勤務歯科医の時から、スタッフとの距離に気をつける

今回は、勤務医として働いている時に

衛生士や受付、助手と言ったスタッフ

たちとの距離感について

お話したいと思います。

 

「距離感?

 年も近いし、みんなで仲良く

 出来ているよ」

 

と思った先生もいるかも

しれません。

 

しかし、それはまさに要注意です。

 

 

スタッフとの距離について

勤務医の先生で、たまにいるのが

スタッフと友達の様になってしまう

パターンです。

 

仲が良いので、一見は良いことの

ように感じますが

実は友達の様な関係になってしまう

のは問題であるケースが多いです。

 

 

理由は、少なくとも歯科医師は

スタッフや衛生士を教える立場

だと言うことです。

 

教える立場の人が

教えてもらう立場の人と友達と

いうのは、かなり難しいものが

あります。

 

学校の先生にしろ

何か習い事の先生でも

歳が近くて、話しやすくて

親近感もあり、親しくなる人が

います。

 

そんな先生がいれば

勉強や習い事も楽しくなると言う

ことも事実、よくあります。

 

そして、そう言う先生などは

生徒からも人気です。

 

しかし、これはあくまで

親しみやすいのであり

「友達」ではありません。

 

 

この差はとても大きいものです。

 

もし、学校の先生が友達のように

なってしまったら、生徒たちは先生の

指導をきちんと聞くでしょうか?

 

 

教える側としても

やり辛いことが沢山出てきてしまう

はずです。

 

これは、歯科医師に対しても

同じです。

 

 

そして、事実、友達になってしまって

いる場合は、スタッフや衛生士に

あまり

指導をでできていなかったりします。

 

確かに勤務医の間は

自分も他のスタッフと同じように

雇われている立場です。

 

 

なので、スタッフと話が

盛り上がったり

 

仕事のことでの悩みも

共有できることが多くなります。

 

 

そうなると、仲良くなりすぎて

友達感覚に陥ってしまうのですが…

 

もちろん、スタッフと仲良くなる

こと、コミュニケーションをとること

は、とても大切です。

 

 

コミュニーケーションを取らない

あまりに、日々の歯科治療という業務

さえ円滑に行えずに困ることも

あります。

 

 

ましてや、スタッフは圧倒的に

女性が多いですよね。

 

 

女性は、男性よりも世間話などの

他愛ない話でコミュニーケーションを

取り、関係を築き上げます。

 

ですので、仕事を円滑にするためにも

話をしたりして関係を築くことは

とても大切で必要なことです。

 

 

ただ、ここで間違いが生じてしまう

のですが、コミュニーケーションを

取り

 

歯科治療を一緒にする仲間になること

と、友達になることは違います。

 

 

 

仲間は、仕事をしていく上で

とても重要な要素になりますよね。

 

 

また、もし常に同じスタッフと

チームを組んで診療を行うスタイルの

歯科医院だと

 

ずっと同じ衛生士やアシスタントと

治療することになります。

 

 

そうなると、チームワークが

出来上がってきます。

 

それにより、治療もとても円滑に

行えます。

 

 

それに、何か仕事で躓いてしまうこと

があっても互いに助け合い

より良い仕事ができるようになります。

 

 

このような関係になれれば

これは「友達」ではなく「仲間」に

なっているのだと思います。

 

 

しかし、友達になってしまうと

躓いてしまった時も

共感や同情はしても

次へのステップを示すことが

出来にくくなります。

 

 

仲間であれば、『仕事』が一番で

患者さんにより良い治療を!

と云う想いと目標の合致があるので

それにズレることならば

仲間であろうと、きちんと注意して

同じ目標のために、軌道修正しようと

します。

 

 

しかし、友達だと『仕事』より

友達としての立場の方が大切なので

友達を嫌な気にさせたくないと

思ってしまいます。

 

 

誰だって注意されたり否定されること

面白くないことです。

 

 

友達とは、楽しい時間を共有したい

のに、あえて面白くないことなんて

したくないと思ってしまいますよね。

 

 

これが、友達になってしまう

悪い点です。

 

 

開業すると

衛生士やスタッフに対して

いろいろ指導をしたり

時には厳しく叱る必要も出てくると

思います。

 

 

でも、勤務医期間にスタッフと

友達の様な関係を築いていると

いざ、開業した時にどう対応して良い

か、分からなくなります。

 

わからない

 

指導や注意、叱ったりという経験が

ない人が突然スタッフ指導すると

どうなるかと言うと

 

 感情的に怒る

 うまく言えないから放置

この様な両極端なこと

になりがちです。

 

確かに、注意したり叱ったりという

のは、される方も面白くありませんが

する方も、なかなか心折れるもの

です。

 

 

それには

叱って嫌われてしまったら嫌だな…

なんて気持ちも知らず知らずと

入っています。

 

 

でも、大丈夫です。

スタッフの指導は、

ただやる事を上から目線

伝える事ではありません。

 

 

もし、上から目線で咎めたり

怒りをぶちまけてしまうのなら

これは、まさにスタッフに

嫌がられる典型です。

 

それに、こうされて改善することは

なかなかありません。

 

 

間違った指導により、より一層関係が

ギクシャクしてしまうかも

しれません。

 

より良くするための指導、そして

スタッフが仕事の意味を感じ

そして心から成長したいと

思ってもらうように

導くのが仕事です。

 

こう言っても、

 

「今は、勤務医だし注意や指導なんて

 出来てないけど、開業したら

 一から自分でスタッフを選ぶんだし

 そうなった時には、できる!」

 

と思っている人も多いです。

 

 

しかし

実際に開業してマネージメント

うまく行かない人は

とってもとっても多いです。

 

 

ですので、今から

少しずつスタッフや衛生士を

導いて指導できるように

トライしていくと良いと思います。

 

 

勤務医であるうちに

このような練習を積んで行くと

本当に役に立ちます。

 

 

今、勤務している院長がスタッフとの

距離感の保ち方、指導の仕方が

うまいと思うのであれば

自分もそうなれるように

それをよく観察して下さい。

 

 

もし、勤務医と他スタッフとが

友達のように仲良くなったり

一緒になって陰で院長の悪口を

言ってしまっているようであれば

明日は我が身と思って下さい。

 

 

そして、なぜそんな風に言われるのか

を反面教師として、観察して下さい。

 

そして、もし今そんな風に

他スタッフと一緒になって悪口を

言っているのなら、やめましょう。

 

 

ここまで、スタッフと

「なぁなぁの関係」はダメと

お話してきましたが

 

 

ただ職場のスタッフや衛生士と

人間関係の構築や信頼関係を

もつのはすごく大切なので

 

 

みんなでたまに食事に行ったり

飲みに行ったりすることも

すごくすごく大切だと思います。

 

良好な関係を築いて、

指導できない友達を作るのではなく

同じ志を持つ、仲間を作ってください。

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

手間なく売り上げを増やすには待合室動画が必須!
でも、動画に50万や100万も払っていませんか?


今だけのお得な特典があります。詳しくはサイトで。



 

→手間なし動画くん

 

→手間なし動画くん



コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。


口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!



 

→歯科開業医ネットワーク

 

→歯科開業医ネットワーク



開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事