セラミックやハイブリッドのなどの補綴説明と時間について

 

前回

『自費の説明の仕方のポイント』

http://haisyakaigyo.com/?p=504

 

で、補綴の説明をする際に

気をつけるべきポイントが

5つある内の2つをお話しましたので

 残りはあと3つです。

 

 

 

念のため、おさらいです。

5つのポイントは

 

 熱く語って話さずに、静かに話す。

 

 自費と保険で何が違うのかを

  端的に話す。

 

 補綴ごとの細かい点を

  いきなり話さない。

 

 すべての情報を一気に話すと

  患者さんが迷う

 

 自分なら何にするかを決めておく。

 

でしたね。

 

 

では、今回はこの中の3番目

 

 

 

 

 

③ 補綴ごとの細かい点は

  いきなり話さない。

 

について、説明していきたいと

思います。

 

 

細かい点をいきなり話さない

 

では、どう説明するのか?

 

 

それは、

 補綴の種類の説明を

ものすごくザックリ話してください。

少し物足りないんじゃない?

と感じるくらいです。

 

 

「ゴールドだと

 こういったメリットがあり

 

 白いのだと、こういった種類が

 ありますが大雑把な違いは

 こうです。」

 

と言った具合で構いません。

時間にすれば、

 

 

30秒ぐらいの説明でOKです。

 

ただ、その中にも上記のように

要点はしっかり

お伝えするようにして下さいね。

 

 

 

しっかり説明した方が良いのでは?

 

それでは、患者さんには伝わらない

のではないか。

 

自費には種類も金額も

様々で説明することは沢山あるのに

そんなに掻い摘んで大丈夫か。

 

 

 

と思う先生もいるかと思います。

 

しかし、ここは敢えて

ザックリした説明が良いんです。

 

 

 

では、その理由ですが

 

まず、治療の際に補綴を入れる患者さん

には、こちらの勝手な判断で

 

「この患者さんには、自費のことも

 伝えておこう。

 

 この患者さんは、保険の説明だけで

 良いや」

 

と選別するのは、おかしいので

全員に補綴の説明をすると思います。

 

 

 

しかし、

すでにこの時点で、あまり自費治療に

興味がない人もいます。

 

それは、患者さんご本人から

「私は、自費はしません!」

とキッパリ言ってくれる方もいるかも

しれません。

 

 

 

しかし、多くの方は表情や、相槌、

会話の空気で、自費をしない意思を

伝えてこられます。

 

まずは、それをきちんと読み取って

ください。

 

 

そして、 

その自費に興味の無い方に

トクトクと補綴の違いを話すのは

その患者さんにとって苦痛でしか

ありません

 

 

 

 

想像してください。

 

 

あなたが

車を買う予定で予算が300万円

とします。

 

 

車屋に行ったら1000万以上の車の話

トクトクとされたらどうでしょうか?

 

 

車が好きで、買えない車でも

ただ話を聞いてるだけで面白い人は

別として、ほとんどの人は

 

「そんなに説明されても、

 買えないから・・・」 

 

「良い車なのは、わかったけど、

 それより買える車の話を

 して欲しい。」

 

 

と苦痛に感じるのではないでしょうか。

 

 

 

確かに、いくら1000万円の車の

性能の良さや他の車と比べて優れて

いる点、こだわりのポイントを

聞いたとしても

 

それに自分が乗れるわけでは無いのに

無駄ですよね。

 

 

また、そんな良いものを聞いた後に

300万円の車を買うとなると

なんだかとても劣って見えてしまう

気がしないでしょうか?

 

 

そして、もし劣って見えてしまっても

300万円以上の車を買えるわけでは

ないとなると・・・

 

 

 

こう考えると、自費に興味の無い

患者さんに自費の話を延々とするのは

かなりナンセンスですよね。

 

 

 

もちろん、患者さんに

しっかり説明するのも大切ですが

相手の気持ちを察するのも大切です。

 

 

まずはザックリと話し、その時点で

もし患者さんに自費治療に興味が

ないようであれば

 

この時点で患者さんのご意見を聞いて

保険治療を進めてください。

 

 

この時も、当たり前ですが

患者さんが自費でも保険でも

どちらでも選び易いように促すことが

大切です。

 

 

 

そして、もし

ここで自費治療に興味ある

患者さんならば

 

次のステップに行ってください。

 

 

たまに、自費率を上げようと頑張って

いる先生に見られる行動があります。

 

 

それは、患者さんが自費治療に興味が

無いと分かるや否や、やる気を

失ってしまい、保険の説明が適当に

なってしまうのです。

 

 

 

また、ものすごく自費に偏った説明を

してしまっている場合もあります。

 

 

例えば、

 

「保険の銀歯は色も悪くて

 とても不自然です。

 

 自分なら、絶対に

 入れたくありません。

 

 その点、自費のセラミックは・・・」

 

などと、患者さんに説明して

しまいます。

 

 

言っていることは間違ってはいないし

事実だと思います。

 

 

しかし、こんな説明をされては

「保険でお願いします。」

と、とっても言い辛いですよね。

 

 

また、保険の説明をあまりしてくれない

ような態度を取られると

 

「この先生は自費をしてくれる

 患者さんにしか興味が無いんだ。

 保険の治療だと適当にされそう・・・

 

 お金儲けできない治療は、面倒だと

 思ってるんだろうなぁ。」

 

と患者さんに思われることになります。

 

 

 

 

これでは、

患者さんから信頼を得ることは

まず無理です。

 

もしくは、今まで築き上げてきた信頼

さえ危ういものにしてしまう可能性も

あります。

 

 

そうならない為にも

しっかり患者さんの気持ちを

読み取れるようにして

患者さんの状況や意思に合わせて

自費なのか保険なのか

説明できるようにしましょう。

 

 

 

なので、まず最初の段階での全員に行う

セラミックやハイブリッドと言った

自費か保険かの説明は

短い時間でザックリとした説明で

行うようにしましょう。

 

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事