保険の補綴物の平均使用年数(耐久年数)

ある人が車を買おうと思って

車のディーラーに行きました。

 

自分の好みにあうワンボックスカーがありました。

 

 

そこで聞きました。

 

『この車って、うしろにどの位物が入りますか?』

 

販売者

『物ですか?う~ん、結構いっぱい入りますよ。』

 

『・・・・・。燃費はどれくらいですか?』

 

販売者

『燃費ですか。そりゃー低燃費ですよ。』

 

『・・・・・。クルーズコントロールついてますか?』

 

販売者

『クルコンは~、たぶんついてたかな~。

あ!でもオプションかもしれないです。』

 

『ありがとうございます。また検討してから来ますね。』

 

客の心のつぶやき。

『あの販売店から買ったら苦労するな。他の店をさがそう。』

 

 

そんな販売者はいないよ。

って思いますか。

 

そうですよね。

思いますよね。

 

でもいるんです。

 

 

ところで、

あなたに患者さんからの

ご質問が来てますので

お答えください。

 

『先生、50歳の時って歯は何本あるんですか?』

 

『先生、この保険のかぶせ物って何年持つのですか?』

 

 

即答できましたか?

 

即答、出来た先生は大丈夫です。

 

でも答えられない先生は、

信頼を少し失うかもしれません。

 

 

そんな質問されない。

と思うのではなく

 

出来る限り多くの質問に

すぐに答えられる様にするのが大切です。

 

なぜなら、相手は私たちの事を専門家として見てます。

だから、答えられる引き出しを多くしましょう。

 

患者さんは素朴な疑問をぶつけてきます。

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事