面接で重要視する事とは?

面接の評価は何を基準にしますか。

 

 

以前に

『歯科医院スタッフの採用について』

 

http://haisyakaigyo.com/?p=1252

 

 

『歯科医院でのスタッフ面接のポイント』

 

http://haisyakaigyo.com/?p=1254

 

で、面接に関するお話をしてきました。

 

 

そして、今回は面接時に応募者を

どのように評価するかについて

お話します。

 

 

 

求人を行い、応募者が複数名いるとき

面接をしても、何を基準に評価して

良いか悩むことがありますよね。

 

 

スキルの高い人

未経験だけど、やる気は

とてもありそうな人

 

今いるスタッフと調和が取れそうな人

 

などなど、それぞれに良いところが

あると、どこを重視すべきか

悩みます。

 

 

また、もし応募してきた人が一人だけ

だったり、少人数であった場合でも

 

この人しか応募してきてくれなかった

から、この人を採用しようと

面接の評価を関係なしに採用して

しまうのは、とても危険です。

 

 

早く人手不足を解消したい気持ちは

分かりますが

 

面接をして、しっかり評価し

その評価が高ければ採用に踏み切る

ことにして下さい。

 

 

では、この面接で重要視する

ポイントとは何か?

 

ですが、

私は、その人が与える

第一印象を大切にします。

 

 

もちろん、面接ということで

緊張している人もいますから

普段通りの人柄が出せない人

もいます。

 

 

それでも、前々回の

『歯科医院での面接のポイント』

でもお伝えしたように、こちらから

面接の硬い感じをなくし

 

応募者をリラックスさせることで

少しは緊張も解れるかと思います。

 

 

また、緊張度にはどうしても個人差が

ありますので、いくら、こちらが

緊張を解そうとしても

緊張しっぱなしの人もいるかも

しれません。

 

 

しかし、緊張しているからダメ!

なんてことはありません。

 

第一印象は緊張しているか否かで

良し悪しが決まるものではないから

です。

 

 

ただ、私が面接時に評価する点と

しては

 

 

暗かったり

語調が強かったり

ボソボソ話す人

必要以上におどおどしている人

自分の事ばかり言う人

なんか偉そうな人

いろんな事に不満が多い人

 

があります。

 

そして、こう言う人

 

などは採用しません。

 

 

なぜなら、

患者さんと接する時にも

その印象は必ず出てしまうからです。

 

 

どれだけスキルが高くても

患者さんに安心感を与えられない

スタッフを雇うことは

 

クリニックの印象として

マイナスになってしまいます。

 

 

若いスタッフや、未経験のスタッフに

最初から患者さんに安心感を

与えられるスキルを求めては

いませんが

 

仕事をしていく中で

きちんと教育すれば

それは身につけることが出来ます。

 

 

 

もちろん、上記のようなタイプの人も

時間をかけて直す事も出来ます。

でも年単位の時間がかかります。

 

 

このようなタイプでなければ

この年単位の時間は不要なのに

わざわざ、そのタイプの人を

選択して採用する必要は

ありませんよね。

 

 

しかも、このタイプの人を直すため

には、こちらが指導する以前に

 

本人が自分の悪い部分としっかり

向き合った上であることが

前提でです。

 

最初は誰でも未経験ですし

程度の差こそあれ 、業務的な事は

一から教えていくのは全く問題ない

です。

 

 

ただこう言った

基本的な部分が出来てない人を

教えて伸ばすのは、思っている以上に

すごく大変です。

 

暗かったり

必要以上におどおどしている人

 

と言うのは、面接だからと

緊張しているのとかワケが違います。

 

自分が病院に行って

暗いスタッフにあたったら

 

どう感じるでしょうか?

 

 

ただでさえ、病院や歯科医院は

行きたい場所ではなくて

 

落ち込むのに、そこで受付のスタッフ

が暗かったら?

 

 

更に落ち込むし

益々行きたくなくなりますよね。

 

また、オドオドしている人も

安心して、自分の体を診てもらえる

とは思えません。

 

不安で仕方なくなってしまいます。

 

あとは、語調が強い人

ボソボソ話す人と言った

話し方のクセも

なかなか抜けないクセです。

 

そして、喋り方のクセと言うのは

本人が気づきにくいものなので

改善するのが難しいです。

 

 

他にも、自分の事ばかり言う人

なんか偉そうな人は、患者さんに

対して偉そうな印象を与えて

しまいます。

 

それに加えて、

いろんな事に不満が多い人は

患者さんだけに対してではなく

スタッフ同士のトラブルにも

なりかねません。

 

 

 

不満が多い人というのは

物事の良い面を見つけようとしない

ので、周囲も巻き込んで

負の方向に持ち込んで行ってしまう

こともあります。

 

そうなっては、医院としては

確実にマイナス要因ですよね。

 

そして、これらの癖を直すのが

なぜ大変なのかと言うと

 

歯科医院の面接を受けるより

ずっと前から長年かけて

その人に染み付いてる事だからです。

また本人も、うすうす気づいている

けれど

 

「これは自分の性格」と

捉えて直そうとしないケースが

多いからです。

 

こうなってしまうと、なかなか

簡単には直せません。

 

 

 

 

業務を教えるのは簡単ですが

人間教育は非常に大変です。

 

選択肢をある段階で

わざわざそこに

時間と労力を使うよりも

 

伸び易い人を採用して、

伸ばすことに、それらを使った方が

絶対に有益です。

 

 

もちろん、採用した人は

しっかり向き合って教えていきますが

 面接の時点で、そこをしっかりと

評価し、これらのタイプの人は

採用しない方が良いと思います。

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。


口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!



 

→歯科開業医ネットワーク

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事