どうしたら、患者さんが治療選択肢を選び易くなるのか。

 

どうしたら、患者さんが治療選択肢を

選び易くなるのか。

 

患者さんに

治療方針や沢山の選択肢を

しっかり丁寧にお伝えして

その中から、患者さんに選択して

もらうことが一番良い方法だと

思っていませんか?

 

 

確かに、治療の選択肢をたくさん

伝えて選んでもらうのも

1つの手法です。

 

患者さんの症例によりますが

治療計画は何個も用意する事が

出来る場合があります。

特に欠損が多い人や、自費も視野に

入れると、いろいろ提案すると

多くなります。

 

沢山の治療計画を立て

患者さんに提案するものが多いと

親切な気がしますが、

実はそうではありません。

 

 

今まで、患者さんに自由な選択をして

もらおうと選択肢を増やすために

沢山の治療計画を立ててきた先生は

「えっ・・・・・」と

思われるでしょう。

 

なぜ、選択肢が多いことが患者さんに

とって親切ではないのか?

それには、こんな研究があります。

 

あるスーパーでジャムの試食販売を

して、どの位が購買につながるかと

言う研究です。

 

その方法は、 あるスーパーの店頭で

週末にジャムを24種類用意し並べて

試食を実施した時と

 

同じく週末に6種類のジャムだけ用意

し、試食を実施した時の2パーターン

です。

 

いざ、実験を始めると

24種類のジャムが並んでいる時は

60%の人が足を止めて

試食をしました。

 

そして6種類のジャムの時は40%

の人しか試食をしませんでした。

 

 

これだけを見ると24種類の

ジャムの方が、やはりお客さんは

購入されるんだ!と思いますよね。

 

しかし、この実験の面白いところは

ここからです。

 

 

60%の人が試食した24種類

並べていたジャムの試食販売時と

40%の人しか試食しなかった

6種類だけの試食販売。

 

試食した人は24種類の方が多い

ですが、試食後の購買率は

どうでしょうか?

 

24種類の場合は、試食した人の

3%しか購入しませんでした。

 

そして6種類の場合は、

なんと30%の人が購入しました。

 

100人で換算すると

24種類は、

100×0.6×0.03

=約2人の購買

 

6種類の方は、

100×0.4×0.3

=12人の購買です。

 

なんと結果は6倍も違います。

 

 一見、24種類の方がお客さんの

食いつきは良いので、販売数にも

影響を出しそうですが結果は

違いました。

 

試食だけして買わない人が

大勢います。

 

それに比べて、6種類の方は

試食する人自体は少ないけれど

試食した人が買う確率は高いです。

 

この結果からも

選択肢が多ければ良いと言う事では

ないことが分かります。

 

 

これは、患者さんも同じです。

 

治療提案が多すぎると患者さんは

結局選べなくなってしまいます。

 

その結果、過去と同じ治療法か

無難な提案を選択したりします。

 

例えば、歯科治療ではありませんが

こんな経験はないでしょうか?

 

飲食店に行って、オススメのメニュー

が、とても沢山あって、最初は

「こんなにオススメがある!

 どれにしようかな」

と、ワクワクするけれど

色々ありすぎて迷いに迷って

結局考えるのが面倒になって

その結果、いつもと同じメニュー

どこでも食べられるメニューを

注文してしまう。

 

 

他にも、服を買いに行き

店員さんが沢山のコーディネートを

提案してくれたものの

結局、今までにも買ったことのある

ような、似たようなデザインの服を

購入してしまう。

 

 

多くの人が経験されたことのあること

だと思います。

 

 

選択肢が多いことは

自由度が上がるので

良いことに感じますが

全ての選択肢を理解し

決断するのには労力を伴います。

 

飲食店や服屋でさえ、そうなのです

から、専門知識が必要な歯科治療と

なると余計に負担は大きくなります。

 

 

私たち歯科医は、当然の事ながら

歯科の専門知識があるので

そんなに難しい事ではないと思って

患者さんに提案しています。

 

自費が嫌なら、このパターン。

将来性を考えるなら、このパターン。

と言った感じで、選択肢を絞って

いけるので選択肢が多くても

その中から簡単に選択できるでしょ?

と思ってしまいますが

患者さんにとっては、そうではない事

を理解しておく必要があります。

 

 

数多くの選択肢は患者さんを

混乱させてしまったり、

訳がわからなくなって

患者さんの本来の判断を鈍らせて

しまう可能性があります。

 

ですので、患者さんにとって

取捨選択し易く、分かり易い量の

選択肢を用意するようにしましょう。

 

もし、患者さんから

それ以上の選択肢を希望されたり

デンタルIQの高い患者さんで

しっかりと理解できるのであれば

多くの選択肢を提案するのも良いかも

しれませんが、まずは、より良い

治療法を数を絞って提案してみて

下さい。

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると

体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。

 

口コミで100医院以上が参加

 

地域で1医院限定なので先着順です!

 →歯科開業医ネットワーク

 

・ ・

 

歯科開業医ネットワーク 解説アニメ動画

先生は患者さんの歯の年齢を伝えられますか?


簡単に数値化できるシステムがあります。



 

→歯の年齢診断プロ

 

手間なく売り上げを増やすには待合室動画が必須!
でも、動画に50万や100万も払っていませんか?


今だけのお得な特典があります。詳しくはサイトで。



 

→手間なし動画くん

 

→手間なし動画くん



コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。


口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!



 

→歯科開業医ネットワーク

 

→歯科開業医ネットワーク



開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事