歯科医院の分院展開について その②

前回の『歯科医院の分院展開について』

 

http://haisyakaigyo.com/?p=1202

 

 

の続きのお話です。

 

前回もお伝えしましたが

分院展開をするにあたって

上手く行くケースと

上手く行かないケースがあります。

 

 

一軒目がどれだけ上手くいっていても

二軒目がそうなるとは限りません。

 

それどころか、一軒めの利益を

二軒目の赤字の補填にしないと

いけないなんてことがあります。

 

 

せっかく分院展開するなら

二軒出しているのだから、

二軒分の利益がほしいですよね。

 

 

 

では分院展開で上手く行くケースは

上手く行かないケースの

何が違うのかをお伝えします。

 

 

 

①仕組み化されている

 

今のクリニックで仕組化が

しっかりされているクリニックは

分院展開しても上手く行く可能性が

高いです。

 

 

 

集患の仕組み

 

治療教育の仕組み

 

自費コンサルの仕組み

 

スタッフ教育の仕組み

 

などなど。

 

 

どこまで仕組み化されているか

です。

 

逆に、今のクリニックの業務を

感覚でやっているクリニックは

分院をだした時に上手くいく確率が

減ります。

 

 

今のクリニックは、開業からの

オープニングメンバーがいて

仕組みなどを明確にしていなくても

院長とスタッフがお互いに

何も言わずともフォローし合いながら

上手く運営できている

と言う場合が、よくあります。

 

 

何も仕組み化しなくても、個人の

裁量に任せてもスタッフみんなが

同じだけの仕事を出来ることは

素晴らしいことですし

理想です。

 

 

しかし、現実には、それはなかなか

難しいことです。

 

どうしても、個人の仕事の仕方には

ばらつきが出てきます。

 

 

そのため、クリニックでは

上述したような仕組み化が必要なの

です。

 

 

仕組み化すべきものはクリニックに

よって様々なものがあります。

 

もちろん、例に挙げたもの以外にも

たくさんあると思います。

 

そして、その仕組みも色々な方法が

あるでしょう。

 

クリニックによって、特色も違うし

患者層も違うので、当然のことです。

 

 

逆に、他院の真似をして仕組みを

作っても、自分の医院には合わず

 

結局その仕組み化は、役割を

果たさないかもしれません。

 

なので、仕組み化をするには

必ず自院に合った仕組みを

きちんと考えて作る必要があります。

 

 

今まで、仕組みがなく感覚的に

してきたことを、いちいち

仕組み化していくことは面倒に感じる

かもしれません。

 

しかし、

 

仕組み化さえされていれば

あとは、それをきちんとこなせば

良いのです。

 

 

仕組み化が徹底されていれば

スタッフのメンバーが変わっても

同じことを続けていけます。

 

そして、感覚でしているのでは

ないので忘れることがありませんし

 

常に患者さんに対して安定した

医療サービスを提供することが

出来ます。

 

 

仕組み化されていないと

「あのスタッフの時は良かった

 けど、このスタッフは

 してくれない」

 

とか、どうしてもばらつきが

出ます。

 

そして、それはクリニックの評判を

落としてしまうことになります。

 

仕組みを最初に作り上げるのは

大変ですが、最初さえ頑張れば

 

あとは、個人の感覚だけに頼って

いる仕組みがない状態より

格段に楽になります。

 

今、感覚的にしかしていなくても

それで上手くいっているのならば

 

それを、『仕組み』として

しっかり決めてしまえば良いだけなの

で、そんなに面倒ではありません。

 

 

分院展開で成功している

医院は、仕組み化が出来ているところ

が非常に多いので、これを機に

クリニックの仕組み化に着手して

みると良いと思います。

 

 

 

②本院と同じ状況の立地の

 開業候補地

 

一言で上手くいっている歯科医院と

言っても

 

都心でやっているケース

 

地方でやっているケース

 

駅前でやっているケース

 

郊外でやっているケースと

 

さまざまあります。

 

 

 

もし分院展開するのであれば

本院と同じ様な状況の立地で開業する

方が成功の確率は高くなります。

 

地方の郊外型と

都心の駅前とでは、やはり医院の

やり方って違ってきます。

 

患者層も違いますし、宣伝広告の

方法なども違いますよね。

 

患者さん層が違うと言うことは

患者さんが求めている治療も

違います。

 

また、患者さんとドクターとの

接し方や距離感も違います。

 

 

今のクリニックと似ている状況の立地

であれば、今まで通りのやり方が通用

しますが、全く違うところであれば

通用しません。

 

詳しくない土地での分院展開は

患者さんの求めているものも

分からないリスクがあります。

 

 

せっかく、一軒目で成功しているので

あれば、そのデータと経験を生かして

あえて、賭けに出るのではなく

リスクの少ない立地で分院展開する

のが良いでしょう。

 

 

 

 

 

ですので、分院展開を考えているの

なら、今のクリニックで

しっかりと仕事を

仕組み化出来ているのか?

 

出来ていないなら、まずは

どんどん仕組み化していくことです。

 

そして、

次に分院を出す場所は

本院と同じ様な立地で開業できる

のか?も考えて下さい。

 

 

これも大切な要素となってきます。

 

分院展開をして成功するには

まだ他にも条件がありますので

 

次回にまた続きを書きますね。

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事