地域の患者さんを大切にする歯科医院にする

 

地域の患者さんを大切にする歯科医院にする

 

 

最近は、ネットの影響があり地域の患者さんだけでなく

もう少し広い範囲から患者さんを集患する方法がいろいろあります。

 

範囲を広げた方が、当然患者さんを多く集めるのは有利です。

 

 

ただ、患者さんが多く来てるからといって

地域の患者さんをおろそかにしてはいけません。

 

どんなにネットが発達しても

歯科医療の内容を考えると

地域の患者さんが来たくなる歯科医院づくりが基本です。

 

 

ネットで集患をして、

歯科医院に患者さんが溢れていても

 

地域の人に好かれてない歯科医院は

ネットの制度などが変った瞬間に一気に衰退してしまいます。

 

 

だからこそ、基礎基本である地域の患者さんに好かれ

歯科医院運営をして行きましょう

 

 

 

ところで、地域ってもどこまでが地域なんでしょうか?

 

実はこれはある統計があります。

 

あなたの近所って自宅から何メートルかを調べたものです。

 

それによると平均が470m

 

50代は340m

60代は612m

 

 

なんでこんなに差があるのか不思議ですが

 

要はあなたの歯科医院から半径500m以内の所に

住んでる患者さんを大切にすることです。

 

 

また、半径500m以内の範囲の人が

どうしたらあなたの歯科医院に来院してくれるかを考える事が重要です。

 

ある居抜きで買った歯科医院の先生の話しですが、

買ってみたら以前の先生の患者さん対応が酷すぎたようです。

 

 

その為、クリニックのすぐ近くに国道があるのですが

国道からクリニックがある側の住人はほどんど来院されず

国道の反対側からしか患者さんが来てくれないと嘆いてました。

 

一旦、地域の患者さんに見放されると

立て直すのは非常に大変です。

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事