地域の患者さんを大切にする歯科医院にする

 地域の患者さんを大切にする

歯科医院にする

 

 

最近は、ネットの影響があり

地域の患者さんだけでなく

もう少し広い範囲から患者さんを

集患する方法がいろいろとあります。

 

対象範囲を広げた方が、

当然、患者さんを多く集めるには

有利です。

 

 

ただ、患者さんが多く来ているから

といって、地域の患者さんを疎かに

してしまってはいけません。

 

どんなにネットが発達しても

歯科医療の内容を考えると

地域の患者さんが来たくなる歯科医院

づくりをすることが基本です。

 

 

ネットで集患をして、

歯科医院に患者さんが溢れていても

 

地域の人に好かれてない歯科医院は

ネットの制度などが変った瞬間に

一気に衰退してしまいます。

 

 

だからこそ、基礎基本である

地域の患者さんに好かれる

歯科医院運営をして行きましょう。

 

地域の患者さんに好かれる歯科医院は

圧倒的に強いです。

 

 

ところで、この『地域』というのは

どこまでが『地域』なんでしょうか?

 

 

地域と一言で言っても

その感覚は人それぞれである感じが

しますよね。

 

本当に医院の周りのひと区画だけ

なのか、最寄駅から隣の駅くらいまで

の間なのか

もっと広い範囲なのか

もっと狭い範囲なのか

 

明確に、どこまでが『地域』

なのか、とても分かりにくいです。

 

地域と同じで「近所」と言う言葉も

範囲が定まりにくいですよね。

 

徒歩3分までが近所の人もいれば

徒歩15分までは近所だと思う人も

います。

 

 

しかし、実はこれには

ある統計があります。

 

それは、ある調査で

「あなたにとって近所 とは

 自宅から何メートルですか?」

 

と言うのを調べたものです。

 

それによると「近所」の範囲は

自宅からの距離が

平均が470mという結果

だそうです。

 

そして、これには年代別に違うようで

 

50代は340m

60代は612m

 

です。

 

50代と60代で

何故こんなに差があるのか不思議

なものですが

 

要は、あなたの歯科医院から

半径500m以内の所に

住んでいる患者さんを大切にする

ことです。

 

 

また、半径500m以内の範囲の人が

どうしたら、あなたの歯科医院に

来院してくれるかを考える事が

重要です。

 

ある居抜きで買った歯科医院の先生の

話ですが、物件を購入後に分かった

ことで、そこで以前、歯科医院を

されていた先生の患者さんに対する

対応が、あまりにも酷かったよう

です。

 

そのクリニックのすぐ近くに国道が

あるのですが、以前の歯科医院の

対応の酷さのせいで

国道からクリニックがある側の

住人はほどんど来院されず

国道の反対側からしか

患者さんが来てくれないと

嘆いていました。

 

居抜きで開業した、この先生は全く

悪くないのに、とんだ とばっちり

ですよね。

 

でも、これは一旦、地域の患者さんに

見放されると立て直すことが

どれほど大変かということを

物語っていると思います。

 

 

以前の先生の対応の悪さは

きっと近隣地域の人には

有名だったのでしょう。

 

しかし、その口コミは国道を

挟んだ反対側には

まだそこまで広まっていなかったのが

せめてもの救いかもしれません。

 

国道の反対側から、患者さんが来て

くれるだけ、まだ良いかもしれません

が、近隣地域の人が患者さんに

なってくれたら、確実に、もっと

集患できます。

 

この居抜きで購入した先生も

もともと何もない場所で開業するだけ

なら、普通にどのように集患できるか

を考えれば良いだけです。

 

しかし、前のイメージが悪いところ

からのスタートなので、普通よりも

もっと、どうすれば地域の人が

来院してくれるようになるかを

考える必要があると思います。

 

地域の患者さんは、

どんな歯科医院を求めているのか?

 

開業前に、自分のしたい医院の

方向性と患者層に合った地域を調べて

物件を決めていると思います。

 

例えば、家族みんなで通院できる

ような歯科医院にしたいと思って

住宅街の物件を選んだとします。

 

ならば、その地域の人たちに

求められるのは、まさに

子供も安心して診てもらえる先生

という条件もあるでしょう。

 

 

オフィス街であれば、患者さんは

大人ばかりなので、子どもの相手を

することは、ほぼないかもしれない

ので、子どもとの会話や対応を

気にしなくても良いです。

 

しかし、家族みんなが通院できる医院

でありたいと思うのであれば、

子どもへの対応も、大人ばかり

相手にするオフィス街とは訳が

違います。

 

 

同じようにしていたら、

地域の患者さんの求めているものとは

離れてしまい、結果患者さんも

離れていくでしょう。

 

そして、近隣の人は繋がりがあるので

評判はすぐに広まります。

 

 

この評判が「良い評判」なら良いです

が「悪い評判」もです。

 

なんなら、悪い評判の方が

あっという間に広がってしまいます。

 

そして、先ほどの例もありますが

一度広まった悪い評判を

変えることは、大変です。

 

なので、繰り返しになりますが

地域の患者さんが何を求めているのか

 

地域の患者さんに必要とされる

歯科医院は、どう言うものなのかを

よく考えて、そのニーズに応えられる

ように、地域の患者さんを大切に

できるようにしましょう。

 

地域の患者さんに必要とされる医院に

なることが出来れば、

そこに通院する患者さんも

そこで働く歯科医もスタッフも

双方ともに、やり易い医院に

なると思います。

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると

体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。

 

口コミで100医院以上が参加

 

地域で1医院限定なので先着順です!

 

→歯科開業医ネットワーク

 

・ ・

 

歯科開業医ネットワーク 解説アニメ動画

手間なく売り上げを増やすには待合室動画が必須!
でも、動画に50万や100万も払っていませんか?


今だけのお得な特典があります。詳しくはサイトで。



 

→手間なし動画くん

 

→手間なし動画くん



コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。


口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!



 

→歯科開業医ネットワーク

 

→歯科開業医ネットワーク



開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事