口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!



 

→歯科開業医ネットワーク

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事