院内ミーティングでみんなが消極的で発言しない時にどうするか?その①

新しい取り組みをする時や

何かクリニックでの目標を決めて

トライする時に

 

みなさんは院内ミーティングをする

と思います。

 

 

ただ、院内ミーティングをしても

院長だけが話していて

 

助手・衛生士・勤務医が消極的で

あまり意見を言わない事があります。

 

 

せっかくのミーティングなのに

みんなの意見を聞けないのでは

 

正直言って、ミーティングの意味が

ありません。

 

 

決定事項をまとめる

または報告するだけの

ミーティングであれば、

 

院長だけの話でも良いかも

しれませんが

 

ミーティングをするのは

院長としても、スタッフたちの意見を

知りたい、聞きたいからだと

思います。

 

 

逆に、院長だけが話しているという

ミーティングの状況で満足している

院長ならば、危険です。

 

 

それは、ミーティングでは

ありません。

 

ミーティングは、

院長の漫談の場ではありません。

 

スタッフ達の考えを聞く場として

重要な時間なのです。

 

 

 

とは言っても、スタッフ達自身が

消極的な態度で、発言を

してくれないなんてことも

ありますよね。

 

 

院長は、しっかりスタッフ達の意見を

聞きたいのに、

スタッフが意見、発言してくれない

 

 

 

そんな時にどうしたら良いのか?

 

について、今回はお話していきます。

 

 

 

 

院長の気持ちとしても

まわりが消極的で

自分だけ喋っているって

辛いですよね。

 

 

 

せっかくクリニックを良くしようと

思っていて、その為の提案をしている

のに

 

自分以外のスタッフが

全然付いてきてくれないと

 

自分のやる気も損なわれます。

 

 

医院として、何か新しいことに

取り組もう!と思って、セミナーに

参加したり、勉強して良い情報を

取り入れ、それを自院でも

実践してみよう!

 

みんなで、取り組もう!!

 

と思っているのに、

自分だけが熱くなって

スタッフは頷くだけ・・・

 

こんな反応では

自分のやる気が損なわれるだけ

ではなく

 

実際にそんな反応のスタッフ達の

ミーティングでの決定事項は

あまり積極的に実践されずに

 

期待していた結果が残せないことが

多いです。

 

 

それでは、院長のやる気も

ミーティングをした時間も

無駄になってしまいます。

 

そうならない為に、消極的な反応の

ミーティングを

 

全員が積極的な反応を示してくれる

ミーティングにする為に

 

いくつかポイントがあります。

 

 

その中で、まず今日お伝えするのは

 

『意味を伝える』と言う事です。

 

 

 

冒頭でも書きましたが

ミーティングを実施するのは

 

新しい取り組みをする時や

何かクリニックでの目標を決めて

トライする時だと思います。

 

 

では、そのミーティングの議題である

 

・院内改善をする意味

 

・なぜそれを目標にするのか?

 

・どうして今なのか?

 

 

について、

まずは、それをやる意味を

スタッフに事前に伝えて下さい。

 

 

スタッフの反応が消極的で発言を

してくれないと嘆く院長は

少なくありませんが

 

 

話を聞いていると、それはスタッフ達

ばかりに問題がある訳ではないと

思うことも多々あります。

 

スタッフも、別に無気力なわけでは

ありません。

 

 

ただ、やる気がなくて

院長に反発したくて

消極的に態度をとったり

発言しなかったりしているわけでは

ないのです。

 

 

ただ、その議題について

なぜ、それを

しなければならないのか?

 

その意味を分からないままに

ミーティングに参加するので

 「仕方なく参加している」

と言う感じになってしまい

どうしても、消極的な態度に見えて

しまうのです。

 

ですので

 

まず、ミーティングをするならば

そのミーティングの議題に対して

『やる意味を伝える』

 

これを大切にして下さい。

 

例えば、保険治療は多いけれど

自費治療の割合が少なく売上が

伸び悩んでいると言う理由から

新しい取り組みを始めようと思った

場合

 

院長が、その取り組みを行うにあたり

そこに至った経緯は・・・

 

今までは、患者さんから質問された

時にのみ、自費のカウンスをしていた

ため、そもそもの自費治療の認知度が

低かった。

 

自費治療をきちんとカウンスすることで

より良い治療を患者さんに提供できる

可能性も増え、売上も上がる。

 

 

自費治療を知ってもらい

それを受けた患者さんは

保険治療だけの患者さんよりも

口腔内への意識が高まり、

結果、患者さんのためになり

 

また、自費治療をした医院で

ずっと診てもらおうと思うので

患者さんの定着率もアップする。

 

 

 

と言う理由から、自費率アップの為に

患者さんへのカウンスを強化しよう!

 

と思い至ったとします。

そして、ミーティングをする際に

 

なぜ、その取り組みをするのか?

を、きちんとスタッフに説明します。

 

 

ただ、

「どんどん、

 自費のカウンスをして下さい。」

 

「誰かれ構わず、

 カウンスして下さい。」

 

とミーティングで言うのと

 

理由や、それによって見込まれる結果

 

などをきちんと説明するのとでは

スタッフへの響き方も全く違います。

 

 

これらの説明がなかったら

スタッフは、

 

「いつもアポイントはぎゅうぎゅうに

 埋まっていて、ただでさえ

 私たちは忙しいのに、これ以上

 忙しくして、どうするの?」

 

「ただ単に、院長が自費で儲けたい

 だけなんじゃないの??」

 

と感じてしまうかもしれませんが

 

 

しっかり、理由を聞いたなら

スタッフも、その取り組みを

することで

 

忙しいのは、保険治療ばかりで

売上を上げようとするから、

予約をぎゅうぎゅうにしないと

仕方なかったのか・・・

 

それなら、自費率を上げた方が

アポイント的にも余裕のある治療が

できるし、

患者さんのためにもなれる!

 

 

と理解を示してくれるかも

しれません。

 

 

 

 

 

ミーティングの議題に対する

意味を感じているのは院長だけで

 

 

 

他の人は全く意味を感じていなければ

 

そもそも、

その院内ミーティングが頓挫します。

 

 

まずは何事も意味を伝える事が大切

です。

 

では、

次回も続きをお話していきます。

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事