歯科医院の看板製作のポイント

前回、

『人の目につく、分かりやすい

 歯科医院や医院看板にする。』

http://haisyakaigyo.com/?p=635)で

 

どういう看板が目立つのか?

そのポイントについてお話しましたが

 

今回は

実際に看板を作る際のステップに

このポイントを落とし込んでいきます。

 

 

 

では、まず始めに看板を作製する際に

いくつかポイントがありますので

それらも順を追って解説していきます。

 

 

 

 

看板を作製するときは、

 

出来るだけ大きくしてさい。

 

看板は、大きければ大きい方が

いいです。

 

とは言え、開業する前に内装を

請け負っている業者やデザイン会社

看板の製作デザインも提案してきて

くれると思います。

 

 

 

でも!!

 

 

この提案してくるものよりも

大きくして下さい。

 

 

これは、どうしてかと言うと

内装業者やデザイン会社は 患者さんを

増やす事が目的で仕事をしていません。

 

それよりも、お洒落なデザイン性を

考えて

 

 

顧客(院長)が納得する事を目指して

います。

 

 

 

確かに、開業前の段階のドクターだと

自分の医院を開業するにあたり

沢山の期待や理想がありますよね。

 

 

そして、せっかくするのだったら

お洒落にしたいと思うものです。

 

 

そんな中で、業者やデザイン会社が

出してきてくれる案は、まさに自分の

思い描くお洒落な医院に合った

看板デザインを提案してくれる事

でしょう。

 

 

 

しかし、それは裏を返せば

当たり障りなくお洒落なものであり

あまり一般的なものと

かけ離れたデザインを出してきません。

 

 

 

これでは、前回お話しした

目立つポイントには

あてはまりませんよね?

 

 

 少し思い出して下さい。

 

 

その他大勢がいる集合写真の中で

目立つことができるポイントは

他の人より少しでも大きい面積

違うポーズで目を引くことです。

 

 

集合写真で寝転がっている人は

目立ちますよね。

 

 

 

 

 

色味を周囲違う色にして下さい。

 

看板を目立たせるための要素として

色味は大きさと同じ位、大事な

要素です。

 

もし、大きさをかなり大きいもの

にしても、色味の選択を誤ってしまう

それに比例した効果は、残念ながら

期待できません。

 

 

せっかく大きな看板を作るのであれば

より一層目を惹くことができるように

色味も、しっかり考慮して

作製しましょう。

 

 

 

また、大きさに関しては

看板を出せる場所によって

限界がある場合もあります。

 

 

また、予算的にもそこまで大きなもの

は出せないと言うことがあるのであれば

大きくなくても、色味で

目立つようにしましょう。

 

 

 

では、その色味ですが

 

  • オレンジ
  • ピンク

 

は目立ちます。

 

 

 

ただ、これらの色は

かなり好みが分かれると思います。

 

 

しかし、

目立つ事を目指して、そのために

オススメな色ならば、この辺の色です。

 

しかし、これはあくまで実際に

『目立つ色』をお伝えしたまでで

好き嫌いがあると思いますので

そこはあまり無理せずに

参考程度にして下さい。

 

 

なぜなら、この看板の色味がある程度の

クリニックのメインカラーになります

ので、よく考えてください。

 

 

 

目立つことは、とっても大事です。

 

 

だからと言って、自分の嫌いな色味を

大々的に看板にして

医院のイメージカラーになってしまうと

正直、毎日出勤する度に

辟易してしまうかもしれません。

 

 

自分がやっと開業した医院なのに

それは辛いですよね。

 

 

看板での宣伝効果が期待できたとしても

自分の医院を、なかなか好きになれない

なんて事になってしまっては

良くありません。

 

 

 

医院のイメージカラーなどに

全くこだわりがないのであれば

別ですが。

 

 

 

 

加えて、先ほど紹介した色味は

 

・オレンジ・赤・ピンク  

 

と、どれも派手なので、ちょっと医院の

目指す方向性と違ってくるケースも

あるので、それも注意が必要です。

 

 

 

極端な例えになりますが

医院の内装を黒っぽくして無機質で

モダンでおしゃれなものにしている

医院があったとします。

 

 

その医院の看板が、先ほどのような

色味の看板だったらどうでしょうか?

 

 

 

内装のかっこよさに反して

看板がピンク!

 

 

目立つには目立ちますが・・・

患者さんも、きっと「えっ!?」と

なりますよね。

 

 

また、看板の色味から明るいポップな

イメージで入ってこられた患者さんも

あまりのギャップにびっくり。。。

 

 

そして、無機質でモダンでお洒落に

こだわった内装なのに

そう言った雰囲気が好きな患者さんが

看板のせいで来られない。

 

 

なんてことにも、なってしまいます。

 

せっかく、こだわりを持った医院なのに

それが伝わらないのでは意味が

ありませんよね。

 

 

 

ですので、看板の色は

赤・オレンジ・ピンクでなく

青や緑でも全然OKです。

 

 

ただ、その色味の中でも

すこしパステル系にしたり、濃くしたり

周囲とちょっと違う様にして下さい。

 

 

色には「青」一つとっても

とても多くの種類があります。

 

その中で、他と被らない、イメージに

合った色を探してみて下さい。

 

 

 

 

色はクリニックの雰囲気も大きく左右

するので、地域性や自分が目指す

クリニックのイメージと 合わせて

考える必要があります。

 

 

看板の注意事項は、

まだまだあるのです長くなったので

また今度お伝えします。

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。


口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!



 

→歯科開業医ネットワーク

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事