院内感染防止対策の新施設基準(診療報酬 2018年)

院内感染防止対策の新施設基準
(診療報酬 2018年)

 

 

時代の流れですが、
院内感染などの基準が厳しくなって

います。

 

 

患者さん目線で考えれば、

安心した治療器具で治療を受けたいのは

当然のことですし

少しずつ整備されるのはと良いこと

だと思います。

 

 

しっかりと基準を満たして

届け出をだすことで

初診料や再診料のプラス算定

加算出来ることは、医院にとっても

メリットになります。

 

 

 

 実際に院内感染防止対策の基準を

満たして届け出をすることにより

以下の保険点数となります。

 

 

【届け出あり歯科医院】

初診料 +3点の237点

再診料 +3点の48点

 

 

 

【届け出無し歯科医院】

初診料 -8点の226点

再診料 -4点の41点

 

 

 

外来環は、

上記の基準を導入した為に点数が

少し下がっています。

初診 -2点 23点

再診 -2点 3点

 

 

 

微々たるものと思う人もいるかも

しれませんが初診も、そして特に再診

について言えば

毎日、何人もの人が再診で受診され

また、月に1度しか算定出来ないと言う

ものではないので、一度の加算は少しでも

患者さんの数、来院回数だけ加算される

と思うと、かなりの点数にはなります。

 

 

 

となれば、是非、加算したい!

となりますが

 

そのためには基準を満たす必要が

あります。

 

 

それをクリアして、

届出を提出しましょう。

 

では、この院内感染防止対策

の新施設基準(2018年)

基準を満たす為の条件

お伝えします。

 

① 院内感染予防対策が

  行われていること。

 

 

② 当該対策に関わる研修を

  修了した常勤の歯科医師が

  1人以上配置されていること。

 

 

③ 校区内で使用する歯科医療機器等

  に対する、患者ごとの交換や

  専用の機器を用いた洗浄・

  滅菌処理を徹底する等の十分な

  感染対策を講じていること。

 

 

④ 感染症患者に対する体制を

  確保していること。

 

 

⑤ 当該対策に関する研修を定期的に

  受講していること。

 

 

⑥ 歯科診療に関わる医療安全対策を

  実施している旨の院内掲示を

  行っていること。

 

 

⑦ 当該対策等の体制を地方厚生局等

  に報告していること。

 

 とあります。

 

なんだか、こう堅く書くと難しいことを

言われてるような気になっちゃいますが

要は、

しっかり滅菌しましょう!

+α 必要な講習は受講しましょう

 

と言うことです。

しっかり滅菌することは
医療として至極真っ当なこと

ですよね。

 

 

⑧

 

 

ニュースや新聞等でも

『タービンや切削器具』などの使い回し

について問題視されています。

 

一時期は、連日誌面を賑わせることも

ありました。

 

 

それほどまでに、世間では

歯科器具が使い回しされていること

に対して、衝撃を受け、不安を持って

いるのです。

 

 

だからこそ、通って頂いてる患者さん

にアピールすることも大切なのです。

 

 

滅菌するのは歯科医療として

当然として、

いかにその取り組みを

来院してくれてる患者さんに

認識してもらえるか。

 

その辺も非常に重要なので

意識してみて下さい。

 

 

ブラインド化システムでは

地域で差別化になる患者さん配布用資料をご提供してます。

 

詳しくはこちら。
無料サンプルもあります。

 

先生は患者さんの歯の年齢を伝えられますか?


簡単に数値化できるシステムがあります。



 

→歯の年齢診断プロ

 

手間なく売り上げを増やすには待合室動画が必須!
でも、動画に50万や100万も払っていませんか?


今だけのお得な特典があります。詳しくはサイトで。



 

→手間なし動画くん

 

→手間なし動画くん



コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。


口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!



 

→歯科開業医ネットワーク

 

→歯科開業医ネットワーク



開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事