歯科助手や衛生士に改善して欲しい事を伝えるタイミング

何かスタッフに問題があり

変えてもらった方がいいなと思う部分って

ありますよね。

 

 

それが、アシストについてくれている時の

動作の事だったり、治療の仕方について

と言ったような、細かい内容だと

すぐにスタッフ本人に言えますが

性格や気質に関する点だと

なかなか言いづらいものですよね。

 

 

しかし、

ミスがあったりすると

あ~だから!

と感情的に相手に伝えたくなります。

 

 

 

でも、だからと言ってミスがあった時に

一気に思っていることを言っても

残念ながら、スタッフの心には

全然届きません。

 

 

 

 

スタッフも自分がミスをしているから

とくべつ口答えもしません。

 

 

 

でも、ミスがあった時に

その時にしてしまったミス以外の事を、

ガミガミ言われても、

なかなか改善しようと思わないのです。

 

 

 

 

例えば、些細な事ですが

治療の準備に不備があったとします。

 

この時に叱る点は

もちろん準備の不足ですよね。

 

でも、治療をしている途中に

その不備に気づいて、治療がスムーズに

いかなくて、少しイライラしてしまいます。

 

 

そうなると、今回の準備の不足だけではなく、

 

「そう言えば、このスタッフは

 よくミスをするな・・

 

 その割には、マイペースで焦った様子も

 見ないし・・・

 

 いつものんびりしていて、他の時も

 一人遅くて待たされたな・・・」

 

 

と今までのことも色々と思い出してきます。

 

 

こうなると、本来叱るべき点だった現時点の

事だけでなく、

 

「なんで、これが準備できていなかったんだ!

 

 だいたい、〇〇さんはいつもいつも、

 やる事が遅いんだよ。この前だって・・・」 

 

と、色々な過去のことや、普段気になって

いた事を言ってしまいます。

 

 

 

でも、これを言われた本人は

準備不足だったミスについては理解し反省

していても、その他の感情のままに

怒られている内容については、

『?』となっています。

 

 

また、

「今までそんな風に思われていたのか・・・」

と凹んでしまうでしょう。

 

 

それが、改善への原動力となれば

良いのですが、

この伝え方だと、そうなるのは難しく

それどころか、

 

「先生は過去のことまで、掘り返して

 ネチネチと・・

 

 思っているなら、その時に言ってくれれば

 良いのに!」

 

などと、DRへ対しての不満になってしまう

可能性すらあります。

 

 

 

こうなると、素直にDRの言う事が聞けず

本当に必要な注意だったとしても

 

「また言ってるわ」

 

と聞き流してしまうなんて最悪な事態にも

なりかねません。

 

 

 

これでは、本当に改善してほしい事なのに

相手に聞く耳がないので、いくら言っても

無駄になってしまいます。

 

 

 

では、どうすれば良いのかと言うと

相手にミスがあっても、その時は

ぐっとこらえて、一旦冷静になり

何もない時に冷静に話す事です。

 

これは前回の

『院長が叱る時ってどんなタイミングの時なのか?』

http://haisyakaigyo.com/?p=559

 

でもお伝えしましたが

すぐに怒ってしまう癖がある場合は

怒りそうになったら、すぐ声や態度に出さずに、

まず1秒でも自分を落ち着かせましょう。

 

 

 

そして、些細なミスのことであれば、

すぐに『叱る』ことで、相手が改善できるように

伝えるのも良いです。

 

 

ただ、今回の冒頭でも言ったように

性格や気質に関する点のことならば、

自分の感情と相手の感情の両者が

フラットな時に、

真剣に話し合う場を設けると良いと思います。

 

 

 

わざわざ時間を作って・・・となると、

「そこまでして言うのもなぁ」と感じる

かもしれません。

 

しかし、性格や気質のことを伝えるなら

尚の事、しっかり相手に伝えれるように

する方が確実に改善に繋がります。

 

 

何かのついでに言ったり

時間のない時に慌てて言ったりして、

話半分のまま中断せざるを得なくなった場合、

 

「ただ自分の悪い点を羅列された・・・」

 

状態で終わってしまう可能性もあります。

 

 

それでは、改善にならないし

相手も傷つく、もしくは嫌な気になる

ばかりです。

 

 

 

自分からすれば改善する必要があると

感じている点も、もしかするとスタッフ側にも

何かしらの理由があっての行動であったり

言動であったりするかもしれませんよね。

 

 

 

勿論、だからと言って改善しなくて良い

わけではなく、それで仕事に差し支えが

出ているのだから改善はしてもらいます。

 

 

 

しかし、一方的に

 

「ここが悪いから改善して!」

 

と言うよりは、相手がどうして

そう言う風にしているのか等、相手の意見も

聞いてから改善策を一緒に考えてあげること

の方が、確実に相手を改善に導くことが

出来るでしょう。

 

 

 

 

 

 

時間を作って、お互いがフラットな時に

話し合いの時間を設けること。

 

 

その方が感情的にならずに

そして相手もしっかり受け止めやすいです。

 

 

 

 

あなたの望みは

 

怒りを、ぶちまけたいことですか?

 

それとも相手の行動を変えたいのですか?

 

 

 

もし相手の行動を変えたいのであれば

ぜひフラットな時に、

冷静に話し合いをしてみて下さい。

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事