歯科助手や衛生士に声掛けなどのコミュニケーションを取る。

スタッフへの声掛けって

していますか?

 

 

忙しいからと言って、

スタッフとの会話と言えば

出勤時や退社時の挨拶と

仕事上の業務連絡だけに

なってしまっている人って

多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

確かに、診療が開始すると

なかなか時間が取れずに

 

『照射器とって来て』とか

『印象の用意お願いします』とか

 

 

業務の話ばかりになると思います。

 

 

 

 

もちろん、仕事の最中は

業務の話だけでもOKです。

 

 

 

 

ただ、ちょっとキャンセルが出て

時間が出来た時や

お昼の休憩時などは

 

多少でも良いので

歯科助手や衛生士に声掛けを

して下さい。

 

 

あまり過度にすると

「休憩時間短くなっちゃうから

 やめてほしいなぁ」

なんて、思われてしまうので

その辺は、適度に・・・

 

 

前回の

『歯科院長のリーダーシップ』

 

http://haisyakaigyo.com/?p=1124

 

 

でも、中国史の話を少ししましたが

 

良い将と言うのは

軍営で休んでいる時に

自軍の兵に声掛けに行ったりします。

 

 

そこで、将は兵士に

労いの言葉をかけたりするのです。

 

兵士達は、声を掛けに来てくれる側の

位が高い程、ありがたみを感じます。

 

自分達、一兵士の

しっかり考えてくれると感じるから

です。

 

そして、偉い人なのに、自分達のこと

をしっかり気にかけてくれて

 

自分のことを認識してくれていると

感じることにより

 

将に対し、より信頼と忠誠心を

もちます。

 

 

前回同様、将と院長は違いますが

上司や目上の人に、自分のことを

気にかけてもらって嫌だと思う人は

少ないでしょう。

 

 

もしかすると、天邪鬼で

院長の声掛けを鬱陶しそうに

するスタッフがいるかもしれませんが

 

それは、院長の声掛けの内容や

タイミングが良くないのか

 

今まで、声を掛けられていなかった

ため、どう対応して良いのか

分からずに

 

そのような対応をしているか

 

だと考えても良いかもしれません。

 

 

確かに、今まで会話などがなかった

のに、いきなり話しかけられ出すと

 

どう言う風の吹き回し!?

 

と思うスタッフの気持ちも分からない

でもありませんよね。

 

 

しかし、それも声掛けを続けていく

ことで、無くなります。

 

めげずに、声掛けをしてみると

スタッフとのコミュニケーションを

取ることも難かしくなくなります。

 

 

 

業務連絡ばかりで

一日が終わるのであれば

 

是非、

少しでも良いのでスタッフに

労いの言葉をかけては

いかがでしょうか。

 

 

歯科医院は閉鎖的な環境です。

 

 

患者さんからは

『先生、ありがとうございます』

と呼ばれ

 

スタッフも

『先生、先生』と呼びます。

 

そして院長になると上司もいないので

 

 

自分を律しないと

なんだか変な方向になって

しまいます。

 

 

院長として、スタッフに給料を

支払っているのは、事実です。

 

しかし、その給料は

何もお小遣いであげているわけでは

なく、スタッフが医院のために

勤労してくれている対価として

支払っています。

 

歯科医院の運営は、院長一人では

出来ません。

 

 

ドクター、衛生士、助手、受付

がいてこそ、患者さんを診ることが

出来ます。

 

そして、そのスタッフ達がいるから

こそ、自分は院長として、歯科医院を

経営していると言うことを

忘れてはなりません。

 

 

大丈夫だとは思いますが、

 

雇用者として相手を見るのではなく

一緒に働いている仲間として

スタッフ達、一人一人を見る事が

大切だと思います。

 

 

今までスタッフに話しかけることが

あまりなかったなら、

 

何を話し掛ければ良いのか?

 

と悩むかもしれませんが

 

そう難しいことではありません。

 

 

もともと、スタッフとの距離が

近かったり、会話も多い院長なら

プライベートな話題でも

日常的にできるかもしれませんが

 

今まで、そんなに話さなかったのに

いきなり、プライベートな話題を

したり、聞いたりするとスタッフも

戸惑うかもしれませんので

 

それは、コミュニケーションを

取ることが普通になってからに

した方が良いかもしれません。

 

 

 

初めは、先ほども言った通り

普段の仕事ぶりを労うのが良い

と思います。

 

 

ただ、この労いに「嘘」があっては

スタッフも、すぐに気付き、余計に

スタッフとの距離ができてしまう

かもしれません。

 

 

嘘とは、どう言うことかと言うと

本当は思ってもいないことや

上っ面だけの労いの言葉

 

と言うことです。

 

 

実際に、あるスタッフが以前

勤務していた医院で

 

「いつも、ありがとね〜」

 

「助かってるよ〜」

 

と誰にでも、声掛けをする院長がいた

そうです。

 

 

確かに、従業員数も多く、院長も

忙しいのに、その中でスタッフに

声掛けをする姿勢は、すごいと

スタッフ自身も感じていたようです。

 

 

しかし、その院長はドクターにも

衛生士にも、助手にも、受付にも

 

勤務歴が長いスタッフにも

昨日入ったばかりの新人スタッフに

対しても

 

常に「いつもありがとね〜」

「助かってるよ〜」

 

だったそうです。

 

そして、その労いの言葉を受けた

スタッフ達は、誰もそれを院長の本心

とは受け取っていませんでした。

 

 

せっかく労ってもらっても、

個人として把握されているわけでは

ないということが露骨だったから

でしょう。

 

 

せっかくの労いの言葉も

これでは、全く価値がありません。

 

 

 

そんな風に、誰にでも同じことしか

言わないよりも

 

少しでも、その個人のことをきちんと

見て、労っていたら

スタッフの受け取り方も

全く違っていると思います。

 

 

年に2回、春と秋に天皇陛下が

「園遊会」というのを開催される

のがテレビで放映されていますが

 

あの園遊会に招待されるのは

内閣総理大臣や議員などの政治関係

の人たちに始まり、各界の著名人や

メダリストなどの功績者と

とても幅広い人たちです。

 

しかし、そんな人たちを相手に

天皇ご夫妻は、一人一人の前に

立ち止まり、その人に合ったお話を

されて、声掛けをされていますよね。

 

 

きっと、出席された方達は

天皇ご夫妻に、自分のことを

きちんと知ってもらえている!!

 

と思うことが出来、それは

とても光栄で嬉しい体験だと思える

ことだと思います。

 

 

院長も、こんな風に

一人一人に合った

労いの言葉をかける事が出来れば

スタッフの指揮も間違いなく

高まります。

 

 

そんな大きなことを労う必要は

ありません。

 

ただ、個人に合った内容で

受付なら、受付の対応に関して

 

衛生士の手技が上達しているなら

そのことを

 

労えば良いのです。

 

スタッフは、自分の頑張りを

見てくれていると感じる事が

出来れば

 

自分も、もっと医院のために

貢献しようと思えます。

 

 

余談ですが 

 

もし中国史に興味があれば

項羽と劉邦を読んで下さい。

漫画もあります。

 

 

対照的な2人であり

絶対的な戦力や能力を持っていた

覇王項羽が

なぜ最終的に劉邦に負けるのか?

 

 

どこが違うのか。

君主としての違いは何なのか?

 

 

そんな視点で

読むと分かると思います。

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事