患者さんに治療を受けたいと思ってもらう

以前に

 

『患者さんはなぜ自費治療を

 受けるのか?

 (歯科研修医でも大切)』

http://haisyakaigyo.com/?p=390

 

で、人によって何に価値を感じるのかは

違うと言うお話をしました。

 

 

簡単に言えば

価値観が違うと言うことです。

 

実は、その価値観が

人間の消費行動だけでなく

あらゆる行動に影響を及ぼしています。

 

 

本を、よく読む人は

本を読むこと自体に価値を感じて

います。

 

スポーツを、よくする人は

運動する事に価値を感じています。

 

グルメツアーをする人は

おいしい食事をすることに

価値を感じています。

 

 

消費行動だけでなく、日々の行動

人それぞれ価値観に基づいてます。

 

 

 

それなら、人によって価値観が違うの

だから、はじめから自費治療をする人と

しない人は決まっているのでは?

 

と思う人もいるかもしれません。

 

 

確かに価値観が完全に

決まっている人はいると思います。

 

 

でも多くの人の

価値観に振れ幅があるんです。

 

 

 

例えば

家で本を読むのが好きな人だとしても

友達に「BBQしようよ!」

と言われて

 

 

その時に

「みんなでバトミントンをやろう!」

 

と言われば

バトミントンをやりますよね。

 

 

 

頑なに、

「私は家で本を読むのが好きだから

 野外でのBBQはしないし

 バトミントンなんてもっての外!」

 

なんて断る人はあまりいないと思います。

 

 

 

そうなんです。

価値観は人それぞれあったとしても

 

人の話や意見を聞いたり

から紹介を受けたりすると

今まで価値をあまり感じていなかった事

関心のなかったものにも

興味が出てくる事があります。

 

患者

 

 

 

人は価値観で行動している事が

多いですが

情報や意見を伝えることで

その価値観が少し変化してくる

ことがあるのです。

 

 

そんな簡単に変わるかな?

 

と思われるかもしれません。 

しかし、これは、よく考えてみると

誰もが身に覚えがあるかもしれません。

 

 

 

どういう事かと言うと、

子供の頃はとても楽しみで重要だった

テレビアニメが大人になると

興味がなくなりますよね。

 

 

年齢や環境、情報、周囲の人の影響で

価値観がシフトしているんです。

 

 

例えば、

 

今まで白い歯なんて意識したこと

がなかったのに、友人がホワイトニング

をして、とっても綺麗になった。

 

 

笑顔も増え、性格まで明るく

変わったような・・・

 

そう言えば、大好きな女優さんも

歯が白くて綺麗!

 

やっぱり、綺麗の条件は白い歯だ!

 

 

と思う若い女性、とっても多いです。

 

 

それなら、この周囲などから影響を受け

変化していくと言う事は

患者さんの心理も同じです。

 

 

ならば、この変化する気持ちを

上手に活用しましょう。

 

 

と言われても、どうやって活用するの?

と思いますよね。

 

 

 

まず

「環境、情報、周囲の人の影響で

 価値観がシフトする」

 

ので、情報・周囲の人という点で

口コミがありますよね。

 

 

どんな立派な看板よりも

友人や家族からの口コミが一番

効果があると言うのは

自身に置き換えても

経験済みではないでしょうか。

 

 

そして、もう一つは

 

歯に対する意識を変えていくこと。

患者さんのデンタルIQを

高めることです。

 

 

デンタルIQは、個人差があり

もともと意識の高い人もいます。

 

しかし、残念ながら日本人は欧米と

比べて、デンタルIQがとても低いのが

現状です。

 

 

お洒落などには、とても関心があり

外見に気を配り、お金と時間を費やす割

歯に対しては殆ど気にすることが

ありません。

 

 

それでも、最近は芸能人の人たちの

綺麗な歯に感化されて、歯を白くする

ことや、歯並びを良くすることに

関心を持っている若い人も

増えては来ました。

 

