生き抜くためのお金の使い方④ 〜収入 後編〜

今回はこれで4回目になる

 

「生き抜くためのお金の使い方」

 

ついてお伝えします。

 

 

①〜フローとストック〜

(http://haisyakaigyo.com/?p=6689)

 

②〜戦略〜

http://haisyakaigyo.com/?p=6697

 

③〜収入 前編〜

(http://haisyakaigyo.com/?p=6705) 

 

 

これまでの、おさらいですが

収入を上げることが一番安定して

長期的に続けられることです。

 

 

そして、収入が上がれば

そこから投資をしていくと良いのですが

 

この「投資」は株式投資などだけではありません。

 

 

クリニックの設備などに投資することや

自分自身のスキルアップのために

投資することです。

 

 

兎にも角にも収入を上げないと

何も始まりません。

 

 

そこで、前回は収入を上げるために

歯科医師としてのスキルを上げて

 

何か特化したものを身につけようと

言うことをお伝えしました。

 

 

特化とは、他の人にとって代わることの出来ないものです。

 

 

周りには、「これは負けないぞ」

と言うジャンルを1つ持てるようにするのです。

 

 

だからと言って

日本で一番のレベルになる必要はありません。

 

 

30人の中で1番くらいのレベルがあれば

同じ地域に10軒位、歯科医院があったとしても

 

十分特化したレベルになるはずです。

 

 

 

そして、今回は収入を上げる

これ以外の方法について

お伝えします。

 

 

まずは、前回もお話しましたが

スキル、肩書きなどによって

収入には格差があります。

 

 

では他に、収入がある人

上手くいっている会社は

 

そうではない人や会社と何が違うのか?

 

をよく考えてみて下さい。

 

 

 

例えば、ソフトバンクと言えば

日本で有数の企業です。

 

トヨタやユニクロも同じく有数の企業です。

 

では、ソフトバンクとトヨタ

またはソフトバンクとユニクロでは

 

一体何が違うのか?

を考えたいと思います。

 

 

3社共に、巨額の売り上げがあり

すごい企業ですよね。

 

 

でも、少し違いがあります。

 

 

どこに違いがあるのかと言うと

 

トヨタもユニクロも自社で製品を作って

自社でその製品を売っています。

 

 

ソフトバンクは、いろんなグループがあり

多様な側面があるため

 

一概にソフトバンクが「こうである」

とは言い切れないのですが

 

ソフトバンクは、上記2社のように

自社で製品を作って売っているわけではありません。

 

 

iPhoneもソフトバンクが作ったわけではありませんし

 

光通信事業も自分で作り上げているわけでもありません。

 

 

簡単に言えば、アメリカのApple社が作った

iPhoneを自社に持ってきて

それを日本で販売している形態です。

 

 

Yahoo! JAPANも同様で

アメリカで設立されたYahooを

ソフトバンクの子会社である

 

ヤフー株式会社が、日本で

Yahoo! JAPANとして運営しています。

 

 

つまりは、自分で何かを作らなくても

会社を大きくしていく部分もある

と言う点を知っておいて欲しいのです。

 

 

歯科医院として治療の技術を良くする

というのは商品を良くすると言うことです。

 

トヨタで言えば、良い性能の車を造る。

 

ユニクロなら良い商品を作ると言うことです。

 

 

ただ、商品が良くても

売れないこともあります。

 

逆に商品がそこまで良くなくても

マーケティングなどが巧くて

 

商品がどんどん売れていくこともあります。

 

 

ソフトバンクで言えば

もちろん外部から持ってきている商品自体が

 

良いものであると言うこともありますが

商品を作ることをしなくても

 

 

商品を売ることに特化し

マーケティングなどの戦略を巧くすれば

 

あれだけの大きな企業になれる

と言うことです。

 

 

何が言いたいかと言うと

 

 

私たち歯科医院では歯科治療は

商品です。

 

 

トヨタならば車、ユニクロならば

衣類に値します。

 

 

そこで、商品である歯科治療が良いのは

当然のことと考えて

 

 

他に商品をどのように売るかを

考えていかないと会社は大きくならない

 

上手く行かないと言うことになります。

 

 

つまり、収入を上げるために

上げるべきスキルは

 

・お客さんを集めるスキル

 

・集めたお客さんに商品を買ってもらうスキル

 

です。

 

この売るスキルを磨かないと

どれだけ良い商品を作ったとしても

 

売れていない企業になってしまいます。

 

 

例えば、今世間で一番売れている

石鹸があるとします。

 

では、一番売れていると言う事は

これが本当に世間で一番良い石鹸

なのかというと

 

 

絶対にそんなことはありません。

 

 

一番売れているケチャップは

一番良いケチャップかと言うと

そんなこともありません。

 

 

きっと、無添加・価格・成分・

味・環境を配慮しているなどなど

様々なポイントによって

 

