審美歯科治療のセラミック(プロセラ・エンプレス・e-max・ジルコニア)

保険治療を一通り、

きちんと出来るようになると

次の課題になってくるのは

 

自費治療ですよね。

 

 

そして、これから自費の審美治療を

しようと思った時に

セラミックが真っ先に思いつくと思います。

 

 

 

そこで、今回はセラミックについて

少しお話したいと思います。

 

 

セラミックは簡単に言えば

 

ガラス系の素材です。

 

透明感などの審美性が良く

劣化もしにくいのでカリエスにも

なりいと言うメリットがあります

 

 

 

ただ、ガラス系なので、物を食べた時などに

端がチップしたり、割れたりする

デメリットはあります。

 

 

とは言え、現在の審美歯科治療では

もっともメジャーに使用されるものですので

適応症・形成の仕方・接着の仕方などを

しっかり学んでおくと良いと思います。

 

 

 

そして、一概にセラミックと言っても

以下の様にいろいろと種類があります。

 

 

ここでも簡単にではありますが

特性を載せておきますので

詳しくは調べてみると良いでしょう。

 

 

 

 

 

  • ・e-max

 オールセラミックスの中で、最も新しい素材。

 メリットは、強度です。

 1本の歯でクラウンを製作した場合には

 とても強い耐久性を発揮できます。

 

 また、天然歯に一番近い強度とも言われ

 対合歯に負荷をかけることが少ないと

 いった点でも優れています。

 

 

 また、デメリットとして色付けに関しては

 自然な人工歯に近づけるための複雑な

 色付けには限界があると言う点。

 

 加えて透過性が非常に優れているので

 逆に歯の色を拾ってしまうと言う点です。

 

 ブリッジなどには不向き。

 

 

 

  • ・プロセラ

 

 ノーベル・バイオケア社製のオールセラミック。

 CAD/CAM(Computer Aided Design and Computer  

 Aided Manufacturing)で製作するため精密かつ

 緻密な補綴物が作られます。

 

 また、審美性・強度共に優れています。

 ブリッジの設計にも対応可能。

 

  • ・エンプレス

 ヨーロッパで開発され、世界中で

 シェアされています。

 審美面で優れています。

 

 

 デメリットを挙げるなら、強度で

 奥歯やブリッジなど、負荷が大きくかかる

 部位では、欠けてしまうかもしれません。

 

 

 

 

 

  • ・ジルコニア

 

 人工のダイアモンドと言われるジルコニアは、

 その名の通り、強度がありオールセラミック

 では弱点とされる部分をカバー出来ます。

 

 そのため奥歯の治療に使用することも可能。

 また、歯を削る量も少なく済む場合があります。

 

 

 一方、デメリットとしては

 他のセラミックよりは透過性に劣る点です。

 

 また強度があるので、対合歯に影響が

 出てしまうので咬合調整などで、

 必ず影響が出ないようにします。

 

 

 

 

 

このように、セラミックと一口に言っても、

多くの種類があり、特性も様々です。

 

そして、上述しているものは一部の

情報ですので患者さんの症例に合わせて

しっかり調べ、検討する必要があります。

 

また、補綴物の種類や性能も

日に日に進化していますので

メリットが増えデメリットが減ることも

もちろんあります。

 

 

 

審美歯科は、どうしても自費治療になって

しまうので、患者さんからすると

金銭面的には負担になってしまいます。

 

 

そのことも踏まえた上で、それでも審美的に、

または保険治療では実現できない治療をしたい!

と言う患者さんの願いを、できる限り

叶えられるよう、期待以上のものを装着

できるように、しっかり知識をつけて

患者さんに還元できるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事