人間の欲求・歯科医師の欲求

マズローの法則

 

って知っていますか?

 

あまり聞きなれない言葉かも

しれません。

 

マズローとは

人間の欲求をレベル分けした人の

名前で、アメリカの心理学者です。

 

人間心理学の生みの親とも

言われている彼が提唱した

 

マズローの法則とは

 

正式には

 

マズローの5段階欲求と

言います。

 

これは今でも心理学や

マーケティングを行う上で

ものすごく重要視されています。

 

 

自己や他者を分析する際にも

一つの指標になります。

 

マズローの法則というのは

耳慣れない言葉であっても

 

その内容については聞いたことが

ある人も意外と多いことでしょう。

 

 

では、具体的にマズローの5段階欲求

とは何かというと

 

第一段階から第五段階まで

順を追って進んでいきます。

 

 

 

第一段階)

 

生理的な欲求

 

これは寝たい・食べたい

排泄したいなど

 

 

本当に人間の根源的な欲求です。

 

この第一段階が満たされると

次の第二段階に欲求が進みます。

 

 

 

第二段階)

 

安全の欲求

 

これは安全に暮らしていきたい。

家があり、脅かされる事がなく

安全に暮らしたい。

 

と言う欲求です。

 

 

もし暴力などで安全な暮らしが

脅かされてる状況だと、決して

次の段階に進むことは出来ません。

 

 

 

 

第三段階)

 

社会的欲求

 

仲間と一緒にいたい。

 

集団やコミュニティーに属したい

 

と言う欲求です。

 

 

孤独などは不安なので

この欲求を求めます。

 

また社会で自分が役立っていたい

という欲求です。

 

また人の愛を求めたりします。

ここが満たされないと

鬱になったりします。

 

 

 

 

第四段階)

 

承認欲求

 

まずは他者から認められたい。

 

とか尊敬されたいとかです。

 

より内面的な部分に入ってきます。

しかし承認欲求と言っても

他者からだけでなく

 

最終的には自分自身を

しっかり認めて自己尊重感を

満たしていくことがゴールです。

 

ここが満たされないと

 

無力感や劣等感を感じたりします。

 

 

 

第五段階)

 

自己実現の欲求

 

これは社会に向けての自己表現を

していくことだったり

人間的に崇高になる事だったり

いろいろあります。

 

より自分らしさ

自分の内面を満たす部分です。

 

 

簡単に説明すると、

マズローの法則は

このような内容です。

 

 

第一段階から、段階を経て

より理想を追い求めれる段階になって

いますよね。

 

第一段階の生理的欲求から

第三段階の社会的欲求は

外的に満たされることを求めるもので

低次の欲求です。

 

 

そして、第四段階に進むと

これ以降は外的に求めるのではなく

自分自身の内的な心を満たしたいと

言う高次の欲求になります。

 

 

日々、生活をしている中で

この低次の欲求を意識することは

あまりないと思いますが

それこそが高次の欲求の段階に

いることだと言えます。

 

 

もし、住む家もなく

食事をとることにも困難な状況で

あれば患者さんのことを考えたり

 

クリニックで次にどんなセミナー

をしようかなどと考えることは

ないでしょう。

 

 

今、医院の経営で悩むことがあったり

これから開業して、色々な問題が

出てくるかもしれません。

 

 

しかし、その時に起こる悩みは

高次欲求です。

 

 

出世欲もこれに含まれますが

成功すると言う自分の内的な心を

満たしたいと言う思いです。

 

誰でも、開業して成功したいと

思いますよね。

 

その成功はもちろん周りの人から

賞賛されたい気持ちもあるでしょう。

 

しかし、その先にあるのは

周りからの評価より自分自身の評価

です。

 

 

そして、その自分自身の評価のために

自身の技術を磨いたり学んだりして

自身を高めるように努めます。

 

 

いろんなセミナーに行ったり

スタディグループに入って

勉強したりするのも

この自己を高めるための行いです。

 

 

今、この記事を読んでいることも

もう外的な部分を満たしたい

第三段階までではありません。

 

 

なので、歯科医師の欲求を感じる

のは第四段階からです。

 

 

とは言え、もう既に第五段階の

自己実現の欲求に到達している

人もいるかもしれません。

 

出世欲とも違う、自分のための欲求。

崇高な欲求とも言われています。

 

この域になると言うことは

それまでの四段階はクリアしている

と言うことなので、悩みの種類も

違っています。

 

 

 

いかに、自分の理想を実現するか

自分のあるべき姿を表現できるのか

を考えています。

 

 

その段階に到達するなんて

すごい!!最終段階だ!

と思うかもしれませんが

 

実はもう一つ上の段階があると

マズローは晩年言っています。

 

 

 

それは

 

最後の段階)

 

自己超越

 

見返りやエゴがなくなり

 

本当に自分のやりたい事だけを

遂行する段階。

 

なんと、素敵な響きだろうと

思いますよね。

自分のエゴを遂行。

それでいて見返りやエゴがない・・・

 

 

言葉だけ聞くと、怪しげな宗教か

とも思えてしまいますが

宗教でも教えでもなく

これは人間なら誰でも持っている

人間の欲求の最終地点です。

 

 

 

すごく難しそうですよね。

 

 

 

このマズローの欲求の最後の段階と

言われている自己超越について

次回解説します。

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事