歯科医院の差別化やブランディング戦略

『鶴翼』と『魚鱗』

この言葉をきいて何のことか

すぐに分かる人

 

歴史好きですね!

 

 

この鶴翼と魚鱗とは

軍の用語の一つです。

 

 

詳しく言うと、軍の陣形の事です。

 

 

鶴翼の構えとは、

鶴が翼を広げたように

横に広く大きく配置した陣形

 

 

魚鱗の構えとは

魚の様に

横にはあまり膨らませずに

縦に長い感じで配置した陣形

 

 

なんで、陣形の構えの話をしているか

と言うと

 

これは歯科医院のブランディングや

差別化の考え方と同じだからです。

 

 

実は、鶴翼の構えは

強者がどっしりと構えて

包み込む様な陣形なのです。

 

 

逆に、魚鱗の構えは

弱者が一点突破を狙う陣形なのです。

 

 

もし、あなたのクリニックが

地域で実力も知名度もあるなら

 

鶴翼の構えでどっしりと

様々な治療をアピールしていって

ください。

 

 

逆にあなたのクリニックが

地域で実力も知名度もまだ低いなら

 

何か一つの事を特化してアピール

していくようにしてください。

 

 前者のように、既に鶴翼の構えを

出来るような実力のある医院で

あるならば

 

私からのアドバイスは

特に必要がないかもしれません。

 

 

しかし、後者のような魚鱗の構えが

必要な、実力も知名度も

まだ十分でない医院であるならば

是非、アドバイスを聞いて下さい。

 

 

 

では、アドバイスを聞く前に

今自分の医院が鶴翼の構えが

必要なのか?

 

それとも、魚鱗の構えが必要なのか?

 

を見定める必要があります。

 

 

もう、自分の医院のブランディングは

確立していて、地域の人たちに

認められている!

 

と思うのであれば、間違いなく

鶴翼の構えで良いと思います。

 

しかし、開業して間もない時期は

この差別化やブランディングが

なかなか、自分の思うように

周囲に定着しないのが現実です。

 

 

最初から、何かに特化してウリに

しようと思っても

それだけでは、集患できず

「とりあえずは、どんな人でも

 来て下さいね」

 

と言う姿勢で、開業しますよね。

 

 

もちろん、患者さんが来ないことには

医院を経営していくことが難しく

なってしまうので、このように集患

することが悪いことでは

ありません。

 

 

 

しかし、開業して時間が経っても

ずっと、「誰でも来てね」の状態を

続けてしまうと、少し問題かも

しれません。

 

 

 

いっそ、「誰でも来てね」

「どんな治療でもします」

 

と言うのをウリにしていると

言うならば

それは、それで成功と言えるかも

しれません。

 

 

 

しかし、実際には

「本当は

 こんな治療がしたいんだけど…」

 

「こんな患者さんに来院してもらって

 患者さんと、こう言う関係性を

 築きたいんだけど…」

 

 

と考えているのに、集患はできたけど

只々、バタバタと忙しくて

体制を立て直しできないままに

 

「なんでも屋」の歯科医院になって

しまって後戻りできず、差別化や

ブランディングを出来なくなって

しまう先生も少なくありません。

 

 

自分が思い描いていたのは

どんな歯科医院だったでしょうか?

 

 

開業前に、それを考えた上で立地など

も検討したはずです。

 

 

それなら、きっと自分の思い描いて

いたブランディングができるはず

です。

 

 

 

せっかく開業したからには

自分のしたい治療、自分の目指す

医院を作り上げることが

院長として歯科医院を経営して

いくことの楽しみであり

醍醐味でもあると思います。

 

 

もし、自分は鶴翼の構えか

魚鱗の構えをした方が良いのか

現状がわからないと言うならば

 

 

今、自分が開業前に思い描いていた

医院になっているか?

 

 

なんでも屋ではなく

何かに特化していて、それが地域の人

にも認められているか?

 

を客観的に見てみて下さい。

 

 

 

そして、まだ自分の医院は

周囲と差別化されていないと

思うのであれば、差別化された医院を

目指してみましょう。

 

 

なんでも屋の歯科医院がだめと言って

いるわけでは、ありませんが

 

長い目で見ると、何かに特化して

いないと、その医院は廃れていって

しまう可能性が大きいと

言えるでしょう。

 

 

それは、なぜか?

 

なんでも屋の歯科医院は

たくさんあるからです。

 

そして、たくさんあるなら

その中で新しい医院に患者さんは

行ってしまうからです。

 

 

常に、設備や建物で最新を求めるのは

不可能ですよね。

 

お金がいくらあってもたりません。

 

 

それよりも、最新でなくても

 

あなたの医院だから診てもらいたい

 

あの院長先生に、お願いしたい

 

と思われる医院になる方が

ずっと、患者さんが来院

してくれます。

 

 

何かこだわりを持って来院される

患者さんは、そう簡単に他院に

行ってしまうことはありません。

 

 

それよりも、自分の求めた医院、

信頼できる歯科医に診て欲しいから

です。

 

 

 

そのためには、患者さんに

自分の医院の特色をよく知って

理解してもらうことが必要です。

 

 

そこを、理解し、周囲と差別化して

それに魅力を感じ来院される患者さん

とは、長い付き合いになることが

出来るでしょう。

 

 

もし、今がなんでも屋さん状態に

なってしまっていると言うので

あれば

 

 

一点に力を集中して

まずは、そこを地域の患者さんに

知ってもらう。

 

 

 

あの病院は○○が得意らしいよ。

と思ってもらう事です。

 

そこから、突破口を開いてください。

 

 

そして、知名度もまだまだ低いと言う

ならば、何かに特化していると言う点

 

周囲の歯科医院との差別化し

自分の医院をブランディングし

 

 

それを宣伝して、知名度を上げて

いきましょう。

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事