歯科医院のスタッフへのコーチングとティーチングの使い分け

 

あなたは、スタッフにも

成長してほしいと感じていますか?

 

 

歯科医院は、院長だけが

すごいスキルを持っていたとしても

成り立ちません。

 

 

もちろん、ものすごく腕が良く

そのスキルだけで、名医と呼ばれる

人もいます。

 

 

そして、その名医を頼って全国から

患者が来るなんて言うドクターも

います。

 

 

しかし、それでもドクターだけでは

診療は難しく、受付、衛生士、

アシストと各々がいてこそ

成り立つチームプレーです。

 

 

 

凄腕のドクターには、

凄腕のスタッフたちがついています。

 

 

もしくは、いくら凄腕でも

スタッフが良くなければ

 

せっかくの凄腕のドクターの

スキルも発揮できず

 

患者さんが集まらなくなって

しまうこともあります。

 

それほどまでに、スタッフの

スキルも必要なのです。

 

なので、スタッフを教育して

スタッフにも常に成長してもらう

ことは大切です。

 

 

と簡単に言っても、

自分のスキルアップは自分が

頑張れば可能だけど

 

スタッフのスキルアップ

成長は、個人のやる気が大いに

関係してくるので

 

なかなか簡単には出来ない・・・

 

と思いますよね。

 

 

 

実際、スタッフにも頑張って成長して

ほしいけれど、どうしたら良いのか

分からないと言う先生方の声は

よく耳にします。

 

 

では、スタッフのスキルアップや

成長のためには、スタッフに

「教える」ことが

必要不可欠になります。

 

 

しかし、「教える」と一言で言っても

その方法には

 

 

コーチングとティーチングという

2通りの教え方があります。

 

 

 

今まで、スタッフを育成してきて

いろんなことを教えてきたけれど

 

いつも同じように教えてきて

教え方なんて考えたこともなかった

 

と思われるかもしれません。

 

 

そもそも、ティーチングや

コーチングと言う言葉自体

聞きなれない

 

と言う方も多いです。

 

 

しかし、この二つの教え方は

私たちが子供の頃から受けてきた

学校教育でも

 

大人になってから受けたセミナーでも

 

もちろん、それ以外の場でも

普通に行われています。

 

ただ、それを

「これはティーチングだな」

 

「これはコーチングだな」

 

と意識していないだけのことです。

 

 

 

では、コーチングとティーチングが

一体どう言うものなのかを

まず説明します。

 

 

 

コーチングとは、

達成する為に

自ら考えさせ、行動を促して

相手をサポートする手法です。

 

「教える」「アドバイスをする」

ことはせず、相手に問いかけて

相手が考えた結果、答えが引き出され

ます。

 

 

そのため、コーチングする側と

される側の両者での

コミュニケーションの中で

自ら答えや考え方を導き出される

方法です。

 

 

一方、

 

ティーチングとは、

相手に考えや行動の答えを

教えていく手法です。

 

 

これは、まさに私たちが

学生時代受けてきた授業と同じです。

 

仕事に就いてからも

同じように仕事をティーチングされて

います。

 

 

要は、ティーチングは

その知識を知っている人が

それを知らない人に教えることです。

 

 

どちらも、今までに無意識にですが

経験したことのある方法ですよね。

 

 

教えられる側であっても

教える側であっても

 

どちらの方法も使われてきたはず

です。

 

 

では、スタッフへ「教える」ためには

コーチングとティーチング

 

 

 

どちらがいいのでしょうか?

 

 

自発的に行動を起こせるようにする

ためにはコーチングが必要そう!

 

でも、知らない知識はティーチングで

教えないと始まらないし・・・

 

 

と、両者の特徴が違うので

悩みますよね。

 

 

しかし、答えは

 

どちらも必要です。

 

 

どちらかだけでは

上手にスタッフを教育することは

難しいでしょう。

 

 

実際に、

「教えるのが下手だな・・・」

と思われる人は、大概どちらかだけ

で教えている傾向があります。

 

 

 

両方を使い分けてこそ

教えられる側の成長に繋がります。

 

では、その使い分けについて

どのような時に、

どっちを活用するか?

 

いろいろな場面について紹介します。

 

 

 

もう一度、コーチングとティーチング

の特徴を理解した上で見てください。

 

 

  • ・本人が学ぶ気や、やる気がある時

 

ティーチングの方が早く、吸収して

成長します。

 

 

  • ・本人のモチベーションが低い時

 

ティーチングだと

聞いてもやらない

と言う現象が起こるので、

コーチングの方が良いです。

コミュニケーションをとりながら

なので相手の頭にも印象として

残り易くなります。

 

 

 

  • すぐ学ばないと危険だったり、

損が大きい時は

 

ティーチングで学ばせた方が、

早いです。

 

 

 

 

  • 特にすぐやる必要はないけど、

長期的に考えると良い事

 

コーチングの方が、

行動のモチベーションが長く続く

ので良いです。

 

 

 

  • 教える人の時間が

あまりにもないケースは

 

ティーチングの方が

時間がとられません。

 

 

  • 時間をかけても長期的に

伸ばしたいケースでは

 

コーチングの方が、

本人がやる意味を理解しやすいので

長期的に結果が出やすいでしょう。

 

 

 

  • 本人がすぐに結果を出したい

と思っていると

ティーチングを受けて、どんどん

行動している方が結果に出るのは

早いです。

 

 

 

これ以外にも、シチュエーションは

色々とありますが

全て書き出すとキリがないので

大まかにだけお伝えしました。

 

 

これらの例を見て

わかるようにコーチングと

ティーチングは時間に関して

大きな違いがあります。

 

 

時間がない

早く、急いで

 

成長させたい 結果を出させたい

 

場合は、コミュニケーションを

とって、考えを試行錯誤しながら

考えを導き出すコーチングよりも

 

どんどん知識を教え込んでいく

ティーチングが良いです。

 

 

また、本人にやる気があれば

ティーチングで、知識を詰め込んでも

自らしっかり咀嚼して自分のものに

する努力をするので

ティーチングで大丈夫です。

 

 

反対に、本人にやる気がなければ

それでは、いくらいろんな知識を

教えられても、自分で咀嚼する気が

ないので、結局は

 

教えたのに理解していない

出来ない

 

と言った状態になってしまいます。

 

なので、こちらも一緒になって

会話などのコミュニケーションを

とりながら、考えさせる時間を

作るコーチングならば

 

本人も会話を通じて、考え

自分のものにしていくでしょう。

 

 

また、ティーチングと違って

時間的に余裕がある場合や

答えや結果が一つではなく

変化していくものの場合

 

同じことでも状況によって答えが

変わるものに関しては

 

コーチングの方が、自ら

しっかり考える必要があるので

状況が変わるたびに

自分で考えて行動できるように

なる癖をつけることが

できるでしょう。

 

 

 

 

では次回は具体的に

歯科医院のケースはどうか

当てはめてみましょう。

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。


口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!



 

→歯科開業医ネットワーク

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事