治療・歯科経営・マネージメントは先生に教えてもらう。

多くの歯科医は、治療に関しては

教えてくれている先生がいます。

 

 

だから、その先生から学び

治療が上手くなります。

 

勤務医で働いているときは

その勤務先の院長であったり

先輩歯科医であったりします。

 

 

開業してからは、自分が学びたい

治療技術に関する

勉強会やセミナーに参加して

更にスキルを高めようと努力します。

 

 

しかし、その一方で何故か

治療以外のスキルを上げるためには

先生に教えを乞うのではなく

独学でやりたがります。

 

 

自分の思い付きで、実行します。

 

もちろん、その思い付きの行動や

独学で結果が出れば良いのですが

実際には、独学で学ぶほど

遠回りな方法はありません。

 

 

あなたは

抜髄が出来ますよね?

 

 

でも、これを自分一人の力で

達成できたでしょうか。

たぶん、出来ていないと思います。

 

 

今の治療があるのは

先人の人の知恵と技術を

教えてもらった上に成り立って

います。

 

 

これは、治療だけのことではなく

 

歯科経営もマネージメントも

治療技術と全く同じです。

 

 

独学でやっても

結果はあまり出ません。

 

 

もしくは、結果を出すまでに

とても時間がかかります。

 

 

独学ですると、それが成功した時の

達成感はとてもあります。

 

 

費用も、他の方法に比べては

かからないでしょう。

 

 

達成した時には、自信もとても

つきます。

 

しかし、その代償として

結果を出せるまでに長い時間がかかる

こと

 

もし、間違った方に進んでいって

しまっていても、それに気づく術が

ないこと

 

などがあります。

 

 

今まで、誰も調べたことのないものを

調べたり、新しい未知の世界を研究

する研究職の人ならば

その時間さえも

大事な研究になるかもしれません。

 

 

そして、未知のことなので

参考にできること、教えてくれる人

がいないなら、仕方のないことなので

 

全て、独学で自分で調べ上げるしか

方法はありません。

 

 

 

しかし、歯科医は違います。

 

歯科経営やマネージメントは研究では

ありません。

 

 

 

こうすれば、失敗だった

この方法もダメだ

これを試したら赤字になってしまった

 

 

なんて、無駄な研究をしているのは

とても勿体無いです。

 

医院を経営していくのに

結果が出るまでに、

 

失敗を重ねながら、

とても長い時間をかけていては

困りますよね。

 

 

一日でも早く歯科経営を軌道に

乗せたいし、マネージメントの

知識もつけて、円滑な医院経営を

したいと思うのが普通だと思います。

 

 

 

そのためには、やはり独学で

なんとか方法を見つけようと模索

するより

 

治療を学ぶ時と同様

教えてくれる人を見つけると良い

と思います。

 

 

 

逆に

教えてもらえる人を作ると

成長が加速します。

 

 

無駄な時間はなくして

 

その分をさらに他のことに

費やす事が出来れば、

 

倍の速度で成長できます。

 

 

勤務医時代なら、

自分で医院を経営しているわけでは

ないので、歯科経営やマネージメント

について、知識がなくても給料で生活

できます。

 

 

 

しかし、自らが院長となって

経営していく開業医は違いますよね。

 

開業して、数年は開業費用の借金を

返済しながら

 

自分が生活していく分はもちろんの事

ですが

 

雇用しているスタッフの給料分を

確実に確保しなければ、なりません。

 

 

そんな中で

歯科経営やマネージメントについて

独学で無駄になってしまう

可能性の高い勉強時間を浪費して

しまうのは、危険です。

 

 

できる事なら、勤務医時代から

歯科経営・マネージメントを

教えてくれる先生を見つけて

教えてもらうと、とても良いと

思います。

 

 

それは、自分が勤務している勤務先の

院長先生でも良いですし

 

セミナーや勉強会に参加して見つける

のも良いでしょう。

 

 

最初は、特定の先生を見つけられ

なくても、経営セミナーや

マネージメントのセミナーに参加

していくうちに参考にしたい先生に

出会えることもあります。

 

 

開業医向けのセミナーは

歯科材料・器材メーカーなどが主催

で行なっている場合もありますが

 

歯科医療専門の税理士事務所や

会計事務所が、

 

そこの顧客である成功している

医院の院長先生や理事長とタッグを

組んでセミナーを開催していること

もあります。

 

 

そう言ったものの場合は、

お金のプロである税理士と

実際に歯科経営を成功させている院長

の話が聞けるので、とても勉強に

なると思います。

 

 

また、そこに来られている他の

ドクターとの情報共有もできるので

良いと思います。

 

 

もちろん、開業してからでも

遅くはありませんが

 

開業してからなら、一日も早く

効率よく歯科経営・マネージメントの

知識をつけ

 

成功している歯科医院になれるように

高効率な学びをして下さい。

 

 

これは、すごく重要なのに

やらない人がほとんどです。

 

 

独学が絶対にダメだ!

というわけではありませんが

 

自分であれこれやるよりも

あなたが知らない事を

高いレベルで知っている人に

聞くのが一番です。

 

 

 

 

ここ最近の記事では中国史の話ばかり

してしまっていますが、今回も・・・

 

三国志の

 

劉備玄徳も名軍師の諸葛亮が

いました。

 

曹操孟徳にも名軍師の荀彧が

いました。

 

漢の高祖劉邦には張良がいました。

 

 

ちなみに、劉邦に最終的に敗れた

 

項羽にも范増という

素晴らしい軍師がいました。

 

 

 

でも、その軍師のいう事を聞かずに

自分の考えを優先させて行った為に

項羽はドンドン状況が悪くなったの

です。

 

 

師を持つ事は

これ以上ないほど大切です。

 

 

私自身では師を持たない事は

成功しないと言っているのと

ほぼイコールだと思っています。

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事