歯科医院のフェイスブックやツイッターなどのSNS活用

スマホが急速に普及して

今ではなんと15歳〜69歳の人

のうちの8割近くがスマホを

持っていると言うデータが

出ています。

 

 

そして、スマホの普及に伴い、

 

SNSもどんどん普及しています。

 

今や老若男女問わず

フェイスブック・ツイッター

インスタグラムなど、全てと言わずとも

何かしらは利用している人が多い

ですよね。

 

 

これだけの、SNSの拡大によって

SNSを利用した企業の宣伝広告や

商品紹介も急増しています。

 

 

これにも、企業がお金を払って

自動的に表示されるようにできる広告と

個人として医院のページを持ち情報発信

していく2つのパターンがあります。

 

企業などであれば、前者の方法を使って

いる場合も多く、確かに、これだけ

多くの人が高頻度で見るものなので

そこで広告を出すのは

とても有効な気がします。

 

 

 

最近では若者のテレビ離れが

進んでいます。

 

そのため、下手をするとテレビで

コマーシャルをするよりもSNSで宣伝

することの方が、かなり効果がある気も

します。

 

 

 

 

以前に

『歯科の初診増加方法』

http://haisyakaigyo.com/?p=754

 

で述べましたが、初診を増加させるには

外部対策(院外)と内部対策(院内)

で行えることがありましたね。

 

 

そして、外部対策には

ホームページ

駅看板

電柱看板

バス広告

バスアナウンス

地元新聞に取り上げられる

地元のテレビやラジオ

フリーペーパー

雑誌のインタビュー受ける

SNS

地域での講演

地域へのあいさつ回り

 

などの方法を挙げました。

 

 

 

そこで今回は

歯科医院がSNSをするかどうかです。

 

 

 

まず歯科医院でのSNSのメリットや

目的って何でしょうか?

 

私が思うに

 

 既存の患者さんによりクリニックの

  信頼性を上げたり

  ファンになってもらったりする事

 

 医院の口コミを増やす

 

ではないでしょうか?

 

 

歯科医院などは、いくら自発的に

宣伝するよりも、口コミの方が信頼性が

あり、集患を期待できます。

 

 

もし、知人が行っている歯科医院なら

それだけで、何も情報がない医院よりも

安心感があります。

 

 

さらには、どんな先生なのか?

 

医院の雰囲気は?

費用は?

 

などなど、いろいろな情報を

知ることが出来ます。

 

 

①のように既存の患者さんが

もし医院のことをSNSに投稿した場合は

それを見た人に医院のことが客観性を

持って伝わりますよね。

 

 

 

また、ツイッターやインスタグラムなど

であれば  ♯(ハッシュタグ)と

言われる検索機能があります。

 

なので、♯〇〇クリニックのようにつけて

投稿されれば、それでその医院に関する

投稿が検索できるので、歯科医院を

探している人も自分の知らない人の

投稿であっても医院に関しての情報を

知ることが出来ます。

 

 

これは、病院などの口コミサイトの

もっと気軽で、見やすい口コミに

なります。

 

 

また、同じ機能を利用して

自分の医院でアカウントを持って

どんどん情報を発信していけば

それだけ見てくれる人も

増えるでしょう。

 

 

 

また、その医院のアカウントに

どんどん紐づいていけば

より多くの人に情報が拡散されます。

 

 

と言うと、なんだかメリットばかりに

感じられますが、このメリットを得る

ためには

 

 

1)常に情報を発信し続ける事が

  大切です。

 

何か院内の面白い話や

 

自分がやったこと

 

歯の情報などを常に発信し続ける事が

大切です。

 

SNSは、毎日何件も投稿しなくては

ならないとまでは言いませんが

ある程度のスピード感と情報量が

ものを言います。

 

 

すごい内容の濃い情報を一度だけ

投稿したくらいでは

ほぼ、人の目に留まることなく

終わってしまいます。

 

 

なので、こまめにライトな内容でも

良いので情報を面白く

人の興味を引くように投稿していく

ことが大事です。

 

 

 

2)双方向のやり取り

 

基本的にSNSは

 

ホームページなどと違って

 

双方向でのやり取りが含まれます。

 

もちろん情報発信だけして

 

一方通行でのやり取りにすることも

可能です。

 

ただその為には、見てくれる人たちに

その旨をしっかり伝えておくことが

大切です。

 

 

 

質問したいのに、コメントできないように

設定していたりすると、見ている人は

それだけで「なんだ?この歯科医院?」と

なりかねません。

 

 

気軽なようで、暗黙のルールがあるのも

SNSです。

 

 

自分個人で友達と繋がるためや

楽しみだけのためにしているSNSなら

どんな状況でも構いませんし

 

それは個人の自由ですが

SNSを歯科医院の広告ツールとして利用

しようと思うのであれば

気をつけなければなりません。

 

 

SNSは不特定多数の人に

医院を知ってもらうことが出来ます。

 

また、口コミなども上手く広めることが

でき、さらに無料です。

 

しかし、SNSを歯科医院でスタート

するのは簡単なのですが

 

前述したようにマメにきちんと継続する

のが、意外と非常に労力かかるので

 

 

本当にやりたいか?

 

本当に続けられるか?

 

 

をしっかり考えてみてから

スタートしてみて下さい。

 

 

中途半端にしてしまうと

逆に医院の印象を

悪くしてしまうこともあります。

 

 

ホームページなども同じですが

せっかく気になったお店なのに

ホームページを調べてみると

最終更新日が、何ヶ月も前

だったりするとガッカリしますよね。

 

それと同じ感じです。

先ほども言ったようにマメで興味を引く

情報発信がSNSを利用して集患できるか

否かには必要不可欠な条件です。

 

 

上手に利用して、集患するのか

そこまでSNSに労力を費やすのは

無理だと思うか。

 

SNSを利用しなくても、他にも方法は

あるので、自分に合った方法を探すと

良いと思います。

 

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事