患者さんが増える歯科医院の入り口

 

前回

『患者さんが入りやすい

 歯科クリニックにするために』

 

http://haisyakaigyo.com/?p=1274

 

で、患者さんの足が遠のく

歯科医院の入り口について

話しました。

 

 

では、今回は患者さんが

入りたいと思う入り口や待合い作りの

方法についてお伝えします。

 

早速ですが、患者さんは

どんな入り口や待合なら

入りたいと思うか7つのポイントを

あげます。

 

 

① 明るい照明。

 

② 入り口にブラックボードがある。

 

③ 待合いにオリジナルの

  ポスターやポップがある。

 

④ 理想の患者さんが読む雑誌を

  置いている。

 

⑤ スリッパなら滅菌器がある。

 

⑥ 花などの季節感のある物を飾る

 

⑦ キレイに掃除された床やイス

 

などです。

 

 

①については前回のお話の中でも

お伝えしましたが、雰囲気を良くする

のであれば、暖色系のダウンライトを

明るく多めにつけると

暖かい雰囲気で落ち着いた印象を

与えることが出来ます。

 

蛍光灯の色味では、昼光色は明るさや

清潔感はありますが、青みがかった

白色が無機質なイメージを

与えてしまいますので、落ち着く空間を

演出するのは難しいです。

 

電球色は、オレンジ色の色味が

暖かい雰囲気を出せますが

電球の設置数や日当たりがない場所

ですと、暗く感じる場合もあります

ので、そのあたりも考慮すると

とても雰囲気を良くできると

思います。

 

 

 

 

②のブラックボードは入り口の外に

置いておくと、患者さんの目に

留まります。

 

これも、医院のイベント告知があれば

書いても良いですし

オススメの治療を写真付きで

簡単に説明したポップのように

書いても良いと思います。

 

 

または、

「もう○月ですね!〜」

などと、患者さん相手にお喋りする

ように書くのも、患者さんとの

距離感が縮まります。

 

他にもありますが

歯科医院だけでなく、飲食店や他の

病院でも、こう言うブラックボードが

出ているだけで、目に留まる上に

読みたくなります。

 

そして、内容を見て、医院の中に

入らずとも、院内の予想ができるので

緊張せず、入りやすく感じます。

 

 

③の手作りのポップは、作ることで

温かみのある雰囲気を出せます。

 

既製品のポップよりも手作りの方が

患者さんの目も引きます。

 

 

④理想の患者さんが読む雑誌を

 置いている。 

は、理想の患者さん?

と思われるかもしれませんが

これがとても重要です。

 

もし、週刊誌やスポーツ新聞ばかりを

置いているならば、それを好む

患者さん層が通院します。

 

これは、前回お話した

「漫画を置いている」のと

同じことです。

 

漫画や週刊誌、スポーツ新聞が悪いの

ではありません。

 

しかし、もしあなたが自費治療にも

力を入れて雰囲気の良いクリニックに

したいと思うのであれば

 

それらを置いているクリニックとは

少し違うかと思います。

 

街の立ち飲み居酒屋と

お洒落な創作料理屋を

想像してみて下さい。

 

前者なら、スポーツ新聞が置いて

あっても違和感がありません。

 

 

後者なら、置いてあったら違和感が

ありますよね。

 

居酒屋のように、ワイワイガヤガヤ

しているのも楽しくて良いですが

 

落ち着いた空間で、ゆっくりした

気持ちで過ごせる創作料理店の方が

落ち着くと言う点では軍配が

上がります。

 

 

歯科医院に置き換えてみると

ワイワイガヤガヤした医院と

落ち着いた空間でゆったりと

過ごせる医院、

どちらを望むでしょうか?