 

 

この歯を綺麗にしたいという気持ちが

持続していけば、今は審美歯科にだけ

興味を持たれている傾向にありますが

 

ゆくゆくはメンテナンス治療にも

興味を持たれることも

増えて行くことでしょう。

 

 

今は多くの人にとって

「歯科医院には痛みが出た時に行く所」

と言う認識を持たれています。

 

 

痛みが出てから治療されるので

必然的に治療に麻酔が必要であったりと

 

治療にも痛みを伴うものが

多くなってしまいます。

 

 

その結果

歯科医院は痛いことをされる場所

         ↓

痛いことをされるので、出来るだけ

行きたくない

         ↓

痛みが出るまで行かない

 

 

と言う負のループになっています。

 

 

 

しかし、メンテナンスに意識が

向けられるようになると

 

メンテナンスは殆どの場合

痛みが伴わないので

歯のクリーニングをしてもらって

気持ち良いだけになりますよね。

 

こうなると、先ほどとは逆で

良いループになります。

 

 

このようになる為には

今、負のループに陥ってしまっている

患者さんに歯医者ギライを

治してもらうことです。

 

 

その為には、出来る限り痛みを伴わず

治療できることと、治療することに

よって患者さんにとって「得」と

感じることが多いようにすることです。

 

 

その「得」という感覚も人それぞれ

基準は違うものですが

 

「痛く無くなり、綺麗になった」

となれば

痛くて汚かった頃よりは、

必ず「得」と感じますよね。

 

 

あとは、歯医者ギライの人の歯を

綺麗な状態に持って行くまで

しっかり患者さんに通院してもらう

ことです。

 

 

真面目に通院してくれれば

きちんと治せるものでも

痛くなってしか来られない患者さんは

治療途中で中断してしまうことも

多いです。

 

 

こうなっては、

また同じことの繰り返し。

 

 

そうならない為に

患者さん自らが「行きたい!」

と思うようにする事が

とても大切です。

 

 

そして

「あの先生に治療してもらいたい!」

思ってもらう事です。

 

 

なかなかハードルが高いと思われる

かもしれませんが、患者さんは

一度ファンになってくれると

あとは絶対的な信頼を寄せてくれます。

 

 

その結果、今までは

痛みを伴う治療をするだけで

中断されていた患者さんでも

 

「あの先生に治療してもらえるなら。

 痛みを伴う事は仕方のない

 内容の処置なんだ」

 

と理解してくれるようになるのです。

 

 

 

こうして、しっかり治療に

通うようになってもらえれば

 

あとは、しっかり歯を綺麗に治せば

それだけで患者さんは

歯が綺麗になったことに

嬉しさも達成感も感じることが

出来ます。

 

 

そうなると、今まで無頓着だった

歯に対しても

 

「あの先生に治療してもらって

 他の歯も治したい!

 もっと綺麗にしたい。」

 

と、良い意味での欲が出てきます。

 

 

そして、そんな患者さんは

自分の周りの人に

歯が綺麗になったことや

いかに自分の担当医がオススメか

口コミを広めてくれます。

 

 

そうなると、その口コミを聞いた人は

間違いなくその先生に治療して

もらいたいと思いますよね。

 

 

日本人のデンタルIQを一気に高める

ことは難しいですが

 

自分の患者さんに「得」を感じて

もらう治療をすることは出来ます。

 

 

 

そして、治療を受けたいと

自ら思ってもらうようになって

もらう事になります。

 

それが結果、デンタルIQを高め

より治療を受けたいと自ら思う環境を

作り上げることにります。

 

 

始めは雲を掴むような感覚かも

しれませんが、ファンを作る気持ちで

治療してみると

意外にうまくいくかもしれません。

 

 

 

患者さんにとって、どういった治療が

得なのかを考え行動することで

 

患者さんから治療を受けたいと

思ってもらえるようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事