院内ミーティングでみんなが消極的で発言しない時にどうするか?その②

前回の

 『院内ミーティングで、

 みんなが消極的で発言しない時に

 どうするか?その①』

 

 

http://haisyakaigyo.com/?p=1180

 

からの続きです。

 

 

院内ミーティングで

どうしたら、スタッフも積極的に

ミーティングに参加してくれるのか?

についてお話ししましたが、

 

 

そのためには、

まず、ミーティングの議題

院長が行おうと思っている取り組み

や目標について

 

その意味を伝えるとお伝えしました。

 

そして、今回は2つ目のポイント

になります。

 

スタッフに意味を伝えることの

次にやって欲しいのが

 

 

当日までに、その議題についての

その院内改善したい事で

現状の問題点や改善案などを

事前に書いてきてもらってください。

 

 

 

前回は例として

自費率を上げるために、自費の

カウンスを強化すると言う取り組み

を行う

と言うものにしました。

 

今回は、院内改善という内容での

例にします。

 

 

 

例えば、院長は無断キャンセルの

多さが目立つのを改善したいと

思っていたとします。

 

 

そして、それを議題にするならば

それについての各スタッフの考えを

ミーティング前に書いておいてもらう

のです。

 

 

要は、ミーティングを行う前の

事前準備。

スタッフにとっては、宿題といった

感じです。

 

 

ミーティングを行う日程だけを伝えて

どういった内容のミーティングかを

 

当日に伝えるという院長もいますが

 

このミーティングの仕方は

おすすめ出来ません。

 

 

それは、ミーティングに参加する

スタッフが事前準備が出来ない

からです。

 

何も考えずに、院内ミーティングに

参加すると、どうしても

消極的になります。

 

これは、スタッフが悪いのではなく

そのミーティングの仕方が良くない

ので、仕方ないことだと思います。

 

 

スタッフに積極的な意思を持って

ミーティングに参加してほしいと

思うのであれば

 

事前にきちんと次のミーティングの

内容や議題を告知しておきましょう。

 

そして、それに関して各自に考えて

おいてほしいこと

 

 

 

気持ちや思っている事を

書いてきてもらいましょう。

 

 

 

そんな事を言ったら

スタッフに面倒臭いと思われるかな?

 

なんて、スタッフに対して

変な気を遣ったり

ビビってしまう院長がたまに

いますが、それは間違いです。

 

 

院内ミーティングに参加するのに

事前準備をさせられていないが為に

 

積極的に参加もできず

 

院長の独断と漫談で

ミーティングが終了してしまうこと

の方が、スタッフにとっては

無駄な時間であり、ただの面倒臭い

時間になってしまいます。

 

 

ミーティングと言うからには

きちんと、参加している人全員が

意見を言い合い、本当の意味で参加

出来ている必要があります。

 

 

そして、それでこそスタッフは

自分の意見も言えたし

反映もされているから

ミーティングでの決定事項を実行

しよう!と思えるのです。

 

 

1つ注意する点としては

ミーティング当日までに

その議題についてのスタッフ自身の

考えを書いてきてもらったものに

対して

 

優劣の判断をしないことです。

 

せっかく、自分なりの考えを

まとめたり、勤務時間外に考えたのに

 

 

それに関して、

院長が否定的な態度をしてしまうと

 

やる気が失せてしまいます。

 

 

そして、それを見ている周りの

他のスタッフも同じく

やる気を失ってしまいます。

 

 

自分も、何か意見しようと思っても

否定されるんじゃないかと思うと

なかなか発言できなくなってしまい

ます。

 

 

それに、その考えは院長的には

納得のいく内容でなかったもので

あったとしても

 

スタッフが真面目に考えたもの

であることは間違い無いからです。

 

 

自分だって、一生懸命に考えたこと

を否定されたりしたら

 

やる気を失いますよね。

 

 

 

ここで大切なのは

その内容が優れている 

優れていないと言う事では

ありません。

 

 

 

この事前準備の意味は

スタッフに、主体的にミーティングに

参加するクセを付ける為です。

 

 

どんな内容でも良いのです。

 

 

例え、ばかばかしい案だと思っても

その意見を聞くことを

無駄だと思ってはいけません。

 

 

ばかばかしいと感じてしまった案も

スタッフが積極的に参加していくことで

クオリティーが上がってきます。

 

 

大切なのは主体性を持って参加させる

仕組みを作る事です。

 

 

 

どんな内容でも、

一カ所ぐらい褒める所あるので

そこを褒めてください。

 

褒めるところなんて

見つけられない!!

 

と言うのであれば、それはスタッフの

問題ではなく、褒めるところを

見つけられない院長自身の問題です。

 

 

みんなをまとめる、

みんなのトップに立つ人ならば

 

スタッフのやる気を上手に引き出す

能力も必要不可欠です。

 

院内ミーティングでスタッフみんなが

消極的で発言しなくて困る

 

うちのスタッフはやる気がない

 

と嘆く前に、スタッフが発言できる

状態を作り上げることが

院長の力量であり、仕事です。

 

 

スタッフのやる気を生かすも殺すも

院長次第なのです。

 

 

 

 

それを続けた先には

本当に主体的に院内改善が

出来るスタッフになってきます。

 

 

理想は入社時から、

 

やる気もあり

努力も出来て

主体性がある人が理想ですが

 

そんな人はほぼいません。

 

 

 

私たちが出来る事は

人を育てる事です。

 

 

それには目をかけ、手をかけて

時間をかけて育てていきましょう。

 

次回も続きを書きますね。

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事