治療の中断パターンを知ろう③

今回は初診中断の最後になります。

 

 

最後のパターンは

 

ラポールが出来てない時に

抜歯やその他、大きな治療の話を

してしまっているケース

 

これもよくあるケースです。

 

そしてこのケースの場合は

残念なことに時間が経っても

そのクリニックに再来院されない

可能性が高い状況です。

 

 

例えば、

 

「抜きたくない、できれば歯を

 残したい」

 

などの希望がある患者さんに

 

 

「これは無理ですね。

 この歯は残せないです。」

 

と初診当日、すぐに言ったりしている

場合です。

 

 

こう言った内容は、いくら初診時で

わかっていたとしても

初診ですぐに伝えるのではなく

 

このように言ってみてください。

 

 

「他の歯にも虫歯があるので

 その治療をしながら経過をみて

 一緒にどうするか考えましょう」

 

 

そして、2回、3回と他の虫歯治療で

患者さんが治療に通っている間に

その人といろいろ話してから

主訴の歯の治療をどう進めるのかの

最終決断を出してください。

 

 

なぜなら、実はこの時点では

歯科医師と患者さんとの間に

精神的ギャップがあるのです。

 

 

歯医者の思考

保存不可能な歯 = 抜歯

です。

 

でも、患者さんは

保存不可能かどうかは自分では

わからないし

どうにかならないかな?

治るんじゃないかな?

 

と思っています。

 

 

学術的に抜歯適用であったとしても

患者さんは、そんな事はわからないので

この先生を信用できるか

どうかで判断します。

 

そこで、

 

 

歯を抜いたり 

その他の大変な処置を

ラポールがない一回目で伝えても

受け入れてくれない可能性があります。

 

 

あくまで可能性であり

最初から先生に全てお任せ!

という感じで

受け入れる方も、もちろんいます。

 

 

そう言った患者さんであれば

初めから歯の状態をきちんと伝え

抜歯になる旨などを伝えても

問題ないでしょう。

 

 

しかし、そう言ったタイプの人なのか

どうかも含めて、初診では

見抜きにくいかと思います。

 

 

ですので

 

ここはすごく大切なことです。

 

 

学問的に正しい=患者さんが納得する

 

では無いという事です。

 

 

でも、多くの先生が

このパターンで話をすすめてしまって

います。

 

そこで、こう考えてみてください。

 

 

学問的に正しい 

⇒ 相手の気持ちを考えて話をする 

= 患者さんが納得する です。

 

 

学問的にいくら正しくても

歯科的知識がないのに

矢継ぎ早に口腔内の現状を話されても

理解できません。

 

 

相手の気持ちを考えて話をする

 

このステップが重要です。

 

これを経て、ようやく患者さんに

伝わったと言えます。

 

これを踏まえずに

患者さんの気持ちを考えず

寄り添わず、いくら説明をしたところで

歯科医師側は「伝えた」と思っていても

 

患者さんからすると

 

「先生が勝手に喋っている」だけ。

 

 

何も伝わらず、信頼なんて

得られません。

 

 

例えば

こんな主訴の人がいたとします。

 

 

『半年以上前から、歯ぐきから出血

 している。歯も揺れるし、

 見た目も変な気がする。』

 

 

実際に口腔内をみて、レントゲン撮って

みて、あなたは「ガン」だと診断

しました。

 

 

そこで

 

『これは、かなり進行している

 ガンです。 

 

 すぐ紹介状書くので大きな病院に

 行って近々オペして下さい。

 

 でもかなり進行しているので

 ガンが転移しているかもしれません。

 転移した場合では・・・・・。』

 

と言うでしょうか?

 

たぶん言わないと思います。

 

 

理由は

しっかり相手の気持ちを考えている

からです。

 

 

この場合、できるだけ早く病院に

紹介状をかいて、行ってもらうのは

大切ですが、相手の気持ちを考えると

こんなふうに伝えることは

できませんよね。

 

もう少し、気持ちに配慮して

適切な言葉を探して

少しでも衝撃が少ないように

伝えようとしますよね。

 

 

それと同じように

抜歯が必要である場合や大きな治療など

が必要な場合は

相手の気持ちを考えて

言い方や、どのタイミングで言うかを

考慮してみてください。

 

 

抜歯などは、こちらにすれば

毎日何件もすることもある位

頻度の高い処置です。

 

言ってしまえば

大掛かりな処置ではないかも

しれません。

 

 

 

患者さんが、思っているほど痛みもなく

簡単に行える処置かもしれません。

 

しかし、患者さんにしてみると

どうでしょう?

 

 

自分の限られた数の歯を抜くことへ

不安を感じるのは当然のことだと

思います。

 

 

 

それを初診で初めて会ったドクターに

サラっと「なんてことは無い」ように

説明されたら・・・

 

 

こちらの不安をわかってくれていない

 

自分の歯の事を考えてくれていない

 

と思ってしまうのでは

無いでしょうか。

 

 

事実を伝えて、患者さんに自分の状態を

わかってもらうことは大切です。

 

 

 

きちんと理解してくれた上で無いと

大変な治療になって必要来院回数が

多くなった場合、

それこそ中断患者さんになって

しまいます。

 

 

きちんと説明はするけれど

相手の気持ちを考えて、言葉を選び

歯科知識の少ない患者さんにも

しっかりと理解してもらえるように

言葉を選び、お話するタイミングを

考えて説明しましょう。

 

 

 

もちろん患者さんが抜歯などを

すでに受け入れている様子であれば

初回に話しても問題ありません。

 

 

現状を伝えるという事だけでなく

相手にどの様に話したら

その現状を受けて止めてくれるかを

どれだけ考えられるかが

信頼されるドクターになる

大切な事の一つだと私は思います。

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事