歯科研修医のお勧め本と学び方

歯科医になって

まず何から勉強したら良いか迷うと思います。

 

 

歯科医になるまでは、大学での勉強さえ、

しっかりしておけば良かったし

やるべきことは明確だったと思います。

 

 

 

とにかく、歯科医師になるために国試に合格すること。

 

そのための勉強が大事でした。

 

 

 

しかし、いざ歯科医師になってからは、

国試のために勉強とは訳が違います。

 

となると、一体何について

何をどのように学べば良いのか?

 

 

「することや、新しいことは沢山で、

 学ぶべきことは山のようにあるのに

 それを一体どう手をつけて良いのかわからない。」

 

 

と言うのは、歯科医師になった頃には

誰もが経験することです。

 

 

開業医に勤務したり、いろいろな医局に所属

したりもあると思いますが

まずは広く浅く学んでください!

 

 

これは、若いうちだから出来ることであり、

歯科医になりたてにこそすべき事です。

 

 

 後から、この時に戻って・・・

と思っても当然ながら

出来ません。

 

 

もう一度言います。

「広く浅く」です。

 

 

これは、この先勤務先を変える場合は

勿論ですが、将来、自分の医院を開業

する場合に、非常に役に立ちます。

 

 

今は研修医と言う立場でも、

それを考慮してくれるのは、

先輩歯科医やその他スタッフだけです。

患者さんからすると、

研修医と言えども、先生は先生です。

 

 

 

「僕、研修医なんで、わからないんです〜」

 

「ちょっと、複雑な処置はできません」

 

なんてことは、許されませんよね。

 

 

 

研修医も最初は先輩ドクターや院長について

アシスタントのような仕事をする場合があります。

 

しかし、徐々に歯科医としての本来の仕事である

「治療」をするように、必ずなっていきます。

 

 

ずっと研修医で、ずっと歯科医のアシストを

し続けるなんてことはあり得ません。

 

 

 

また、勤務先の医院にもよるとは思いますが、

実際には、まだ不安もある中でも

どんどん患者さんを診させて

受け持たせる院長もいます。

 

 

 

 

そして、患者さんの治療を受け持つ事になると

当然のことながら、ある程度の知識が必要です。

 

 

 

経験値が少ないことは、研修医にとっては

当たり前のことです。

 

それを、とやかく言われることはありません。

 

しかし、経験値がないから、

何も出来なくて良いわけではありません。

 

 

いかに、未熟な経験値の部分を知識で補えるかで

大きく変わってきます。

 

 

 

知識があることで、患者さんに対しても

不安な気持ちにさせることなく

対応することが出来ます。

 

 

 

患者さんは「研修医」だからと言って、

許してくれはしませんが、

「研修医」に治療されることに、

必ず不安な感情を抱えています。

 

 

これまでにも、私の記事でも幾度となく

お伝えしてまいりましたが、

患者さんを不安な気持ちにしてしまうことは、

タブーです。

 

 

 

ですので、

 

「研修医に担当されるから、不安だ」

 

と思われるのではなく、

 

 

「研修医だけど、きちんとしているし、

 安心感があるな」

 

と思ってもらえるようになりましょう。

 

そして、それには先ほども言いましたが、

患者さんを不安にさせないだけの知識が必要です。

 

 

どんなことを聞かれても、

すんなりと答えられるようにしておくことが大事です。

 

 

患者さんも最初から、とてつもなく複雑で特異な

質問をしてくることはありません。

 

 

ただ、専門家としての意見を聞きたくて

質問されています。

 

 

それに対して、言い淀んでばかりだったり、

あたふたしていては、信頼は得られません。

 

 

 

知識を深めていくことは、

その先に自分がどういう治療を専門に

していくのか決める時で大丈夫です。

 

 

 

そして、この自分の専門分野を持つことが

必要になった時期には、これまでに得た

幅広い知識を元に決める

ことになるでしょう。

 

 

 

 

 

 

その為にも
一通りの知識をまずは吸収することが大切です。

 

 

そして、

歯科医師免許を取って

基本的な知識はもちろんあると思いますが

 

 

技術的な部分はこれからだと思いますので

手技をメインで勉強していくのも重要です。

 

 

 

しかし先ほどもお伝えしましたが

あまり最初から細かく追及して行くと

 

 

全般的な知識の妨げになるので

歯科医師になって2年位は

広く浅く学ぶようにしてください。

 

 

基本が出来る様になってから

より深い知識を学ぶと良いと思います。

 

 

どの分野でいくにしても、歯科治療は全てが

バラバラのものではありません。

 

例えば、

 

「インプラントを専門にしよう!」

 

と思って、インプラントのことだけを知っていて、

オペが出来れば良いのか?と言うと、

そんな事は絶対にありませんよね。

 

 

 

歯周病がひどければ、インプラントの前に

歯周病治療も必要かもしれません。

 

咬み合わせに特徴がある場合は、

それも考慮して他の歯への負担や

インプラントへの負担も考慮して

上部冠を製作するでしょう。

 

 

このように、当たり前のことですが、

口腔内で起きる全ての問題も関連する中で

自分の専門とする治療をするのです。

 

 

そのためには、全ての治療を

細かく熟知していなくても良いですが

全ての治療の知識を浅くでも持っていないと

自分の専門としたい治療すら

しっかり出来なくなってしまいます。

 

 

 

ですので、冒頭の

「歯科医になって

 まず何から勉強したら良いか?」は

 

手技も含め、基本的な治療を広く浅く全般的に

学び身につけて下さい。

 

 

 

 

 

 

参考に基礎の本をいくつか紹介しておきます。

 

 

 

・歯科診療研修マニュアル

 

 

・DENTAL CLINICAL SERIES

 ~BASIC~ 

 

・歯科医師・臨床研修歯科医のための実践歯科診療

 補助

 

 

 まずは目安として2年ほどは、

この本なども利用して、しっかり学び

これからの歯科医としての土台作りをしていって下さい。

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事