院内ミーティングでみんなが消極的で発言しない時にどうするか?その③

 

前々回、前回と

『院内ミーティングで、

 みんなが消極的で

 発言しないときにどうするか 』

 

http://haisyakaigyo.com/?p=1180

 

 

http://haisyakaigyo.com/?p=1128

 

 

とお話してきました。

そして、今回もこれらの続きです。

 

院内ミーティングが

あまり活発にならない時の

改善方法です。

 

 

まずは①でお伝えしたように

「意味を伝える。」

 

 

そして②では、

次にするミーティングの内容について

スタッフ自身の考えや案などを

事前に考えて書いてきてもらう。

 

とお話しました。

 

 

そして、今回は3つ目のポイント

です。

 

3つ目は、

院内ミーティング当日は

何をするかです。

 

 

院内ミーティングなんて

何度もしているし

進行手順なんて知っているよ!

 

と思われるかもしれませんが

意外に、それが出来ていないせいで

 

院長ばかりが、一人で喋って

スタッフの意見を聞き出せない

 

消極的な態度のスタッフ達の

ミーティングを作り出してしまって

いることが多いのです。

 

 

 

ですので、スタッフが

発言してくれないミーティングを

していると思うなら

 

自分のやり方が間違っていないと

思わずに、一度、今回お伝えする

手順でミーティングを

進めてみて下さい。

 

 

 

では、具体的にどのように

ミーティング当日を進めていくか

ですが・・・

 

 

まずは、なぜそのミーティングの議題

にあげた改善や新しい取り組みを

するのか?

 

と言う意味から

もう一度話してください。

 

そして、この時点で一度スタッフ達に

何か意見がないのかを

聞いてみて下さい。

 

 

事前に伝えていると言えど

それをきちんと理解しているかは

分かりません。

 

そして、事前に宿題を出している

ので、その議題についてスタッフも

考える時間を持ったはずです。

 

その中で、疑問や意見を持つことが

あるかもしれません。

 

 

院長なりの考えがあって

新しい取り組みなどをしたいと

思っていても

 

それをスタッフが同じ気持ちで理解

していると思って、ミーティングを

進めてしまうと、結局スタッフの

意見の反映されない

スタッフが消極的な態度になって

しまうダメダメなミーティングに

なってしまいます。

 

 

取り組みをする意味を理解していない

ままミーティングを進行する事は

もっとも結果が出ません。

 

 

せっかく、ここまで手順を踏んで

きたのに、ここで、この工程を

省いてしまって結果が出ないなんて

勿体ないので

 

面倒臭がらずに、きちんと進行して

いきましょう。

 

 

 

大事なのは、院内ミーティングの冒頭

で再度スタッフに話し、意見を

聞くことです。

 

そして、きちんと話し意見などを

聞いた後、次にミーティングの進行で

大事なことがあります。

 

 

それは

 

出来るだけ院長がドンドン

自分の意見を言わない

という事です。

 

 

スタッフが消極的になってしまう

残念なミーティングが行われている

医院は、このパターンがほとんど

です。

 

 

院長が喋りすぎる!

 

 

院長が話せば話すほど

周りは黙り込みます。

 

 

まずは院長が話さずに

スタッフの意見を聞いていて下さい。

 

院長が話すことにより

スタッフの意見は消えていきます。

 

 

話し方にも関係してきますが

院長が話すことで

それはミーティングではなく

院長が一人で決めたことを

決定事項としてスタッフに伝えるだけ

の場になってしまうからです。

 

 

これを読まれている方は

そんなミーティングがしたいのでは

ないですよね。

 

 

そんなミーティングでは

スタッフは、ただ院長がしたいと

思うことを「やらされている」と思い

仕事をします。

 

自発的ではない仕事は、

うやむやになってしまったり

結果が出ないことが多いです。

 

 

ミーティングは、スタッフに

決定事項を伝え、従わせることが

目的ではなく

 

スタッフの自発性を引き出し

スタッフ自ら「やろう!」と

思えるように持っていくことだと

思います。

 

 

スタッフをそういった状態に

持っていけるかどうかは

院長のミーティングの進行の仕方に

かかっているので、腕の見せ所です。

 

 

「うちのスタッフは

 やる気がないなぁ」

と嘆く前に、やる気を引き出すことが

出来ていないことを改善しましょう。

 

 

 

では、実際スタッフの意見を聞くとは

どうすれば良いのか?

ですが、これにもポイントが

あります。

 

それは、スタッフの意見を

くだらない意見だと思って

つまらなそうな顔をしてはダメです。

 

スタッフが出すどんな意見でも

うん、うんと頷いて

聞いていきましょう

 

 

せっかくスタッフが意見しても

それを、院長がつまらなそうに

聞いていると、スタッフは

「もう話すのを止めよう…」

と思います。

 

 

自分だって、せっかく意見したのに

周囲から無関心な態度を取られたら

不安な気持ちになりますし

発言したことを後悔しますよね。

 

 

なので、スタッフをそんな気持ちに

して、発言しなくなってしまわない

ようにするためには、院長が

必ず前のめりな感じで

相手の話を聞くようにしましょう。

 

 

院長がしっかり聞いてくれて

『○○さん、すごく考えているね。

 □□の点とかすごく良い案だと

 思うよ。』

 

などと言うと

スタッフも嬉しくなり

 

積極的に参加したい気持ちが

芽生えてきます。

 

スタッフは一度認めてもらえると

それが自信になります。

 

自信がつくと、自分の意見をもっと

積極的に発言しようとも思えます。

 

 

そして、積極的に参加することにより

ミーティングの議題も

「やらされている」

のではなく

 

自分の決めたことを自発的に

「している」

と思えるようになります。

 

 

 

院長がドンドン話すのではなく

スタッフにしっかり話させる。

 

 

院長は補足する程度にしてみて

下さい。

 

 

『○○さんの意見を聞いて

 思ったんだけど、

 こんなのもいいかもしれないね。』

 

と、このように言って補足してみて

下さい。

 

 

例え、院長が前から思っていた事でも

スポットライトを当てるのは自分では

なくスタッフにしてください。

 

 

ミーティングに関してのお話は

次回も続きます。

 

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事