歯科医院のスタッフのバスの交通費について

今回は、歯科医院のスタッフの

バス通勤の交通費について

お話したいと思います。

 

 

スタッフの交通費は

誰でも支給しますよね。

 

しかし、一口に交通費と言っても

電車代、バス代、車のガソリン代など

様々な交通手段があります。

 

 

電車代は分かりやすいので良いとして

バスの交通費の支給の基準を

知っていますか?

 

 

多くの一般企業が導入しているのが

最寄駅から2キロ以上の距離がある

場合は、バスの使用を認めると言う事

が多いです。

 

 

もちろん、もっと距離が短くても

バス代を交通費として支給しても

構いませんが、多くの企業では

2キロと定められています。

 

では、なぜ2キロが基準と

なっているのでしょうか?

 

それには理由があります。

 

 

その理由とは、2キロ未満の場合の

バスの交通費は

所得税がかかるからです。

 

スタッフの交通費に関して簡単に

説明します。

 

 

そんな事は知っていると思われる方は

読み飛ばして下さい。

 

 

通勤費は限度額がありますが、

その上限までは非課税通勤費で

給与計算されます。

 

非課税とは、字の通り課税されないお金

のことです。

 

通勤費が課税対象であると

例えば、電車代として給与に入れて

スタッフに支給したものが

そのままスタッフの所得として

計算されてしまいます。

 

そうなると、スタッフは所得金額

が上がってしまい、所得税が

増えてしまいます。

 

本当に給与が上がって

所得が上がって

所得税を多く払うのは良いですが

 

交通費は、確実に交通費の消えていく

ものなのに、それで所得額が上がった

と、みなされて、所得税を多く

払わないといけなくなると

大変ですよね。

 

そのため、通勤費は非課税である事が

望ましいのですが

 

一定の条件を満たしていないと

非課税通勤費ではなく

課税通勤費になってしまいます。

 

バス・電車を

利用する場合では

1ヶ月の交通費が

月額15万円までが非課税対象の

上限額でこれを超えると

課税対象になります。

 

 

その一方で、上限を超えなければ

どのような基準で支給をするのかは

特に決まっていないため、各会社で

自由に決めることが出来る状態です。

 

 

 

 

自由に決められるのですが

冒頭で言ったように2キロと言う

規定を利用している企業が

多いです。 

 

 

私のクリニックはもっと短い距離でも

バス交通費を出しますが

 

ただ、あまりにも距離が短いのに

交通費を申請申告するスタッフも

いるので注意して下さい。

 

実例として 

過去に、最寄り駅から400mで

バス代を請求してきたり

 

新橋から汐留までの一駅分の

ゆりかもめ代を請求してきた人もい

ます。

 

ちなみに、新橋から汐留は

歩いて3分ぐらいです・・・。

 

 

2キロを基準にしなくても良い

と思いますが

 

最低でも1キロは離れてないと

バス代はダメという感じにしないと

大変だと思います。

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

コスト低く、手間がなく経営効果を

出したい。

 

口コミで100医院以上が参加

 

地域で1医院限定なので先着順です!

 

 

コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。


口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!



 

→歯科開業医ネットワーク

 



開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事