院内感染防止対策の新施設基準(診療報酬 2018年)

院内感染防止対策の新施設基準
(診療報酬 2018年)

 

 

時代の流れですが、
院内感染などの基準が厳しくなってます。

 

 

患者さん目線で考えれば、

安心した治療器具で治療を受けたいのは当然のことですし

少しずつ整備されるのはと良いなと思います。

 

 

しっかり基準を満たして、届け出をだすことで

初診料や再診料のプラス算定ができますし。

 

 

実際に院内感染防止対策の基準を満たして届け出をすると

以下の保険点数となります。

 

 

【届け出あり歯科医院】

初診料 +3点の237点

再診料 +3点の48点

 

 

 

【届け出無し歯科医院】

初診料 -8点の226点

再診料 -4点の41点

 

 

 

外来環は、

上記の基準を導入した為に点数が少し下がってます。

初診 -2点 23点

再診 -2点 3点

 

 

 

 

ところで!

この院内感染防止対策の新施設基準(2018年)

基準を満たす為の条件をお伝えします。

 

① 院内感染予防対策が行われていること。

 

 

② 当該対策に関わる研修を修了した
常勤の歯科医師が1人以上配置されていること。

 

 

③校区内で使用する歯科医療機器等にたいする、

患者ごとの交換や専用の機器を用いた洗浄・滅菌処理を

徹底する等の十分な感染対策を講じていること。

 

 

④感染症患者に対する体制を確保していること。

 

 

⑤当該対策に関する研修を定期的に受講していること。

 

 

⑥歯科診療に関わる医療安全対策を

実施している旨の院内掲示を行っていること。

 

 

⑦当該対策等の体制を地方厚生局等に報告していること。

 

 

しっかり滅菌しましょうっていう、
医療として至極真っ当なことですね。

 

 

⑧

 

 

ニュースや新聞等でも

『タービンや切削器具』などの使い回しについて

問題視されています。

 

だからこそ、通って頂いてる患者さんに
アピールするのも大切です。

 

滅菌するのは歯科医療として当然として、

いかにその取り組みを

来院してくれてる患者さんに認識してもらえるか。

 

その辺も非常に重要なので意識してみて下さい。

 

 

ブラインド化システムでは

地域で差別化になる患者さん配布用資料をご提供してます。

 

詳しくはこちら。
無料サンプルもあります。

 

 

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事