大学病院勤務をいつまで続けたら良いのか相談されました。

先日の事です。

とある大学病院勤務の人から
相談される事がありました。

 

それは

 

『いつぐらいまで大学病院で
 働いていても大丈夫

 でしょうか?』

 

と言った内容のものでした。

 

これに対して、

絶対これが正解だ!

という答えは無いのですが

 

ただ私が言える事は

もし将来は開業をするつもりでいる

のなら大学病院で勤務して

3~4年程度、経過したら
次は開業医で働く事がお勧め

だという事です。

 

まず、大学病院で働く事の

メリットは、歯科の分野の中でも

専門の先生がいるので個々の治療を
突き詰めて学ぶことが出来ます。

歯科医

 

 

また比較的、開業医よりも
治療時間の余裕があります。

 

 

開業医はどうしても

アポイントを詰めているので

ある程度「診療をまわす」

という感覚がありますが

大学病院はアポイントの数も少なめで

まわすと言うよりは

じっくり診るスタイルです。

 

 

その為に、患者さん一人一人を
丁寧に診療できます。

 

ですので、研修医卒の

いろいろなことを覚えていきたい

いろいろな症例を見てじっくり

学びたい時期の人には
とても良い環境かもしれません。

 

 

ただ、大学病院勤務と開業医での

勤務では、同じ歯科医業ですが

常識が全く違ってくることが

あります。

 

 

大学病院勤務の場合は

どうしても大学の看板が
あった中で治療するので
その看板無しの個人として

治療するのとでは

その診療スタイルに

かなりの隔たりがあります。

 

 

例えば、大学病院では大丈夫

だった対応でも、開業医で

同じ対応をすると患者さんからは
評価されないケースもあります。

 

大学病院と言うと

開業医の一般歯科で治療出来ない

症例などの場合に

紹介する先ですよね。

 

 

患者さんの意識としても

 

『専門の治療』

 

『ここ以上に、この治療を

 してくれる病院はない』

 

と思い大学病院に行きます。

 

 

なので、大学病院での先生の治療は

「絶対!」なところがあります。

 

しかし、同じことを開業医がしよう

としても、患者さんが少しでも

納得いかなかったり、不満に

思うことがあれば

 

「この先生嫌だなぁ。

 本当にその診断合ってる?

 腕が悪いのかな?」

 

「他の歯医者行ってみようかな?」

 

となってしまうことがあります。 

 

 

このような事を考えても

ずっと大学病院で勤務するのなら

そのままで良いのですが

開業する意思があるのなら

あまり長く居すぎると
大学病院でのスタイル
変えられなくなる場合もあります。

 

 

そんなに、違いが出るものかな?

と思われるかもしれませんが

実際に大学病院でずっと勤務

しているドクターと

一緒に働く機会があると

本当に「こんなに違うか!」

と驚かされます。

 

 

また、見ていても

このドクターは大学病院上がりだなと

言うのも一目瞭然です。

 

 

これは、もちろん大学病院に

長く勤めているのが悪いと

言っているわけではありません。

 

専門の治療に関して突き詰めていて

丁寧に治療されるところなど

さすが!の一言です。

 

しかし、先にも述べましたが

大学病院スタイルというのが

感じられるのも事実です。

 

 

こちらは、開業医として

やっているので要領よくサクサクッ

と診療をするように心がけています。

 

もちろん、きちんとした診断、

治療を行っています。

 

 

その上で、やはり同じ時間帯に

数名の患者さんのアポイントを

取っているので、順序を考えて

いかにアシスタントのスタッフと

連携を取って上手く同時に数台の

チェアーを回すかを念頭に

診察します。

 

 

ただ、大学病院勤務が長いドクター

には共通して、あまりそう言った

概念がないので、「サクサクッと」

と言うよりも、「じっくり」と

いう感じになります。

 

 

こうなると、当然のことながら

同時に数人のアポイントを

埋めている状態では

一人の患者さん以外は

待ちぼうけになりますよね。

 

 

それに、次から次へと

次のアポイントの患者さんが

来院されるので、たちまち

アポイントは、おしてしまいます。

 

患者さん自身も大学病院へ行く時は

「時間がかかるもの」

と言うスタンスで行っているので

治療に時間がかかっても

特に問題ありませんが

開業医に通院される患者さんは

違います。

 

 

やっぱり、時間は30分程度だと

思って来られているので

前もっての説明もないのに

それ以上の時間がかかってしまうと

それだけで、不満、そして不信感

へと繋がってしまうのです。

 

 

患者さんの時間に対する捉え方が

違うので開業医で大学病院スタイルは

通じないことが多いです。

 

 

 

また、あくまで大学は
教育機関と言う側面もあるので
本気で臨床を突き詰めたいのであれば

 

3~4年程度たったら開業医で

勤務して治療をすることをお勧め

します。

 

 

多くの人は開業していくのですから
一般開業の勤務先で成果を出す事が
将来に練習になります。

 

 

そして、開業医のもとで働く際には

自分が、いざ開業する時に

どのようにしたら良いのかも考えて

治療技術はもちろん

それ以外のことも、できるだけ多く

吸収しておけると良いですね。

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

手間なく売り上げを増やすには待合室動画が必須!
でも、動画に50万や100万も払っていませんか?


今だけのお得な特典があります。詳しくはサイトで。



 

→手間なし動画くん

 

→手間なし動画くん



コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。


口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!



 

→歯科開業医ネットワーク

 

→歯科開業医ネットワーク



開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事