歯科医院の清掃や掃除について

あなたのクリニックは

キレイですか?

 

キレイとは、建物や内装が

「新しい」から綺麗と言う事ではなく

 

しっかりと清掃できているか

という事です。

 

 

 

歯ブラシを飾っている棚に

ホコリは被っていませんか?

 

洗面所に水垢はついていませんか?

 

スリッパは汚れていませんか?

 

ユニットの下に

ゴミが落ちていませんか?

 

ガラス窓に指紋や汚れが

付いていないですか?

 

お金を受け取るトレーは

ボロボロじゃないですか?

 

白衣がシワシワじゃないですか?

 

ユニットのライトに

汚れがついてないですか?

 

スピットンに黒ずみや

前の患者さんの血液などは飛んで

いませんか?

 

スタッフ、ドクターの履物が

黒ずんでいたりしませんか?

 

 

患者さんが通るところに

物が乱雑に置かれていてないですか?

 

 

 

小姑の様ですが

患者さんは無意識で見ています。

 

特に女性は清潔感に敏感です。

 

 

 

古い新しいではなく

 

清潔に保たれているか

否かが重要です。

 

 

どれだけ、古い医院であったとしても

とても清潔にしている医院と

 

新しいけれど、清掃が徹底されて

おらず清潔感に欠ける医院だと

 

患者さんは前者を選ばれます。

 

 

もちろん、最初に集患しやすいのは

新しい医院です。

 

建物自体が綺麗で新しいと目を

引きますし

 

建物が綺麗で新しいなら、診療室も

綺麗だろうと思うからです。

 

 

しかし、初診では来院されても

清潔でないことがわかると

患者さんは、すぐに離れて行って

しまいます。

 

 

飲食店などでも清潔感は大事ですが

 

これらの店ならば、

「汚いけれど美味い店!」

 

と言う新たなジャンルがありますが

 

医療である歯科医院は

そんなジャンルはあり得ません!

 

医院が汚いけれど、治療が上手い

先生は勿論いるでしょうが

 

医院をきちんと綺麗にしていて

治療が上手い先生も山ほどいます。

 

 

それなら、絶対に医院を綺麗に

している歯科医院を選びますよね。

 

どれだけ、腕が良かったとしても

医療行為を行われるのに

不潔な場所や道具を使用される

なんて怖すぎます。

 

 

これだけ、ニュースなどでも

「滅菌」が話題になっているので

それだけ、一般の人も感染などに

関心が高いと言うことです。

 

 

そんなに、分かりやすく不潔に

していなければ大丈夫でしょ?

 

血液が飛んだりしていなかったら

大丈夫でしょ?

 

毎日、掃除機かけたりくらいは

しているから大丈夫でしょ?

 

 

と軽く考えてしまうドクターも

いますが

 

そのままだと確実に患者さんの

評価は下がって行きます。

 

 

確かに、床が綺麗でないからと言って

器具も綺麗にしていない

 

滅菌しない!

 

なんて医院はないでしょう。

 

 

床掃除は、少し手を抜いているけれど

器具の滅菌消毒は当然のこと

 

しかし、それは歯科医院にとって

当然のことであり

 

患者さんにとっての当然のこと

では、ありません。

 

 

どこか不潔なところが

目につくと、他のいろんなものを

信じられなくなります。

 

 

先ほどの「汚いけれど上手い店」は

例外として、ファミレスや居酒屋に

行った際に

 

出されたグラスやお皿、カラトリーに

水滴跡や、汚れが付着したまま

だったら、どう感じますか?

 

 

 

このお皿などは

ザザーット食洗機にまとめて

放り込まれて、そのまま乾燥して

それを提供しているんだろうなぁ

 

と思いますよね。

 

 

一枚一枚を丁寧に洗って、きちんと

清潔なタオルで拭いたりはしていない

はずだと思うでしょう。

 

 

となると、そんなお店の厨房も

そこまで衛生管理をしっかりして

いない中で、料理を作っているん

だろうな…

 

とか、考えちゃいますよね。

 

 

 

もしかすると、実際には

厨房の人たちは、みんな髪の毛一本

落とさないような帽子を着用させ

られて清潔なグローブをつけて

 

殺菌消毒された調理器具を使って

料理を作っているかもしれないのに

 

お客さんの目につく

お皿やグラス、カラトリーが少し

清潔でなかっただけで

 

お店全体が清潔でない印象が

もたれるのです。

 

 

歯科医院も同じことで

 

 

掃除が雑だと

治療も雑で適当だと

連想されてしまいます。

 

 

残念ながら、あなたがどんなに

掃除と治療は別だ

と思っていたとしても

患者さんは、そう判断してしまう

のです。

 

 

せっかく治療技術があるのに

掃除を徹底しないばかりに

患者さんがいなくなってしまう

のは、悲しいですよね。

 

 

だからこそ、

しっかり清潔感のあるクリニックを

保つことは重要です。

 

 

あなたも大切な人を家にお呼びする時

は家の中を綺麗に掃除しますよね。

 

 

それが礼儀だと思うし、

汚い家だと、相手に自分自身の

人間性を疑われてしまうからです

よね。

 

 

どれだけ、外面を綺麗に着飾ったり

高価なものを身につけていても

 

家の中が綺麗でないと

「あー、この人は外面ばかり

 気にしているけれど

 本当はだらしない人なんだなぁ」

 

なんて思われたりもします。

 

 

逆を言えば、高価なものや

流行のものを持たなくても

 

身ぎれいにしている人は

「きちんとしている人だな」

と思われて、好感ももたれ

信頼もされます。

 

 

医院も同じで、最新でなくても

綺麗にしておくことで

患者さんが安心して来院できる環境を

作ることが出来ます。

 

 

それは、確実に院長への

そして、医院に対しての信頼にも

繋がります。

 

 

だから、

 

 

 

それと同じで

患者さんをお迎えするには

最低限の清潔感のあるクリニックを

保つことが重要です。

 

 

そのためには、自分の主観ではなく

患者さんの目線になって

 

 

本当に自分の医院が隅々まで

綺麗に清掃できているかを

きちんと確認してみて下さい。

 

 

掃除するスタッフやドクターは

どうしても、自分の視界の範囲で

掃除します。

 

そして、自分の視界内が綺麗になれば

それで良し!と思ってしまいます。

 

 

しかし、実際は患者さんの目線と

スタッフの目線は違います。

 

 

床や、鏡などはスタッフでも汚れに

気付きやすいので、比較的

みんな綺麗にします。

 

 

しかし、スピットンの内側の汚れ

毎回、治療が終わる度に確認して

いますか?

 

 

チェアーに実際に座ってみて

自分がうがいをするような目線で

見て下さい。

 

スタッフやドクター側から見ていると

大して汚れているように見えませんが

 

実はスピットンの内側って

汚れています。

 

前の患者さんのうがいで

飛び散った水滴。

 

水滴だけなら、まだしも

血液が混じっていることも・・・

 

 

こんなの見たら、患者さんは

一気に「この医院、不潔!!!」

と思います。

 

 

制服も同じです。

こちらは、毎日洗濯もきちんと

しているし綺麗と思って着ていても

 

患者さんは、毎日洗濯していること

よりも、制服についた染みや

シワで清潔感の無さを感じて

しまいます。

 

 

 

他にも、自分たちが思う清掃と

患者さんが思う「清潔」の違いは

数多くあります。

 

 

医院の清潔を保つためには

患者さん目線で、医院の清潔を判断

する目を持って下さい。

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事