患者さんからのクレームや不満があった時に。

患者さんからのクレームや

不満があった時に。

 

 

 

どんな仕事に就いても

お客さんからのクレームが一度もない

と言う人はいないと思います。

 

 

むしろ、多くのビジネスで

クレームは日常茶飯事の様に

あります。

 

 

クレームと言えば、お客さんと

直接関わる接客業やサービス業が

イメージとして、すぐに浮かぶかと

思います。

 

 

確かに、これらの業種はクレームが

出た時に、お客さんから直接的に

クレームを言われることが多いです。

 

 

しかし、他の業種ではクレームを

多く受けているのは、それらだけでは

ありません。

 

 

お客さんと言うのは

前述した飲食店でのお客さんや

美容院でのお客さんなども

お客さんですが会社同士での取引が

あれば発注した側と受注した側が

いるので発注者はお客さんに

なります。

 

要は、どんな業種であれ

お金を支払う側の人は、

皆「お客さん」なのです。

 

 

となると、お客さんが不満を持ったり

サービス内容や仕事内容、料金などに

納得がいっていなければ

それらは不満となり

クレームになるわけです。

 

 

こう考えると、当然、歯科医療も

普通のビジネスよりは少ないでしょう

が必ず患者さんからのクレームや

不満があると思います。

 

特に、経験が少ない先生は

クレームを出してしまうことが

どうしても多くなりがちです。

 

 

もちろん、これは経験が増えてくれば

クレームの数もかなり減少すると

思います。

 

クレームは患者さんへの対応や説明

治療技術に不満や不信感を持たれた時

に出てきます。

 

それは、経験が少ないと

まだ不慣れなこともあったりするので

ある程度は仕方のないことの場合も

あります。

 

(とは言え、クレームを出さないよう

 な対応や技術などを

 しっかり学んで患者さんに安心して

 受診してもらえるように

 勉強が必要です)

 

が、クレームを受けるのは仕方のない

こととしても、そのクレームを

受けた時の対応で、その後が

良くなるのか?

 

それとも

益々状況を悪化させてしまうのか

が、決まります。

 

 

なので、クレームがあった時は

その後の対応をしっかりするように

しましょう。

 

 

例えば、患者さんから

 

『前回、虫歯を削って治療されて

 から痛いんだけど!』

 

こう言ったクレームがあったと

します。

 

ここで最初にどんな対応をしたら

良いでしょうか?

 

 

 

選択肢は3つです。

 

①申し訳ないと謝る。

②話をもっと聞く。

③原因をしっかり伝える。

 

 

正解は何だと思いますか?

 

 

答えは②の『話をもっと聞く

です。

①と③は絶対ダメです。

 

 

え!?相手がクレームを言っている

ってことは怒っているんだから

まずは謝らないと!!

 

と、思いましたか?

 

 

 

違います!

 

 

気が弱い人はすぐに

①の謝罪をします。

 

 

でも、どうでしょうか?

 

実際に、その場面を想像してみて

下さい。

 

相手が怒って文句言ったら

すぐに謝るっておかしくないですか。

 

 

それは、まるで怒られること前提で

何かをしてしまって、案の定

怒られたから、すぐ謝ったような

感じです。

 

患者さんからしたら

すぐに謝るくらいなら

最初から、そんなことしないでよ!

と思います。

 

なので、これは止めた方が良いです。

 

また、すぐ謝ることで

患者さんを怒らせてしまった本当の

原因を理解できないままに

なってしまいます。

 

クレームで、よくあるのが

怒られているけれど

実は、患者さんが怒ることになった

原因は別のところにあったと言う

パターンです。

 

 

患者さんは、クレームを言った

その時にだけ不満があったわけでは

なく、それまでにも小さな不満が蓄積

されていて、それが偶然ある時に

爆発したと言うことが多いです。

 

となると、理由も聞かずに

すぐに謝ると、本当は何に不満を

感じたのか解決できないままに

なってしまいます。

 

そうすると、また同じことをして

しまい、他の患者さんからも

同じようなクレームが出てしまう

という状況になります。

 

 

同じクレームを繰り返さないためにも

怒られた→すぐ謝る

は、やめましょう。

 

 

 

では③の『原因をしっかり伝える』

ですが、基本これもダメです。

 

 

これも、え???と思いますよね。

 

すぐに謝らないのなら、怒っている

ことに対して、理由をきちんと

説明しないと誤解を解けないよ。

 

 

と思ってしまいがちですが

原因をしっかり伝えるのもダメな

理由は、患者さんからは

すべて言い訳に聞こえてしまうから

です。

 

 

いくら、それが正論であったとしても

その「原因をしっかりと伝える」は

タイミングを誤ることで

 

患者さんからすると

こちらが怒ったから、言ってきた

と捉えられます。

 

同じことを言っていたとしても

事前に説明しているのと

怒ったあとで、言うのでは

言い訳と捉えられても

仕方ありません。

 

 

なので、言い訳に聞こえる様な内容は

それに対して、また患者さんから反論

があります。

 

 

正しい理由を言えば、納得するのでは

無いと思ってください。

 

 

そして、クレームが出た時に

一番良い方法は

もっと話を聞くと言うことです。

 

 

これがクレームや不満を解消する

最短の方法です。

 

 

では、どうして話を聞くのが

良いのかは次回お伝えします。

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると

体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。

 

口コミで100医院以上が参加

 

地域で1医院限定なので先着順です!

 →歯科開業医ネットワーク

 

・ ・

 

歯科開業医ネットワーク 解説アニメ動画

手間なく売り上げを増やすには待合室動画が必須!
でも、動画に50万や100万も払っていませんか?


今だけのお得な特典があります。詳しくはサイトで。



 

→手間なし動画くん

 

→手間なし動画くん



コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。


口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!



 

→歯科開業医ネットワーク

 

→歯科開業医ネットワーク



開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事