歯科のレセプト枚数が少なくアポが空いてる人へ

 

アポが結構空いている時に
気を付けている事って

何かありますか?

 

 

アポが空いていても特に何もせず

普段通りにやっているのであれば

損をしているかもしれません。

 

 

例えば、

飲食店を考えてみて下さい。

 

 

 

あなたが、もし

自分の知らない駅で

お腹が空いたなぁと思い

お店を探している時に

 

 

お客がいなくて店主がボーっと

しているお店を見つけます。

 

さて、あなたはこのお店に

入りたいと思いますか?

 

 

 

 

お客さんがいないし

流行ってないと言うことは

美味しくないかもしれないなぁ。

 

このお店はやめておこう・・・

 

なんて思ったりしますよね。

 

 

他にも、

 

パチンコ店で、外から見て

入り口付近

出玉の箱が全然置かれて無かったら

他の店を探したりしますよね。

 

 

パチンコ店は入り口の近くの席を

出玉が出やすい設定にします。

 

 

 

通りがかりに出玉が

たくさんあるのを見ると

たぶん、パチンコ依存の人は

入りたくなってしまうと言う心理を

ついているのでしょう。

 

 

(こんな風に書いておきながら、

 私はパチンコもスロットも

 しないので、その気持ちは

 よくわからないのですが・・・) 

 

ラーメン屋なんかも

店の前の行列が宣伝効果となって

さらなる行列を生むのです。

 

 

今は、SNS の時代ですよね。

 

若い人たちが、見た目の可愛い

食べ物の写真を撮って

すぐに情報を拡散します。

 

実際は味はどうかは二の次で

「SNS映え」するか?

が第一になっています。

 

 

しかし、見事にSNS映えする商品を

提供できれば、味は普通だったとしても

多くの集客をすることが出来ます。

 

 

なぜなら、人はそのSNSの写真を

見て、自分も食べてみたい!

自分もSNS映えする写真を撮りたい!

と思って大勢の人がお店に行くから

です。

 

 

それにより、お店は長蛇の列になり

その長蛇の列に並んでまで

お店に入れた

商品を食べた

と言うことが、ステイタスになっている

ようです。

 

実際、味がどうこうではなくて

今話題の人気店に自分が行ったと言う

ことをSNSで、みんなに知ってもらい

たいのだと思います。

 

 

理由はどうであれ、長蛇の列には

魅力があります。

 

 

たまに、何の列かわからないけれど

こんなに人が並んでいると言うことは

なんか良いものがあるんだろう

 

と思って、列の正体も分からないまま

に長時間並んじゃう人もいるそうです。

 

 

先日、テレビで観た高級食パン専門店

の話も興味深いものでした。

 

 

関西で、高級生食パンを専門に販売して

いるお店なのですが

 

そのパン屋は、本当にその「生食パン」

だけが商品で、他に商品はありません。

 

 

しかし、その食パンがとても美味しいと

言うことで有名になりました。

 

 

2013年のオープンから4年で

東京を除く47都道府県全てで

合計77店舗を展開。

 

2018年には、ついに東京でも

出店し、全国展開を成し遂げました。

 

 

そして、そのどこの店舗も連日

行列を作っているのです。

 

しかも、なんと行列に並んでも

途中で、売り切れてしまうかもしれない

と言う数量限定販売。

 

 

それだけ、事業を拡大できるのなら

せめて並んだ人は全員が買えるだけの

量を作ったら良いのに

 

 

と思うのですが、そこに戦略が

ありました。

 

 

それはテレビで社長が仰っていたの

ですが

 

数量限定にすることにより

レア感が増す

 

そのため、レアなものを手に入れたいと

思い、人が並ぶ

 

そして、その並んでいる行列を見た人

が、今までパン屋を知らなくても

知ることになり

 

「そんなに並ぶほど美味しいの!?」

 

と思って並ぶ。

 

と言うのです。

 

 

なので、このパン屋は

毎日どれだけ売れたかなどを

各店舗でしっかり集計し

 

その集計結果から、次の日は食パンを

どれだけ作るかを考えていると

言います。

 

 

これもまた、集計から出た数より

少し多めに作るようにして

お客さんが全員買えるように

するための集計ではなく

 

並んでも手に入らないかもしれない

くらいの量を割り出すために

集計しています。

 

 

そして、並んでも買えなかった人は

 

「次こそは絶対買おう!!」と思って

 

また並び、次に購入できた時には

ようやく手に入れたことで

 

「レアなものをゲットできた!」

と言うのが嬉しくて、周りの人にも

 

どんどん口コミしてくれます。

 

 

なので、この社長は敢えて

少し足りない分しか作らず

 

行列を作らせ

 

それによって、お客さんの

レアなものを手に入れたい欲を

掻き立てる戦略で成功したのです。

 

 

もちろん、これで食パンがまずければ

そんな戦略はうまくいかない

でしょうが

 

 

こちらのお店は本当に美味しいようで

ここまで拡大できたそうです。

 

 

しかし、この戦略がなければ、

ただの美味しい食パン専門店として

やっていただけで

 

全国展開するほどの

有名店にはなっていなかったかも

しれませんよね。

 

 

 

人が集まるところに

人は興味を惹かれます。

 

 

歯科医院の話なのに

食パンの話ばかりしてしまいましたが

 

要は、人がいないところには

誰も寄りつきたくない

と言うことです。

 

 

自分がお店を探している時も

同じですよね。

 

 

お客さんがスカスカで

暗い感じの店は注意です。

 

暇そうな店には、誰も入りたくない

ですよね。

 

 

飲食店やパチンコ店だけでなく

これは歯科医院も同じです。

 

 

特に開業したての時は注意です。

 

開業したてから

患者さんで溢れかえる

アポイントがぎゅうぎゅうに詰まって

いると言うことは、ありませんよね。

 

 

現実は、開業して少しの間は

一日に来院数5人とか10人とか

なんてこともあるでしょう。

 

そうなると、待合室には

患者さんが一人いれば良い方で

誰もいない時間がほとんどなんて

状況になりますよね。

 

待合の様子が外から見える

医院の場合は

 

外から見た人は

 

 

「あまり混んでないから

 なんか入りづらいな」

 

と患者さんになりそうな人も

尻込んでしまいます。

 

ここで、

「でも実際に患者さんが少ないんだし

 どうしようもないよ・・・」

 

と諦めてはいけません。

 

それでは、本当に閑古鳥が鳴く医院に

なってしまいます。

 

患者さんが少なくても

できることは、あります。

 

そして、それらをすることにより

患者さんに「暇な医院」と言うイメージ

を持たせないようにすることが

出来ます。

 

 

では、何に具体的に注意すれば良いかは

次回話します。

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。


口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!



 

→歯科開業医ネットワーク

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事