地域で有名な歯科医院を調べる方法

前回、

『歯科医院を開業する前の

 事前リサーチや調査』

http://haisyakaigyo.com/?p=703

 

で、自分が開業する場所を選ぶときに

 

地域で上手くいっている様な

 

強い歯科クリニックの近くで

開業しない方が良いとお話しました。

 

 

その理由は

新規開業の歯科医院は

その地域の患者さんの信用と信頼を

一から築きあげないといけません。

 

 

しかし近所に、もう既に

患者さんを集めている歯科医院があると

それが簡単では無いからです。

 

 

これは何も歯科医院だけのことではなく

飲食店やコンビニ、スーパーや百貨店

などの小売業でも同じことが言えます。

 

 

 

しかし、飲食店なら中華料理と焼肉、

和食、ラーメンとジャンルが違うと

隣接していても、そんなに大変では

ないかもしれません。

 

 

 

また、飲食店などは、近隣にあることで

どこかの目的のお店が

満席で入れなかった場合

お客さんが流れてくることも

ありますよね。

 

 

 

そう考えると飲食店などは

近くに流行りのお店があることは

メリットとなる可能性も大きいです。

 

 

でも、それ以外の小売業や歯科医院は

やはり周りに敵対する人気店や

成功している医院がない方が

確実に、成功しやすいでしょう。

 

 

では、自分が開業しようと思う場所の

周りの歯科医院がうまくいっているか

どうか?

 

を調べる必要があります。

 

 

その結果によっては、

また別の場所を開業場所の候補

として考えた方が開業した後が

成功しやすくなります。

 

 

なので、最初から

 

「絶対にここ!!」

 

と決めてしまわず、いろいろと

比較検討しましょう。

 

 

 

ところで

周りの歯科医院がうまくいっているか?

 

は、どうやって見極めたら良いので

しょうか?

 

今回はそれをお伝えしたいと思います。

 

 

見極めるポイントが4つあります。

 

 

これらを参考に

周りの歯科医院を調べてみて下さい。

 

 

 

① ホームページが充実して

  クリニック

 

 

ホームページが充実しているのに

患者さんが全然来ていないクリニック

あまりありません。

 

 

ホームページを充実させている先生は

ホームページだけでなく

他の事も必ずいろいろな事に

取り組んでいます。

 

 

そして、多くのことに取り組んでいる

と言うことは

それだけ熱心だと言うことですよね。

 

 

何でもかんでも、するのが良いと

言うわけではなく、その熱心さは

医院の経営の成功に必ず役立ちます。

 

 

また、ホームページが充実していると

多くの情報の発信ができるので

それによる集客もできているでしょう。

 

 

 

 

 

 駅看板やいろいろ看板を

  だしてるクリニック

 

 

 

駅看板を見かけることは

あると思います。

 

しかし、実際に自分が看板を出した

ことがないと、それにどれ程のコストが

かかっているか?って

あまり考えませんよね。

 

 

しかし、駅看板は出す場所によっても

価格は違いますが、かなり高いです。

 

 

 

と言うことは

駅看板を出している歯科医院は

そのコストをかけてもペイ出来ている

と言うことですよね。

 

 

それが出来ると言うことは

それなりに患者さんに認知されている

可能性が大いにあります。

 

 

100%とは言いませんが

駅看板を出せている歯科医院は

うまくいっている医院が多いでしょう。

 

 

 

 自分の目指すコンセプトと

  ほとんど同じクリニック

 

コンセプトが同じだと、

地域で差別化しにくいです。

 

 

冒頭でのお話でも出てきましたが

例えば飲食店でラーメン屋が

隣り合わせで並んでいて

どちらも同じ豚骨ラーメン専門の

お店だった場合、確実にどちらか一方は

経営が難しくなります。

 

 

これが、同じラーメン店でも

一方は「豚骨ラーメン専門」

もう一方は、「塩ラーメン専門」など

コンセプトが違えば、それぞれの味が

好きなファンがつくことでしょう。

 

 

 

しかし、同じ専門や客層を求めている

二店であれば

共存はできないでしょう。

 

 

これは、歯科医院も同じで

もし分かり易く「専門」と掲げている

ものが違うのであれば

共存は可能です。

 

 

例えば

「矯正専門」と「インプラン専門」

が隣接していたとしても

 

患者さんの層が違うし、地域の

患者さんがクリニックに求めるもの

自体が違うので問題ありません。

 

 

しかし、もし小児歯科専門を

唱っているクリニック同士が隣接して

いたら、共存は難しいでしょう。

 

 

また、一般歯科をしているクリニック

なら、専門治療ではなくて

クリニックのコンセプトとして

ターゲットとしている患者さん層が

あると、そこが重なると

専門分野が同じなのと同様

共存は少し難しくなります。

 

 

例えば、

院内のインテリアなどを北欧系にして

おしゃれで落ち着ける空間にし

仕事帰りの人が来院し易い時間を

診療時間に設定しているクリニックが

あります。

 

 

審美治療もします。

もちろん一般歯科もします。

 

 

年齢層的には20代から40代

くらいの人がターゲットで

仕事帰りでも行ける歯科医院。

 

 

大掛かりな専門治療などが

目的なのではなく

少ない痛みで、綺麗な歯にすると言う

コンセプトだった場合

このコンセプトと似たような

クリニックが隣接すると

患者さんはどちらかにしか

行きませんよね?

 

 

 

なので、同様のコンセプトの

クリニックを近くで開業すると

少し難しくなるでしょう。

 

 

 

 

 スタッフの教育レベルが高いと

  思われるクリニック

 

 

患者さんは歯科医師だけを評価して

歯科医院を選ぶ訳ではなく

 

スタッフなども含めて評価しています。

 

 

その為、スタッフ教育が

行き届いているクリニックは

患者さんに支持されている可能性が

あります。

 

 

これは、何も治療技術だけでなく

挨拶や対応などの接客技術もです。

 

 

 

これらのスキルが、

全体で高いクリニックは間違いなく

患者さんがクリニックを選ぶ際の

ポイントとなります。

 

 

こんなクリニックが近くにあるのに

開業すると、ここ以上の教育を

スタッフに徹底することは

必至です。

 

 

しかし、それが出来たからと言って

患者さんは気に入って通院している

歯科医院に行くのを止めてまで

新しく出来た医院に行って

比較したりしませんよね。

 

 

 

と言うことは

その医院の既存患者さんを

自分の医院に来てもらうように

することは、かなり望みが薄いでしょう。

 

 

 

 と、ここでは以上4つのポイントだけ

ですが、これらを見極める一つの

基準にしてください。

 

 

見極めるためのポイントは

 

 細かい事ではまだたくさんありますが

 

簡単にはこんな感じです。

 

もちろん地域の人口との比較もあるので

 

これだけで開業場所の選別をする訳では

ありませんが

少しこう言った点で物事をみるのも

良いと思います。

 

 

開業場所をどこにするかで

歯科医師として経営者としての

人生の多くは決まっていると言っても

過言ではないと思います。

 

 

ですので、いろんな視点から判断して

 

より良い条件で開業をできるように

 

情報を仕入れて判断して下さい。

 

 

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

 

コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。


口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!



 

→歯科開業医ネットワーク

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事