バックトラッキング

バックトラッキングと言う言葉を知っているでしょうか。

 

 

これはNLP用語です。

 

 

バックトラッキングの前に、

NLPについてお伝えしますね。

 

 

NLPとは日本語では

 

神経言語プラグラミングと呼ばれ

 

脳の取り扱い説明書と呼ばれる心理学の1つです。

 

ではバックトラッキングは何なのかというと、

 

日本語でいえばオウム返しのことです。

 

 

例えば

 

『こないだ台湾で小籠包食べたんだ。』

 

『小籠包食べたんですね。』

 

と相手の言葉を繰り返すことです。

 

 

心理学を意識せずにやっている人もいますよね。

 

特に女性などコミュニケーション力が

 

ある人は上手だったりします。

 

 

ところでこのバックトラッキングを

 

診療やスタッフとの会話で使ってますでしょうか。

 

 

それとも、相手の話に対してただ聞くだけだったり

 

すぐに次の質問をしたりしてないでしょうか。

 

 

もしかすると会話は成立しても

 

人間関係では少し損をしているかも知れません。

 

 

『いやー別にオウム返ししなくても、

 

しっかり相手の言っている事は分かっているし。』

 

 

って思うかも知れません。

 

 

確かに、相手の話を聞いて先生は
理解しているかも知れません。

 

でも相手は理解されていると感じているでしょうか。

 

 

もしかしたら先生は理解していても、

 

相手は理解されたと感じてないかも知れません。

 

 

その為にバックトラッキングは非常に重要です。

 

 

 

 

ただ多くの人はバックトラッキングを

ちゃんと聞いていると感じてもらう為と
思っている人もいますが

 

 

実はもっと重要なことがあります。

 

 

バックトラッキングで得られることは
他にもあるんです。

 

 

それは

 

『先生は私の仲間だ。』

 

 

と感じてもらうことです。

 

 

人間はだれでも本能的に
安全の欲求というのがあります。

 

相手が自分と違えば違うほど、

 

何となく不安になってしまいます。

 

 

極端な例でいえば、

 

アマゾンの原住民の所に

 

私たちが行けばお互い不安や恐怖を感じるのと一緒です。

 

 

逆に、同じ服装や同じ言葉使いだと

安心感を与えられます。

 

そのためにもバックトラッキングが重要です。

 

治療の前にまずは
しっかり安心してもらう為です。

 

 

以前にテレビである女性の芸能人がこんなことを言ってました。

 

 

『一緒にご飯を食べて、私が「これうまい!」といつも言うのに

 

相手は毎回「おいしいね!」と言うんだよ。

 

 

こっちがうまいと言っているんだから、
向こうもうまいと言えば良いのに

 

 

なんでおいしいと言うんだよ!』

 

 

と非常に怒っていました。

 

女性同士の食事の出来事みたいです。

 

この女性芸能人にとっては、

 

自分はうまいと言っているのに

 

相手が同じ言葉を使ってくれないことで
仲間じゃ無いと感じてしまっているのです。

 

裏を返せば、同じ言葉を使って

 

仲間として気持ちを共有したいのです。

 

この様に共感しているようでも
もしかすると上手く言ってない事もあるので

 

ぜひバックトラッキングをして下さい。

 

患者さんが問診中に

 

『1ヶ月前から何度も歯ぐきが
腫れたりして痛んでいるんです。』

と言われたら、

ちゃんと歯ぐきと言って下さいね。

その時は歯肉と言わないようにすると良いです。

 

 

コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。


口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!



 

→歯科開業医ネットワーク

 



開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事