 

 

個人差はあると思いますが

自分がどちらの医院を目指しているか

を考えると、落ち着いたクリニックを

求める人が多いでしょう。

 

そうなると、落ち着いたクリニックで

受診したいと思われる患者さんが

入りたいと思うクリニックにする

ことです。

 

そのためには、週刊誌やスポーツ新聞

漫画ではなくて、理想の患者さんが

読む雑誌を置くようにしておくと

患者さんも、それに合った人が

来院されるようになります。

 

 

⑤ スリッパなら滅菌器がある。

 

これも、前回お伝えしましたが

汚れたスリッパや雑然とした状態で

置かれているスリッパがあると

それだけで医院の質は落ちます。

 

 

綺麗なスリッパが置かれていないだけ

で患者さんは、歯科医院のすべての

衛生面に不安を感じるでしょう。

 

スリッパを使用しているならば

スリッパ用の滅菌器を使用していれば

患者さんも、衛生面に気を使っている

んだと認識されるので

安心されます。

 

 

⑥ 花などの季節感のある物を飾る

 

季節感があるものを飾ることで

院何の手入れをしていることが

よく分かります。

 

お店などでも、きちんとしたお店は

季節の花を生けていたり

その季節ならではの置物を飾って

いたりします。

 

 

逆に、お客さんがあまり入らない

ようなお店は、花と言っても造花が

埃をかぶって飾られていたり・・・

 

そんなお店には、あまり行きたいと

思いませんよね。

 

歯科医院でも同じことです。

 

 

 

 

⑦ キレイに掃除された床やイス

 

これは、新しく綺麗な床やイスである

必要はありません。

古くても、綺麗に掃除されていれば

良いのです。

 

いくら新しくても掃除が行き届いて

いなければ患者さんは気づきます。

 

 

毎日、そこで働いている自分では

気にならないことでも

患者さん目線は敏感です。

自分の家なら、髪の毛1本落ちて

いても気にならないけれど

人の家だと、髪の毛が落ちているだけ

でも目に付きますよね。

 

 

 

また、歯科医院は楽しい気持ちで

来院される方は少なく、不安を抱えて

来院される方が多いです。

 

普段以上に、いろんなことに敏感に

なっている状態です。

 

イスや床を綺麗にしておくことで

少しでも居心地の良い環境を提供

できると患者さんの不安は減ります。

 

 

以上が7つのポイントです。

これだけ言っておいてにはなりますが

 

実は、大切な事は一つです。

 

それは

 

おもてなしをする気持ちがあるか

どうかです。

 

 

 

大切な人をおもてなしする時に

何に気を付けますか?

 

上にある1つ1つの項目をクリア

するのも大切ですが

そんな事よりも大切なのは

 

患者さんをおもてなしする心です。

 

 

 

病院は治療するところだから

おもてなしなんて関係ないと

思う人もいるかもしれません。

 

 

確かにその気持ちも分かります。

 

病院に 

おもてなしの心が必要か

 

必要じゃないかは私にも

分かりません。

 

 

 

でも、声を大にして言える事が

あります。

 

患者さんは、それを求めている

という事です。

 

そこにニーズがあるから

やるのです。

 

 

 

 

ただ、患者さんを気持ちよく

お迎えする事をすれば

 

 

必ずそれをしている歯科医師や

スタッフの心も澄んできます。

 

 

 

なぜなら、患者さんがそれに反応して

良い言葉を掛けてくれるからです。

 

 

 

それがまた励みになりますし

自分のクリニックを好きでいて

くれる人がいると言うのは

すごく嬉しい事です。

 

 

患者さんにとっても気持ちよく

通院できて

 

その気持ちが患者さんから

返ってくる。

 

そして、患者さんも増える。

 

やって損することは一つも

ありません。

 

 

おもてなしの心を持てば

どんなことをすれば

相手が心地よいかを考えるだけで

何をすれば良いかが

分かります。

 

もし、それがまだピンと来なければ

ここでお伝えした7つのポイントから

まずは実践してみてください。

 

 

患者さんの反応も、自分の意識にも

確実に変化が表れます。

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

コスト低く、

手間がなく経営効果を出したい。

 

口コミで100医院以上が参加

 

地域で1医院限定なので先着順です!

 

 

→歯科開業医ネットワーク

コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。


口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!



 

→歯科開業医ネットワーク

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事