歯科医師の目標やゴールと心理

 

前回、

『人間の欲求・歯科医師の欲求』

http://haisyakaigyo.com/?p=818

 

 

でマズローの5段階欲求の話を

しました。

 

 

そして、実はこれには提唱されている

5段階より更に上の段階があると

マズロー自身が言っているとも

お話をしましたね。

 

 

このマズローの5段階欲求の

6段階め。

 

とても興味深いので

 

今日はその解説をします。

 

 

まずは、おさらいですが

マズローの5段階欲求+1

を書きますね。

 

 

 

第一段階)生理的な欲求

 

第二段階)安全の欲求

 

第三段階)社会的欲求

 

第四段階)承認欲求

 

第五段階)自己実現の欲求

 

最後の段階)自己超越

 

 

 

第一段階から第三段階までは

 

外的に自分の欲求を満たしていきたい

レベルで低次の欲求です。

 

 

 

そして第四段階からは

 

内的に自分の欲求を満たしていきたい

というレベルです。

 

第三段階までの欲求の低次の欲求

よりも、よりこちらからが

高次元の欲求となっています。

 

 

また1~4段階までは

欠乏欲求であり

 

 

何かが欲しい。

 

何かが足りない。

 

それが手に入れば、人生が豊かに

なる。

 

自己が満たされると思う段階

です。

 

 

5段階に入って初めてそれがなくなり

自分自身を高め、崇高になろうと

言う境地になります。

 

 

これらの5段階は全て第一段階から

順にクリアしていくもので

飛び級は出来ません。

 

 

一つ一つ満たしていった先に

 

次のステージが待っています。

 

 

ただステージが上がって行っても

 

踏み外してしまい

 

もとのステージに下がる事も

あります。

 

 

 

例えば、

第四段階の承認欲求に行っていて

 

他者から認められ尊敬されたいと

思っていても、それが仕事面の場合

仕事を失敗してしまい

尊敬以前に、信頼関係さえも

崩れてしまったら・・・

 

どうでしょう。

 

 

 

露骨な態度では現されなくても

もしかすると、今までは大勢で

和気藹々と仕事をしたり

 

休憩時間を過ごしていたのに

その一件から

一人で過さなければなくなったり

 

明らかに今まで仲良くしていた周りの

人の態度が冷たくなったとしたら…?

 

 

尊敬されたい!と言う欲求ではなく

まずは仲間に戻りたい。

周囲の人と一緒に過ごしたいと

思うでしょう。

 

 

 

これは第三段階の社会的欲求

ですよね

 

 

 

こんな風に、クリアしたと思った段階

でも簡単に元に戻ることは

あります。

 

 

これは、仕事のことですが

マズローの欲求は仕事に関してだけを

言っているのではなく

 

人間としての欲求なので

プライベートでも、どんなことでも

このようなことは起こります。

 

 

段階が上がれば上がるほど

ストレスが減って行くのは想像できる

と思います。

 

 

そのため

もし元の段階に戻ってしまうと

それだけストレスが掛かります。

 

 

ストレスゼロというのは

なかなか難しいかもしれませんが

 

それでも

心が平和な人生を生きるためには

 

出来れば欠乏欲求(1~4段階)を

超える必要がありますね。

 

 

 

更に言うなれば外的な部分よりも

 

内的な部分に欲求を向けられる

ステージに上がると

幸せを多く感じられる気がします。

 

 

言葉が悪いかもしれませんが

他人の目を気にしたり

顔色を伺いながら生活するのは

楽しくないですし

幸せな感じはしませんよね。

 

 

 

他人に好かれるための努力は

努力ももちろん必要ですが

相手によって状況が変わって

しまいます。

 

 

上手く適応できていたと思って

いたけれど、相手にとって自分が

どうしてもソリが合わないと

思われていた・・・

 

なんて状況だと、悲しいですが

努力も虚しいものになってしまいます

よね。

 

 

しかし、自分の内部への欲求で行動

する自分自身のための努力は

違います。

 

 

努力すれば、その結果は全て自分に

返ってきます。

 

 

相手の意思などはそこには

関係ありません。

自分をどれだけ高めることが出来るか

に結果がついてきます。

 

周囲の状況や環境に流されず

自分のペースで

自分自身で自己鍛錬できる状態。

 

 

 

とても、有意義だと思います。

 

 

 

ただ、この段階からは

与えられたことをやっていれば良い

と言う段階ではなくなってくるので

個人で大きな差が出てくる段階

でもあります。

 

 

 

と言うのは、前述しましたが

何かが欲しい。

 

何かが足りない。

 

それが手に入れば

人生が豊かになる。

 

 

自己が満たされると思う段階は

その何かをクリアすれば良いので

自分に足りていないものが

分かり易いです。

 

 

しかし、これらをクリアして

上の段階に行くと

 

一通り、困らないだけのものは

既に手に入れている状態です。

 

 

 

そこからは、いかに自身が

どうなりたいのか?

そうなるためには、どうすべきなのか

を自ら明確にする必要があります。

 

 

 

この自分の本当の目標やゴールを

しっかり考えて、明確化できるか否か

が分かれ道です。

 

 

第四段階の承認欲求をクリアした

あたりで、ある程度の地位も自信も

あるようになり忙しくもなると

 

この「本当の自分の目標やゴール」を

考えること、

 

自分と向き合うことが、面倒になって

しまったり後回しになってしまう人が

多いです。

 

 

ここで、これ以上の段階へと進める人

と、そうでない人が分かれます。

 

 

 

 

 

 

ちなみに自己超越の段階まで行く人は

 

人口の2%程度と言われています。

 

当然ですが、これはお金持ちの人が

 

達成するわけではありません。

 

 

実は

 

あのアップルの創始者の

 

スティーブジョブズも

 

死ぬ間際に残した手紙が

あります。

 

その内容を一部だけ抜粋しますが

 

 

『生活できるお金が手に入った段階で

 

 富とは関係ない自分のやりたい事を

 やれば良かった。

 

 それは

 

 人間関係や芸術、子供のころからの

 夢だったかもしれない』

 

 

と言っています。

 

また、最後は

 

『物質的な物に価値は無く

 

 愛情にあふれた思い出だけが大切』

 

と話しています。

 

 

あれほどのカリスマ成功者の

 

スティーブジョブスでも

最後に後悔したようです。

 

 

いつか・・ではなく、

 

自分はどのステージで

 

自分は何を目指すのかを考える、

 

時間を計画的に作っておくのも

 

良いかもしれませんね。

 

 

余談ですが、マズローは

この全ての欲求の段階を

子供で達成する事は無いと

言っています。

 

 

逆に言えば

 

年齢を重ねて大人になるにしたがって

 

こういった自分の人生の意味や

 

自分の人生の喜びって何だろう?

 

って考える様になるのでしょうね。

 

 

今は、まだ若くそこまでの段階に

達していなかったとしても

もう大人であることは

間違いありません。

 

 

 

第五段階の域に到達できるよう

 

そして到達した時には

さらに最終段階にもいけるように

なると、歯科医師としての人生

だけでなく自分の人生の全てが

とても有意義なものになると

思います。

 

 

 

そうなれるように

今自分は何をすべきか

考えてみるきっかけになれば

嬉しいです。

 

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事