歯科医院の初診数が減少したら・・・。

初診を増やしたいって思いますよね。

 

医療で言えば、初診患者さんですが

医療以外のどんな仕事であっても

「新規」のお客さんを増やすことは

とても大事なことです。

 

逆に

 

 

新規の人がどんどん減ってしまえば

必ずその会社やお店は潰れてしまい

ます。

 

 

しかし、医療以外の業種と医療では

「新規」を増やす手段は違って

きます。

 

 

例えば、会社などで営業マンが

新規開拓を行う場合なら

 

飛び込み営業と言われるものから

既存の取引先からのツテや

その他にも、自社商品・技術の

セミナーなどを開催し

その参加者に興味を持ってもらい

新規に繋げるなど

 

色々なルートと方法があるかと

思います。

 

 

 

もちろん、ルートがあるからと言って

簡単に新規開拓できる訳では

ありません。

 

 

様々な工夫や、努力をして

新規を増やしていると思います。

 

 

飲食店であれば、お店の前で呼び込みを

しているお店もあります。

 

 

またはグルメ情報誌に掲載したり

お得なクーポンを発行したりして

新規顧客を呼ぶと言う集客方法が

一般的ではないでしょうか。

 

 

しかし、医療ではどうでしょうか?

飛び込み営業なんて出来ませんし

 

医院の前に立って

 

「今空いてまーす。今なら、

 すぐにチェアーご用意出来ます。」

 

や生ビール1杯無料!のように

 

「今なら上顎の歯石除去無料サービス

 してます!」

 

なんて、

呼び込みをすることも出来ませんよね。

 

 

今は、安定して初診の患者さんが

来てくれていたとしても

この先、もし初診患者さんが

減少してきた時に、どのようにして

 

初診増患をするのか?

 

を考えておく必要があります。

 

 

開業して最初の数年のうちは

周りに強豪と思われる歯科医院がない

立地であれば、初診患者さんは

一定数は確保できることでしょう。

 

 

しかし、診療圏内のある程度の

患者さんが一度は来院されたことの

ある患者さんになる数年後は

どうでしょうか?

 

 

見込まれていた近隣の患者さんが

尽きた後。

 

 

開業数年後からが

開業医にとって本当の勝負です。

 

 

開業時は、新しい医院には良くも悪くも

興味があるので

「一度、行ってみよう」

と思って来院してくれる患者さんもいます。

 

 

しかし、その人たちが興味を

示さなくなった「新しい歯科医院」では

なくなってしまってからが

集患、新患集患の本当の意味での始まり

と言っても良いかもしれません。

 

 

なんて、言ってしまうと

 

「どうしよう!?

 初診数が減少している!

 兎にも角にも、初診確保しないと!」

 

と焦ってしまいますよね。

 

 

もちろん過剰に初診を増やす事だけを

やる必要はありませんが

 

クリニックがしっかり存続する為に

必要な初診患者さんに来てもらう事は

 

 

より良い治療やより良いサービスを

提供するためには必要です。

 

 

 

では初診を増やす為に医院内で

 

やる事ってどんな事があるので

しょうか?

 

 

以前『歯科の初診患者増患方法』

http://haisyakaigyo.com/?p=754

 

 

では外部対策についてお話しましたが

 

今回は内部的な要因をお伝えしていきます。

 

 

 

 外部対策が

・ホームページ

・駅看板

・電柱看板

・バス広告

・バスアナウンス

・地元新聞に取り上げられる

・地元のテレビやラジオ

・フリーペーパー

・雑誌のインタビュー受ける

・SNS

・地域での講演

  • 地域へのあいさつ回り

 

などでしたが、

内部対策にはどんなものが

あるでしょうか?

 

 

 

 

ちょっと列挙してみましょう。

 

・ 紹介カード

・ 名刺

・ 小冊子

・ パンフレット

・ 治療説明資料

・ クリニック新聞

・ 口コミを増やす仕掛け

・ 治療のキャンペーン

・ 医院内セミナー

・ 院内イベント

 

などなどがあります。

 

 

 

どうですか?

 

これらの内容を見て

もう既に取り組んでいると思うものから

 

ちょっと面倒で、手を出していないと

思われるものまで様々あるかと

思います。

 

これもまた外部戦略と同じように

 

簡単な事から敷居が高いことまで

様々ですが

 

まずは一つずつトライする事が大切

だと思います。

 

外部対策の時と同様

これら全てができれば良いですが

実際には労力やコストの面から

全てを実行することは難しいかも

しれません。

 

 

それならば、自分の医院、

そして自分に合った方法を知るためにも

とにかくトライしてみると

良いでしょう。

 

 

 

ここに挙げたものは、

全てが全ての歯科医院で内部対策として

効果を上げるものかと言われれば

そうではないでしょう。

 

 

なぜなら、

それは歯科医院がある場所によって

立地条件はもちろん、患者さんの層など

にも違いがあるからです。

 

 

ベッドタウンにある歯科医院と

オフィス街にある歯科医院が

全く同じ内部対策をして、同じ効果が

あがることはありませんよね。

 

 

上に挙げた方法の中で

 

これが確実に自分の医院では

効果がある!

 

と確信出来るものがあれば、

それを実践するのはもっともですが

 

それ以外にも

意外にも効果を現すものがあるかも

しれません。

 

 

もしくは

どれが自分の医院に効果をもたらす

ものか全くわからない!

と言う場合もあるでしょう。

 

 

それで大丈夫です。

 

 

ここに書かれていることを

出来ることから実践してみて下さい。

 

 

一つ目をして効果が現れないなら、

2つ目を・・・

 

と言うように

どんどん実践してみて下さい。

 

 

きっと、あなたに、そしてあなたの

医院に合う方法が見つかるはずです。

 

 

 

次回からは、内部対策について

すこし詳しくお話したいと思います。

 

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事