患者さんがクリニックに来院する為の動線は?

患者さんがクリニックに来院する為の

動線は?

集患システム

 

 

 

レスポンスデバイスと言う言葉を

知っていますか?

 

レスポンスとは、反応や応答と

言う意味です。

デバイスとは、装置や道具と言う

意味です。

 

直訳すると反応装置???

 

いまいち、ピンと来ませんよね・・・

 

では、少し分かりやすく言うと

レスポンスデバイスとは

広告に対する反応の手段先の事です。

 

反応の手段?

とまだ分かりづらいかもしれません

ので・・・例えば

 

一般的な会社が

 

パンフレット

ホームページ

チラシ

DM

ポスター

雑誌掲載

 

などの広告をかけます。

 

 

そして、それらの広告媒体を見た人が

どのようなアクションを取るか

その選択の事です。

 

 

 

具体的には、広告があり

その下部に問い合わせ先が掲載

しているとします。

 

例えば、商品の広告であれば

購入したいと思えば購入先

 

又は、予約が必要なものであれば

・電話予約

 

他にも予約以外にも質問なども

受け付けている

・メール問い合わせ

 

会社のHPの情報

・ウェブ

 

金額が一定額でないサービスである

広告の場合は

・見積もり

などもありますよね。

 

他には、

・小冊子請求

・無料相談

 

なども、広告の下に書かれている

ものがあります。

 

これは、それが一体なんの広告

なのかによって変わってくるの

ですが、何も一つの広告に対して

見た人にとって欲しいアクションが

1つではないこともあります。

 

電話予約でもOKだし

WEBで問い合わせもOK

まずは見積もりだけでも

ってこともありますよね。

 

そう言う場合は、広告の下方にも

電話番号・HPのURLを記載して

います。

 

そして、これらをレスポンスデバイス

と言います。

 

なんとなく理解してもらえたで

しょうか?

 

 

 

別にレスポンスデバイスなんて

言葉を覚える必要は全くありません。

 

では、今回私が何を伝えたいかと

言うと

『出口をしっかり考えて誘導すること

 が大切だと知って欲しい』

と言うことです。

 

 

 

あなたの歯科医院のホームページや

パンフレットがあるなら

それを見た人にどんな行動をとって

欲しいのかを、しっかり明記する事が

大切です。

 

医院のアピールや情報提供は

しっかり出来ているのに

それに対して患者さんにどう言う行動

をとって欲しいのか出口が曖昧に

なってしまっている歯科医院も

あります。

 

 

興味を持たせて、欲しいと思って

もらう事ばかりに注力していて

実際の行動を呼びかける事が

おろそかになってしまっていると

反応率は必ず下がります。

 

 

極端な例で歯科医院では

ないのですが

以前、私の家にあったチラシで

まさにこの出口が曖昧になっている

ものを見ました。

 

その広告は、スポーツジム系のもので

とても興味をひく内容でした。

料金もサービスも良いし、これは

良いなぁと思って見ていたのですが…

 

なんと、その広告、パッと見て

どこにも問い合わせ先が

見当たらないのです。

 

電話番号やWEB、どちらもです。

見ているこちらは、出口がなくて

ほぼ迷路状態になりました。

 

そして、よーくよーく見て見ると

とても小さい文字で、URLが書かれて

いたのです。

 

確かに、今の時代、気になることが

あれば、お店の名前さえあれば

すぐにインターネットで検索します。

 

なので、チラシに電話番号が

書かれていないからと言って

お店にどうやって連絡したら良いのか

わからないなんてことはありません。

 

自分で調べ出すことも簡単に

できます。

 

でも、電話番号やスマホで読み取れば

簡単にHPに接続されるQRコードが

掲載されているチラシと

自分でお店の名前を入力して検索

しないといけないチラシがあれば

見る側の立場には前者の方が確実に

親切ですよね。

 

 

どうしても、そこに行きたい

その商品が欲しい

他にはないと言うような情報であれば

なんとしてでも自分で調べて

その情報を知りたいと思いますが

「絶対にここ!」と言うほどで

なければ、わざわざ自分でアクセス

してと言う一手間がかかるだけで

「なんだか面倒くさいなぁ」

と感じる人がとても多いです。

 

ですので、せっかく、あなたの

歯科医院に興味を持ってくれた

患者さんが、その後しっかり

こちらが望む行動をとってくれるよう

に出来るよう、優しく誘導する事も

大切です。

 

こちらが伝えたい情報ばかりを

詰め込んで、患者さんが返事を

返したくても面倒で億劫になるような

ものではダメです。

 

どれだけ良いことが書いてあったと

しても、患者さんに手間をかけずに

誘導できるようにしていないと

そこに患者さんに対する

思いやりがありません。

 

 

入り口ばかりに目を向けるのではなく

出口もしっかり考えてみて下さい。

 

 

一連の流れを出来るだけキレイに

流れるようにすることが非常に

重要です。

 

患者さんにクリニックに来院して

欲しいと思うのであれば

患者さんが来院されるまでの動線を

しっかり意識して、患者さんが

アクションを起こしやすいように

しましょう。

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

 

手間なく売り上げを増やすには待合室動画が必須!
でも、動画に50万や100万も払っていませんか?

今だけのお得な特典があります。詳しくはサイトで。


 

→手間なし動画くん

 

→手間なし動画くん

 

コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。

口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!


 

→歯科開業医ネットワーク

 

→歯科開業医ネットワーク

 

先生は患者さんの歯の年齢を伝えられますか?


簡単に数値化できるシステムがあります。



 

→歯の年齢診断プロ

 

手間なく売り上げを増やすには待合室動画が必須!
でも、動画に50万や100万も払っていませんか?


今だけのお得な特典があります。詳しくはサイトで。



 

→手間なし動画くん

 

→手間なし動画くん



コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。


口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!



 

→歯科開業医ネットワーク

 

→歯科開業医ネットワーク



開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事