歯科スタディグループ(study groups)に入って治療技術の向上をしよう!

歯科医の仕事は、多岐に渡ります。

 

 

しなくてはいけない事や、知りたい事、

してみたい事、と色々とあるでしょう。

 

 

しかし、まずそれらの事をする

良い方法がわからないと言う先生が

多くいらっしゃいます。

 

 

 

なので、今回はこの方法について

お話したいと思います。

 

 

 

まず、大きく分けて2つ。

 

「医院経営」と「歯科治療」

 

があります。

 

 

医院経営は、このサイトや

発行しているメルマガで学んで

頂くとして

 

 

歯科治療をさらに上手くなりたいと

思う方は、スタディーグループに

入ってみては、どうでしょうか?

 

 

スタディーグループ(study groups)は

現在多くのグループが存在します。

 

 

その中で、自分の極めたい分野を選び

所属します。

 

そこで勉強会をし、知識や技術を

深めることが出来ます。

 

 

そして、今や実に様々な

スタディーグループが存在します。

 

とは言え、

 

「勉強会なら、勤務先の医院でも

 定期的にしているし・・・」

 

「症例発表、検討も、

 医院内でしているから・・・」

 

と思う先生もおられます。

 

 

 

しかし、

やはり勤めているクリニックで行う

それだけだと治療も経営も考え方が

一定になってしまいます。

 

 

 

みんな同じ理念の下で働いているので

良いことではありますが

 

これでは「向上」と言う点においては

あまり良いことではありません。

 

 

このまま、医院内だけで終わらせて

おくと

 

「向上」はなく「停滞」して

しまいます。

 

 

もちろん、勤めているクリニックの先生

が、とても上手なら良いのですが

 

この「上手」と言うのも医院の中でだけ

通用するレベルでは、いけません。

 

 

それこそ、他院のドクターが集まって

でも教えて欲しいと言われる

または、セミナーを開ける程の腕の先生

であれば医院内の中で学べることも

とても多いと思います。

 

 

しかし、実際にはそんな恵まれた環境に

いるドクターは少ないのでは

ないでしょうか?

 

また、どんな先生も得意とする分野が

ありますので、それ以外の新しい分野の

治療もしてみたい時は学びに行くのが

良いと言えます。

 

 

 

知識や技術は少なくて困ることは

あっても、多くて困ることは

絶対にありません。

 

 

吸収できるときに、どんどん積極的に

自ら吸収す事をおすすめします。

 

 

 

その為にも

スタディーグループに入ることが

とても有効で良い勉強になります。

 

 

スタディーグループには前述した

通り、様々なジャンがあります。

 

 

 

その中で、自分の習得したいものに

入ると、その勉強会では技術などを

教えてくれることは、もちろんですが

 

同じく同じ分野を学びたくて

参加している他院のドクターとの

交流の場にもなります。

 

 

 

 

もし、現在の勤務先が

 

同じ年代のドクターがいなかったり

向上心を持っているドクターがいない..

 

なんて事であれば

スタディーグループに参加すること

により自分と同じ志のドクターにも

出会えるかもしれません。

 

 

 

自分の勤務先の医院以外のドクターと

勉強や情報交換もできて

スキルアップにもなるので

とても有益なものです。

 

 

 

とは言え、自分がどうやって

スタディーグループに入ったら良いのか

わからないと言う人のために

 

 

有名なスタディーグループを


列挙しますので参考にしてみて下さい。

 

 

  • ・SJCD
  • (SocietyofJapanClinicalDentistry)

 http://www.sjcd.info

 

  • ・JIADS
  • (The Japan Institute for Advanced
  •  Dental Studies)http://jiads.org

 

・5D http://jiads.org

 

・藤本研修会 

 http://fujimoto-dental.com/kensyukai/ 

 

 

などがあります。

 

 

ぞれぞれ、特長が違うので

吟味してみると良いでしょう。

 

 

そして、自分が一番身に付けたい技術を

学べそうなものに、是非参加して

みて下さい。

 

 

こちらでは、4つのグループを

紹介しましたが、もちろん他にも

沢山のスタディーグループがあります。

 

 

インターネットでも簡単に検索できる

ので自身にあったものを探してみて

下さい。

 

 

 

ただ、スタディーグループに入り

治療技術が向上しても

 

経営には反映しない先生も

多くいらっしゃいます。

 

 

 

それは、何故かと言うと

いくら技術があっても、上手に

マーケティングできていなかったり

経営、マネージメントの点において

上手く出来ていない為です。

 

 

 

いくら技術を持っていたとしても

それが患者さんに伝わらなければ

宝の持ち腐れになってしまい

かねません。

 

 

 

また、経営をする立場になった場合

 

利益も度外視して、自分もしたい治療を

どんどんして・・・

 

と言うのでは、

医院の経営は傾くことになるでしょう。

 

 

 

 

ですので、スタディーグループで

治療技術の向上をして

それだけではなく

 

経営やマネージメントは別で

学んで行くと良いと思います。

 

 

 

 

これらも、勉強会などが多くありますので

自分の知りたいことを

教えてくれそうなものに参加して

両刀で力をつけておく方が良いでしょう。

 

 

 

自分の医院の先生だけでなく、

他の講師である先生の話を

しっかり聞いて勉強することは

 

普段気づけなかったこと

情報、知識とが多くあることでしょう。

 

 

 

 

時間がない!

と思うかもしれませんが

あなたにとって有益なものである

ことは間違いありません。

 

 

 

技術、知識、対応、経営

マネージメント

これらを全て体得することが

今後のあなたの歯科医師としての未来を

変えるでしょう。

 

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事