歯科院長のリーダーシップ

クリニックで働く人が多くなると

必ずリーダーシップをとれる人が

必要になります。

 

 

そして、これは必然的に院長の役目

になりますよね。

 

院長と衛生士、そして助手一人の3人

だけでしている歯科医院なら

わざわざ院長がリーダーシップを

とらないと!!と思わなくても

関係性が成り立っていると思いますが

 

規模が大きくなってくると

いろんなスタッフが増えてくるので

リーダーシップを、きちんととれる人

がいる事が、歯科医院を運営していく

中で、非常に大事になってきます。

 

 

では、歯科院長に求められる

リーダーシップとは

一体なんなのか?

 

 

 

実際には、リーダーシップは様々な

要素があるので一言で言えませんが

 

 

まず大切なのは

自ら先陣切って最初に動くことです。

 

 

自分は何もやらないのに

口だけで正論を言って

 

 

『あれやれ、これやれ、こうしろ。』

では、人はついてきません。

 

 

 

 

もちろん、院長とスタッフは

会社でいうなら上司と部下の様な

関係性なので、表面的にだったり

短期的には

「あれやれ、これやれ…」方式でも

効果があります。

 

 

しかし、長期的に、また指示を受けた

本人達が自らの意思で

しっかりやろう!と思うような環境を

作り上げるには

「あれやれ、これやれ…」方式では

成り立ちません。

 

 

自らの意思で、出来るスタッフを

育てることは、院長の指示した通りに

動くスタッフ

 

言い方を変えれば、

「院長の指示した通りのことしか

出来ない、又は、しないスタッフ」

 

にするよりも、一見、時間がかかり

大変に思われます。

 

しかし、結果としては

自らの意思で、動けるスタッフを

育てた方が、確実に医院のためにも

なり、時間も労力もかからない

のです。

 

 

 

そして、この自らの意思で動ける

出来るスタッフを育てるためには

先ほども言った通り

リーダー自らが最初に行動して

手本を見せることが良いのです。

 

 

 

中国史などを読んでいると

分かりますが

将が先陣をきって行くと

軍の士気が物凄くあがります。

 

 

将がダメダメで、

口先だけだと軍の士気は

物凄く下がります。

 

確かに、命がけで戦おうと思っている

のに、口先だけのリーダーだと

それに従う自分たちなんて

 

いつ裏切られるか

自分たちのことを捨てて逃げるか

わかったものではありませんよね。

 

 

そんなリーダーのことを信頼して

その人のために、自らを犠牲にして

まで戦いたくなんてありません。

 

どうせ、同じように危険な目に遭う

のなら、

「この人のためなら!」と思える

リーダーと共に戦いたいです。

 

 

 

もちろん、歯科医院での院長は軍の将

ではありませんし、スタッフも命がけ

で仕事をしているわけでは

ありません。

 

 

 

しかし、院長に院長としての資質が

あるかないかで、スタッフが院長に

しっかり付いてきてくれるか

 

それとも、給料のためだけに働いて

なんの信頼も寄せられないかは

決まります。

 

 

そして、後者であれば

そこそこ上手くやっているようには

見えても、本当に成功する歯科医院

になれることは、ないでしょう。

 

 

せっかく歯科医院を開業したのなら

医院を成功させたいと思うのが

当然です。

 

 

そして、給料だけのために働く

スタッフに囲まれて仕事をするよりも

 

自分を信頼し、慕ってくれるスタッフ

と共に、仕事をしたいことと

思います。

 

 

そのためには、まず自分が動くこと。

 

 

小さなことからでも

スタッフはそれを見ています。

 

 

例えば、スタッフ達の

患者さんへの対応が

丁寧でなかったり、愛想がないと

感じて改善した方が良いと思って

いた場合

 

スタッフミーティングで

「もっと、愛想よく、丁寧な対応を

 するようにして下さい。」

 

と指示することは、簡単です。

 

そして、それが本当にスタッフだけの

問題の場合は、簡単に改善できるかも

しれません。

 

 

しかし、スタッフにも言い分があって

患者さんも、予約時間より遅れて

来院する人が多かったり

 

こちらの話を全く聞いてくれない

患者さんが多い

 

などと言う問題があった場合に

その指示だけでは、スタッフは指示に

対して腑に落ちないものを

感じることでしょう。

 

 

しかし、そんな患者さんに対して

院長が、有言実行で丁寧な対応を

していたら、スタッフもそれを

受け入れ、従う気持ちになってくれる

と思います。

 

逆に、スタッフには

「丁寧な対応をして

 愛想よくするように」

と指示しておきながら

 

院長は、患者さんが遅れて来たり

 

話を聞いていないと

 

すぐイライラした態度をとったり

そっけない態度をとったり

していたら、スタッフは絶対に

 

「院長自身は、患者さんに対して

 全然、丁寧な対応が出来ていない 

 のに・・・

 

 スタッフがいくら、対応良くしても

 院長の態度のせいで、結局患者さん

 は、嫌な気持ちになっている」

 

 

と思うようになります。

 

そして、それなら自分がどれだけ

努力しても、院長が無駄にしてしまう

し、丁寧な対応もしても一緒のこと

 

と、改善することをやめてしまいます。

 

 

これは一例ですが

院長が、率先して行動をしないで

スタッフに指示するばかりでは

 

スタッフは、付いて来ませんし

 

その積み重ねは、どんどんスタッフの

やる気を奪ってしまいかねません。

 

 

そして、スタッフに

「また、新しい指示出して来たけど

 どうせ、一過性のものだし

 院長自身がダメにしちゃうんだし」

 

と努力すらしなくなってしまいます。

 

 

そんな状況では、医院として

間違いなく良い医院にはなれませんよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、

スタッフや衛生士、ドクターに

 

高いレベルでの仕事を求めるので

あれば、まず自分が率先する事も

一つ大事な要素だと思います。

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事