理想的には、どんな患者さんに来院して欲しいかを考える。

理想的には、どんな患者さんに

来院して欲しいかを考える。

 

 

ペルソナって知っていますか?

 

 

有名なのはユング(心理学者)が

言っている

『本当の自分ではない

 社会的につけた仮面です。』

 

※これに関しては深堀しないので

 ご興味がある方はご自身で

 調べてみて下さい。

 

 

ただ今回、私が伝えたいペルソナは

マーケティング用語での意味です。

 

 

ペルソナとは、

商品を買う顧客の中で

一番のターゲットを具体的に想像上で

作り上げ、それによって出来たモデル

の事です。

 

 

マーケティング業界の方なら日常的に

使う言葉ですが、私たち歯科医師には

あまり聞きなれない言葉かも

しれません。

 

 

しかし、このペルソナ。

歯科医院を経営していく中でも

とても役に立ちます。

 

と言っても、これだけでは少し

わかりづらいかもしれませんので…

 

 

例えば、

1000万円の車を売ろうと思うと

 

ペルソナは

 

58歳 男性

職業は会社社長

年収4000万

身長177センチ

体重78キロ

趣味はゴルフ

時計はロレックス

スーツはゼニア

買い物は日本橋の三越

子供が二人いる。

家は港区のタワーマンション

好きな海外はハワイ

よく読む雑誌は○○

好きな本は○○

良く見るテレビは○○

性格は○○

 

 

などなど、

性格や、趣味趣向など

いろいろ細かい設定を出してきます。

 

 ここで手を抜いて

『お金持ちのおじさん社長』と言う

ようなイメージだけで括っては

ダメです。

 

 

目の前にその人がいるような感じで

そのモデルを作り上げます。

 

ここまで、モデルを完成させたら

次に、このペルソナが興味を引く

ようなマーケティング戦略をする

ことです。

 

 

なぜペルソナを作り上げるかと言うと

 

ペルソナを作る事で戦略の方向性が

ブレ難くなるからです。

 

 

考えてもらえれば分かると思いますが

同じ車でも250万円の車を売りたい

のだとすると、全くペルソナが

変わってきます。

 

 

たとえ同じトヨタ車だとしても

商品によってペルソナが

変わるのです。

 

 

 

同じ野菜でも

無農薬野菜を売るのと

普通の野菜を売るのでは

ペルソナが変ります。

 

 

 

どちらが良いではなく、商品に合った

ペルソナを考える事が大切です。

 

適当なペルソナでは意味が

ありません。

 

 

そして、

これは歯科医院も同じです。

 

 

歯科治療として括ったら

すべて同じですが

 

あなたが一番推している

治療があれば

その治療に対するペルソナを

考えてみてください。

 

 

そのペルソナにあったHP

 

そのペルソナにあった内装

 

そのペルソナにあった音楽

 

そのペルソナにあった院内の雰囲気

 

などなど

考えてみて下さい。

 

 

例えば、分かりやすく言うと

小児歯科を推しているとして

そのペルソナに合うHPは

 

子供の親が見て、分かりやすいような

HPですよね。

 

そして、院内の内装は

黒で統一されていたり

シックでモダンな印象を持たれる

ような内装では、絶対にありません。

 

いくら、それがお洒落であろうと

それでは、子どもの気持ちには

届かないでしょう。

 

大人より敏感に歯科医院を怖いものと

捉えている子どもにも

まずは、その歯科医院に行くことへの

恐怖を感じさせないような楽しそうな

内装である必要がありますよね。

 

音楽や院内の雰囲気も同じです。

 

 

大人相手の歯科医院だったら

スタッフのユニフォームも

キリッとしたシャープな印象のもの

で良いですが

 

ペルソナが子どもとなると

全く違ってきますよね。

 

出来るだけ、歯科医院っぽくない方が

恐怖心を与えずに、緊張をほぐすこと

ができます。

 

また、ユニフォームだけでなく

対応時にも、大人向けであれば

愛想が悪いのは論外ですが

必要以上にニコニコしなくても

良いですが

 

子ども相手となると話は別です。

 

子どもは、大人の表情をよく見て

います。

 

ただでさえ、苦手な歯科医院で

スタッフの人が笑顔でいてくれ

なければ、やっぱり緊張してしまうし

怖い場所だと言うイメージは

拭いきれないでしょう。

 

なので、スタッフは、にこやかに

仕事をすることで

常に院内の雰囲気も明るく

子どもに恐怖心を持たせないように

することが出来ます。

 

 

これは、あくまで分かりやすく説明

するために小児歯科を例にしました。

 

ご自身がペルソナを設定する時に

冒頭で書いたように出来るだけ細かく

人物像を設定しましょう。

 

 

毎日、日々の診療に追われていると

目の前の仕事をこなすことに

忙殺されて、本来、自分がどんな

歯科医院にしたいのか?

 

そのためには、どんな患者さんに

来てもらうと、理想の医院

そして理想の治療が出来るのか?

 

を忘れてしまいがちです。

 

なので、今一度どんな患者さんに

来院して欲しいかを考え

あなたが求める患者さん像を明確に

してみましょう。

 

 

そして、その明確にしたペルソナに

来てもらうためには

そのペルソナなら、どんな医院を

求めているかを考えてみましょう。

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

コスト低く

手間がなく経営効果を出したい。

 

口コミで100医院以上が参加

 

地域で1医院限定なので先着順です!

 

 

→歯科開業医ネットワーク

 

・ ・

 

歯科開業医ネットワーク 解説アニメ動画

 

コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。


口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!



 

→歯科開業医ネットワーク

 



開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事