衛生士や歯科助手などスタッフを、怒っていませんか?叱るのが大切です!

『怒る』と『叱る』の違いってわかりますか?

 

 

どちらも似ていますが、

実は大きな違いがあります。

 

この違いが今回お伝えしたい事です。

 

 

 

『あ~、こんなミスして』

 

 

『そんな事も、まだ出来ないの?

 

なかなか、こちらが思うように仕事が出来ない

スタッフに対して、イライラ。

 

 

 こんな状況の時には、

だれしも怒りたくなる事ってあると思います。

 

 

でもそこでグッと堪えて下さい!

やってしまいがちですが、

スタッフのミスが目についた時、

ついイラっとしてしまった時に

思った事を即座に言う。

これはダメです。

 

なぜ、ダメなのかわかりますか? 

 

 

 

そう、これは『感情』で怒ってしまっているから

だめなのです。

 

 

 

感情で怒らない

 

これがすごく重要なのです。

 

 

 

確かにミスがあると怒りたくなる気持ちは

あります。

 

ミスやそれ以外にも、

 

進歩がない。

勉強不足である。

 

など、どれも怒りたくなってしまうと思います。

 

 

でも、ここでよく考えてほしいのです。

 

 

 

 

 

あなたは

 

相手に感情をぶつけたいのか?

 

 

それとも

 

相手にこれから改善して欲しいのか?

 

 

 

 

どちらでしょう。

 

 

もし感情をぶつけたいのであれば

 

感情で怒れば目標は達成です。

 

思うように仕事が出来ない

ミスをするスタッフに

イラっとした、その時に思っている事を

そのまま伝える。

 

 

 しかし、

もし、これから改善して欲しいのであれば

 前者のように、感情で怒っても改善すると

言う効果を出せません。

 

 

 

 もし、感情に任せて怒ってしまう頻度が

多ければスタッフからは

 

「よく怒る、やりづらいDR。」

 

と思われてしまいます。

そうなると、本当にスタッフに改善する

必要があったとしても、

 

「あのDRは、いつも怒っているから」

 

とスタッフが自身の反省すべき点・改善すべき

点に気づかず、DRの気性の荒さのせいに

してしまう事もあります。

 

 

また、頻度が多くなかったとしても、

やはり恐いDR、やりづらいDRと

思われる事は変わりません。

 

 

そう思われてしまうと、スタッフとの

信頼関係も築き難くなってしまいます。

 

そうなってしまわない為にも、そして

 

相手に改善して欲しいのであれば

 

感情の波が落ち着いてから

 

 

冷静に話し合って下さい。

 

 

 

冷静に、その人の事を想って話すことが

 

改善につながりやすいです。

 

 

 

 

 

 

 

感情で怒れば

 

スタッフは改善よりも

 

その先生に怒りの感情を受け止める事だけで

 

精一杯になってしまうからです。

 

 

例えば、スタッフがいつも同じミスを繰り返す場合、

感情で怒ってばかりいても、きっとスタッフは

最初は「怒られた!恐い!どうしよう!」と

思うでしょう。

 

しかし、何度も同じミスを繰り返すと言う事は

結局の所、改善すると言う所まで行き着けない

結果です。

 

改善の方法も分からぬまま、

次にも同じミスを繰り返す。

 

当然ですよね。

 

 

 

これには、3つの事が考えられます。

①スタッフはミスに気づいているけれど

 改善方法が分からない

 

②何が悪くて怒られているのか、分かっていない

 

③よく怒るDRなので、「また怒ってるな」

 と軽く受け流している

 

 

これは、全て感情に任せて怒ってしまう場合に

起こってしまう事です。

 

こうなってしまっては、お互いにずっと同じこと

の繰り返しで、何の進歩もないまま

仕事はやり辛いだけになります。

 

 

 

本当の意味でスタッフの成長を考えるのであれば

 

冷静に話し合う習慣を身に着けることが大切です。

 

この

『相手のことを想って、良い方向へ指導する』

 

ことこそ、『怒る』ではなく『叱る』ことです。

 

「怒る」と「叱る」は似て非なるものです。

 

 

 

前の例をとってみると、

同じミスを繰り返すスタッフに

 

「〇〇さん、前回もこうしていたけれど、

 こうする方が正しいよ。」と教育する。

 

また、腑に落ちない様子であれば、

 

「なぜかダメなのか、分かる?」と理由を聞いて

 

きちんと説明してあげる事。

これで、スタッフは同じミスは

起こさないようになるでしょう。

 

このように、自分の感情を一方的に押し付ける

「怒る」ではなく、相手を教育しようと「叱る」

ことが、とても大事です。

 

 

 

「叱る」ことで、相手は必ず成長します。

 

同じ仕事をするなら、相手も自分も成長し、

より良い環境で仕事をできる事がベストだと思います。

 

また、改善し成長することにより、

さらにスキルアップをしようと言う

向上心も出てきます。

 

日々の中で、小さなことから大きなことまで、

数多くの改善してほしいことがありますよね。

その一つ一つが、「怒る」か「叱る」かの違いで

結果が大きく変わってきます。

 

 

感情的に怒りたくなってしまう時も

あるでしょうが、一旦冷静になって

叱ることで、相手にとっても

自分にとっても、そして医院にとっても、

より良い結果となって返ってきます。

 

相手の成長のために、「怒る」習慣を捨て

「叱る」習慣を身につけましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事