歯科医院の自費治療の割合って?

あなたの医院では、

自費の治療をしていますか?

 

 

ほとんど、保険治療で

自費治療はしていないと言う人もいれば

かなり多くの自費治療をしている

と言う人もいると思います。

 

自費治療を、積極的に行うか否かで

歯科医院での医業収入の

保険治療と自費治療の割合は大きく

変わってきます。

 

そこで、気になるのは

他の医院の自費治療の割合。

 

 

自分の医院は、平均的なのか

それより上なのか

 

はたまた平均以下なのか。

 

気になるところですよね。

 

 

そして、自費治療の割合を

増やしたいと思っていても

一体どの程度を目標にしたら良いのか

分からないと言った声も

よく耳にします。

 

確かに、現状で、自費治療の割合が

5%程度の医院が、自費率50%で

運営している医院と比較しても

なかなか参考にし辛いものが

あります。

 

 

そこで今回は、その自費治療の割合

についてお伝えしていきたいと

思います。

 

 

 

早速ですが

全国平均的には自費治療の割合は

全体の10%ぐらいです。

 

 

例えば、

もし保険診療が

月27万点(270万円)だとすると

自費診療は27万円ぐらいです

 

 

この保険診療と自費診療の合計で

約月300万円です。

 

 

大体これぐらいの医業収入と言うのが

ドクター、1人あたりの全国平均の値

でもあります。

 

 

しかし自費治療だけで

毎月100~200万円と言う医業収入

をあげる先生もたくさんいます。

 

 

そして自費治療で月に500万円以上

医業収入をあげる先生も

世の中には多くいらっしゃいます。

 

 

治療を勉強すればするほど

どうしても

保険治療で出来ない範囲

の治療が多くなります。

 

保険で出来る治療が粗悪だと

言うことでは勿論ありません。

 

 

ただ、審美的な問題を解決するには

やはり圧倒的に自費治療の方が

優れている場合が多いのも

事実です。

 

 

こう言ってしまうと

自費治療の目的が全て審美歯科だと

思われてしまうかもしれません。

 

 

 

しかし、そうではありません。

 

 

インプラント治療や、矯正治療で

噛めなかったものを噛めるように

することも出来ます。

 

 

保険治療では、診療報酬の低さから

丁寧なカウンセリングの時間などに

時間を割くことが出来ず

 

治療時間を短縮して

どうにか診療報酬で

赤字にならないと言った具合です。

 

このような状態で

患者さんに最善の治療を提供するのは

なかなか難しいことだと言えます。

 

 

 

 

 

歯科治療の知識を学び

そして技術の研鑽をしているので

あれば

 

 

それを患者さんに受けて頂いて

患者さんの歯や口腔内の状態を

より良くして行きたいという思いは

歯科医師なら誰にでもあると思います。

 

 

 

技術

 

 

でも、現実にはどんなに治療の知識を

学んでいても、来院されるのは

保険適応の治療のみを

希望される患者さんしか

いないと言う歯科医院もあります。

 

 

かたや一日の診療のほとんどが


自費治療の歯科医院もあります。

 

 

この2つの歯科医院の

違いは何でしょうか

 

 

立地条件でしょうか?

患者さんの年齢層でしょうか?

 

または、歯科医院の宣伝の方法の違い

でしょうか?

 

 

挙げ出すと

たくさん出てきそうですね。

 

 

自費治療の少ない医院と多い医院。

 

もし、あなたの医院が

今はまだ自費治療の割合が少なくても

今後自費治療をどんどん増やして

いきたい!

と考えているのであれば

必ず、その違いを学ぶことが大切です。

 

 

 

自分の医院と自費治療の割合の

多い医院を、いろんな点から

比較してみましょう。

 

そして、違いを見つけて下さい。

 

または、自分の医院でなくても

構いません。

 

 

どこか近所や、知っている歯科医院で

あまり自費治療の多くない医院と

自費治療の多い医院を比較しても

良いと思います。

 

 

自分の医院だと

意外に見つけられない違いも

他の医院のことだと客観的に

見つけられることもあるからです。

 

 

そして、違いを見つけることが

出来たら、自費治療の割合が少ない医院

がしていなくて

 

割合の多い医院がしていることを

実際に自分の医院でも取り入れてみると

良いでしょう。

 

 

 

かと言って、その違いと言うのが

 

インプラント治療で自費治療の割合

が多く、その医院にはCTがあるから

自分の医院もCTを導入しよう!

 

と言うような、違いばかりに目を

つけないよう気をつけて下さい。

 

 

もちろん、CTがあることは

治療をする上でプラスになることが

多くあります。

 

インプラントを行っているのであれば

尚更です。

 

しかし、自費治療の割合を増やしたい

ために探した1つの違いだけを理由に

CTを導入するには

あまりにもコストがかかります。

 

 

自費治療の割合を多くするには

そんな風にコストをかけなくても

すぐに実践できることも

たくさんあります。

 

まずは、すぐ出来ることから

見つけて始めてみて下さい。

 

 

割合を多くすることなので

それを実践したからと言って数字的には

一日二日で、結果がわかるものでは

ありません。

 

しかし、続けていくと一ヶ月後

二ヶ月後に、きっと自費治療の割合は

多くなっているはずです。

 

 

 

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

もし開業して成功して歯科医院を作りたいのであれば

今からすぐにメルマガで歯科医院経営スキルを学ぶと良いです。

 

 

すぐ下の登録ボックスから登録すれば

明日から貴重な情報を毎日学ぶ事が出来ます。

    

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事