スピットンって、毎回覗いてますか?

スピットンって毎回覗いていますか?

 

 

と言うと、

「え、どういう事?」

 

と思いますよね。

この質問を投げると

たいていの人は

 

「覗いている?たま〜に見てるけど。

 それが何か?」

 

 と言ったら反応をされます。

 

 

スピットンなんて、普段そこまで

意識していないし、自分は治療を

して、そのあとスタッフがチェアーを

片付ける時に、何かしてるんじゃない

かなと言う感じが多いですよね。

 

 

でも、その意識だと危険です!

 

スピットを見るのが

「たまに」だと、

 

もしかすると患者さんは

ゲンナリしているかもしれません。

 

 

歯科治療は

 

血も出ますし、印象材も付きます。

 

 

患者さんは毎回、口をゆすぎますが

 

その際にスピットンに

血や印象材が残ってしまっている

ケースが、よくあります。

 

 

遠目にはそんなに見えなくても

近くで見ると結構ついていたり

します。

 

 

 

ちなみに、

患者さんは遠くから口を

ゆすぐ事はありません。

 

 

スピットンと顔を20cmぐらいに

近づけて口をゆすぎます。

 

 

 

20cmの距離だと

見える物が全く変わってきます。

 

自分のものではない前に

座っていたであろう患者さんが

うがいをした際についた血も

見えることもあります。

 

 

そんなところに、

自分も口をゆすぐとなると

 

口をゆすいでその血が跳ねたら

ヤダな。

 

て思いますよね。

 

別に感染はしないかもしれませんが

前の人の血や印象材のカスは

目について気持ちいい物では

ありません。

 

 

ほとんどの人にとって

気持ち悪いものだと思います。

 

血液なんて、自分のものでも

どこかについてしまっていたら

早く綺麗にしたいと思うのに

 

どこの誰か分からない他人のもので

あれば、より不快ですよね。

 

しかも、それが清潔が重視される

医療の空間だと、歯科医院に対する

清潔感への信頼度はガタ落ちです。

 

 

血液はスピットンのボウル部分に

飛んでいることが多いですが

印象材などは、小さいものが

スピットンのゴミ受け部分に

溜まっていることが多いです。

 

 

これも遠目に見ると、ゴミ受けの

上のふたのようなもので隠れていて

見えないのですが

 

うがいをする患者さん目線で見ると

蓋の下の隙間が、よく見えます。

 

そこに、印象材が溜まっていると

掃除していないことが

すぐに分かります。

 

 

それ以外にも、血液や印象材といった

分かりやすい汚れではなく

水垢のようなものや黒カビ

赤いヌメリも、意外とついています。

 

 

これは、コップを置く場所の下、

裏側あたりに

よくついていたりします。

 

 

自分の医院は、一人の患者さんが

治療を終えるたびにスタッフが

掃除をしているから大丈夫

 

と思っていても、スピットンのボウル

部分をスポンジなどでサラっと洗う

ことはあっても、コップ置きの裏まで

きっちりと言うのは、あまり

されていないと思います。

 

 

実際に、スタッフの目線で見ても

スピットンの汚れは気づいても

そんなところの汚れには、

目が届きません。

 

これは、実際に知人の先生に聞いた話

ですが

 

その先生の歯科医院は

患者さんが一人終わる度に、スタッフが

スピットンを洗って、次の患者さんを

導入していました。

 

そして、午前診の終わりと午後診の

終わりには洗剤などを使って

しっかりとスピットンも洗います。

 

 

ある日、そこに元スタッフが治療に

やってきました。

 

そして、治療を終えた時に

「スピットン、とても汚れてますよ。

 これ、患者さんが見たら

 危険ですよ!」

 

と言ったそうです。

 

 

そう言われて、スピットンを見たところ

ドクターやアシストの目線で見ても

スピットンは綺麗で、特に汚れて

いません。

 

しかし、元スタッフに促されて

チェアーに座って、その目線で

スピットンを見て見ると

確かに、コップ置きのある下あたりに

赤いヌメリがあったり、黒くカビっ

ぽくなっているところがあったり!!

 

 

これを見て、その先生もスタッフたち

も、びっくりしました。

 

毎日、洗剤もつけて、スポンジで

綺麗に掃除もしているのに、

なんで!?

 

しかも、付いている汚れは

今日一日で付いたものと言うよりも

汚れが溜まってできるタイプの

汚れだったからです。

 

 

しかし、よくよく普段の掃除の仕方

などを考えてみると

その場所は、完璧に死角になっている

場所でした。

 

 

それは、歯科医である自分が見ても

とても気分の良いものではなく

 

掃除をしているとわかっていても

衛生面が不安になる光景

だったそうです。

 

 

そのドクターは、

それが患者さんの視界に入っていると

思うと、とても恐ろしくて

その日から、すぐに掃除の仕方や

チェックすべき場所をスタッフと

相談して徹底して変えたそうです。

 

 

なので、今ではスピットンの隅々

まで覗き込んで綺麗にしていると

言うことでした。

 

 

ここでは、元スタッフがチェアーに

座ったことによってドクターや

スタッフに見えない死角の汚れを指摘

してくれました。

 

しかし、普通は死角に汚れがあっても

それに患者さんが気づいても

ほとんど教えてくれないでしょう。

 

 

教えてくれても、その患者さんは

衛生面にとても不安を感じて

その後、来院されなくなるかも

しれません。

 

ほどんどの人は、気づいても

言わずに歯科医院からフェードアウト

してしまうと思います。

 

そして、口コミで

「あの歯科医院は衛生面がだめ!」

 

「汚い」

などと言う情報が広まること

でしょう。

 

今では、一時期ニュースになった

歯科医院のタービン使い回しが

あったのもあり、患者さんの意識は

より敏感になっています。

 

特に、医療と言う場において

衛生管理は、とても重要視されます。

 

 

 

 

遠くからスピットンをチェックする

のではなく、患者さんと同じ目線で

近くでチェックするクセが

必要です。

 

そのためには、チェアーに実際に

座ってみると良いと思います。

 

そうすれば、

患者さんが本当に見ている

目線を理解できるからです。

きっと、今まで見たことのない

部分が見えてゾッとしますよ。

 

 

もちろん歯科医師が毎回

清掃する必要はありませんが

 

 

院長が、ただ口だけで指示する

よりも、院長が自ら動いて

スタッフに掃除する姿勢を

まずは見せる事がすごく大切です。

 

 

 

さっそく今日から

スピットンを患者さんの目線で

覗いてみて下さい。

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。

 

口コミで100医院以上が参加

 

地域で1医院限定なので先着順です!

 

→歯科開業医ネットワーク

コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。


口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!



 

→歯科開業医ネットワーク

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事