専門性を高めよう!

専門性を高めるか、

それともマルチプレーヤーで行くか。

 

 

 

医科の世界は

扱う情報量が多すぎるために

 

どんどん専門性が細分化されてきて

います。

 

 

1人で多くの分野を把握するのは

不可能な量になって来ているのです。

 

 

そして、これは医科に限らず

 

歯科も同じことが言えると思います。

 

分かりやすく言うならば、

歯科矯正と一般歯科は既に

別の医院として

確立されていますよね。

 

 

もちろん、歯科矯正を専門にしている

歯科医院で虫歯治療が出来ないわけ

ではありませんよね。

 

しかし、それは同じ口腔内のことで

あっても、治療に関して

専門的な知識、技術が必要なため

矯正専門として医院が

成り立っています。

 

 

もし、矯正歯科の患者さんに虫歯が

あったりしたら、一般歯科や

子供の患者さんであれば小児歯科を

している歯科医院に

それらの治療だけはお願いして

矯正歯科では、本当に矯正治療しか

しないことも多いです。

 

 

また、矯正歯科ほど

「矯正治療しかしない」

と言うのではありませんが

 

インプラント治療も専門に行っている

医院も増えてきました。

 

もちろん、インプラント治療をするに

あたり、歯周病やカリエスの処置が

必要なこともあるので、インプラント

をする患者さんに限り、それらの処置

も医院ですると言うコンセプトを

持っている医院です。

 

インプラント専門と謳っている医院

では、インプラント治療をする

患者さんしか受け入れません。

 

 

このような専門分野を確立している

医院は、多くありますし

患者さんにとっても、この治療なら

あの医院に行けば安心!と思えるので

良いと思います。

 

 

しかし、まだ研修医であったり

いろいろな医院で勤務医で働いている

段階のドクターにとって

この専門分野を1つに決めるのは

まだ早いでしょう。

 

研修医のドクターなら、とにかく

一般的な治療を一通り、問題なく

出来るようになることが

まずは、大切です。

 

そして、勤務医のドクターであれば

自分が開業する時のために

自分の興味のある専門分野の医院に

勤務し、その専門分野をしっかり習得

し、自分のモノにすると良いですね。

 

 

もしくは、勤務医の間であれば

最初は矯正専門医になりたいと

思っていたけれど

やっぱり違う分野が良いと

思えば、また違う分野の医院に勤務し

学べば良いと思います。

 

 

兎にも角にも

 

最低限は、どんな治療でも出来ないと

いけないと思いますが

 

 

臨床経験が10年近くになったら

あなたが、これって言うのに

エネルギーを投資しては

どうでしょうか。

 

それが医院の強みにもなりますし

 

1つの事を突き詰める事で

結果が出るのが加速的に

早くなります。

 

 

もちろん、

センスがあれば、すべて高いレベルの

マルチプレイヤーになるのも

良いと思います。

 

 

 

ただ、エネルギーを一つの事に

集中できれば出来るほど

結果が出ます。

 

エネルギーを分散すればするほど

1つずつは、さほど大した結果は

出せません。

 

 

今までの経験で、同時に複数のことを

完璧に成し遂げてきたと言う

自信がある人であれば、

複数のことに同時に挑戦するのも

アリだと思います。

 

しかし、なかなかそのタイプの人は

少ないと思いますので

 

出来れば一つの事にある程度

エネルギーを集中させるのが

良いと思います。

 

 

そして、一つのことが

自分のモノになったと思ったら

他にも得たいものがあれば

挑戦すると良いと思います。

 

 

あれもこれもと手を出して

結局どれも中途半端になってしまう

のが一番望ましくないからです。

 

 

どれも中途半端になると

鯔のつまり、専門分野を持っていない

ドクターになってしまいます。

 

専門性を高めれないと

たくさんある歯科医院一つになって

しまい、印象にも残らず

他と比較された時に

突出したものがありません。

 

今は、周りに同じように突出した医院

がなかったとしても、今後、自院の

周りに何か専門分野を持った医院が

開院した時に、患者さんがそちらに

流れていくことは大いに

考えられます。

 

 

ここで言う専門とは、

前述したような歯科矯正専門や

インプラント専門と言ったもの

ではありません。

 

これらが、その治療しかしない!

と言うのに対して、ここでの「専門」

は特化したものがあると言うだけで

良いのです。

 

一般歯科も小児歯科もしているけれど

歯周病治療に特化していると言う強み

を持った歯科医院になります。

 

もちろん、歯周病でなくても

自費治療や小児歯科でも。

 

一つでも良いので、何かに特化

していると、何も特化したものがない

医院との差は歴然です。

 

 

その強みを求めて、

患者さんは来院されます。

 

 

 

『バカと天才は紙一重』

と言いますが

 

 

そのエネルギーが

社会の役に立てば天才と言われ

 

 

そのエネルギーが

まったく社会の役に立たなければ

バカと言われるのかもしれません。

 

 

歯科の専門性は

必ず社会の役に立つことです。

 

 

フォーカスで行くか

マルチで行くか

 

それは、自由です。

 

自分の強みを生かせるのは

どちらなのか

 

マルチでも、フォーカスでも

どちらにしても

専門性を高めることは

確実に、歯科医院を成功させる

強みになります。

 

是非、専門性を高めましょう。

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

コスト低く、手間がなく経営効果を

出したい。

 

口コミで100医院以上が参加

 

地域で1医院限定なので先着順です!

コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。


口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!



 

→歯科開業医ネットワーク

 



開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事