一番の定義は変わりますが

他の商品で、世間で一番売れている商品よりも

 

優れている商品は

沢山あります。

 

 

しかし、一番売れている商品と言うのは

 

 

全てのポイントで

すごく秀でているのではなく

 

バランス良く作られていて

マーケティングがすごく秀でている

 

商品なのです。

 

 

では、私たち歯科医院が

やらなければならない事は

 

 

患者さんに来院してもらう仕組みを作り

その患者さんに治療が終わるまで

継続して通院してもらう。

 

 

患者さんに自費治療をしたいと思われる。

 

 

メンテナンスで通院したいと

思われるような仕組みを作り

 

 

それに見合ったスキルを上げていく事です。

 

 

そうしないと

商品だけを良くしても売れないこともあります。

 

 

治療のセミナーなどをされている先生で

商品と売り方の双方を

上手くされている方もいらっしゃいます。

 

 

ただ、このような先生は

バイタリティがあって

頭も相当クレバーな方が多いです。

 

そのため、このような先生から

スキルを学ぼうとすると大変です。

 

 

なぜなら、こう言った先生の多くは

元々才能があるタイプの人です。

 

 

治療が上手くできて

それをどのように提供するのか

 

と言うことを

才能でやってのけれるのです。

 

 

しかし、少数派である才能タイプの人以外の大多数の人は

 

 

才能ではやってのけられません。

 

 

才能タイプの人であれば

すべきことを同時に処理することを

いとも容易くできるかもしれません。

 

 

しかし

私たちがすべき事は、すべき事を

きちんと分けることです。

 

 

・治療は治療で学ぶ。

 

・患者さんを集める、自費を提案する

 リコールをどのように伝えるかなど提供の方法を学ぶ。

 

 

この2つを別のものとして

学ぶ必要があるのです。

 

 

何か1つでも理想的な医院や先生を

見つけると自分も同じようなものを

 

作りたいと思い、その先生と同じ方法を

真似しようという考えになることが多いです。

 

しかし、これは意外と難しいもので

個人的な能力がかなり影響しています。

 

 

また、立地条件やタイミング

その他にも色々な条件が重なって

理想的な医院、先生を完成させています。

 

 

ここで、重要なことは再現性です。

 

 

1つの医院、1人の先生を丸ごと

再現しようとするのではなく

 

 

1つずつの学びたい分野に分けていき

その学びたい先生を分けることです。

 

 

ある特定の治療について

学びたいことがあれば

 

その分野で理想と思う先生に

治療を学びます。

 

 

経営を学びたいと思えば

経営の分野では、どんな人に学びたいのかを

 

しっかりと見つけて

その人から学ぶようにします。

 

 

経営の分野であれば

歯科でなくても他業種から

学ぶことも良いと思います。

 

ただ、他業種から学ぶのであれば

歯科に特化はしていないので

 

歯科の経営に落とし込むのには

時間を要します。

 

頭もかなり使うことになるので

タイムロスの点も併せて

 

歯科から学ぶよりは

難易度が上がります。

 

 

 

とは言え、本当なら歯科の治療に

関しても、経営に関しても

 

1人の先生から学びたいと思うのが

本音だと思います。

 

そのほうが、気が楽でもあります。

 

 

同じ志を持つ先生に教えてもらい

その先生と同じようにやっていきたいと思うでしょう。

 

 

先生のやり方、考え方の全てに

フォーカスしたものを学びたいと言う気持ちになります。

 

 

確かに、このように1人の人から

全て学べるのであれば

とても楽だし良いと思います。

 

 

しかし、現実にこれをしてしまうと              

色々な細かい部分が難しくなってきます。

 

 

そのため、一人の先生のやり方に

固執せずに分野ごとに分けて下さい。

 

 

そして、分けていくと

自分の考えと違う部分が必ず出てきます。

 

 

例えば、経営を学んでいても

 

「そう言うのは私はやりたくない」

 

と思うことがあれば

それをやらなければ良いだけです。

 

 

何も全て真似する事はないのです。

 

 

自分の考えと違うならば

それは取り入れずに

 

他の事だけ自分の医院に取り入れ

融合させる。

 

 

これが大事です。

 

 

自分で経営的な部分、治療の部分

スタッフマネージメントの部分などと

 

しっかり分けて学びながら

自分なりに学んだことと

 

自分の考えの調和をとることで

理想の自分の医院を作り上げていくことが出来ます。

 

 

 

調和をとるときには

本当は自分はどのようなクリニックを作りたいのか?

 

 

この地域に自分はどういう歯科を

提供するのが良いのか?

 

 

を必ず考える瞬間があります。

 

 

こう言ったことを

しっかり考えることで

 

自分だけのクリニックとしての

味が出ますし

 

クリニックのコンセプトも見えてきます。

 

 

一人の先生のやり方、医院を

丸々模倣しようとすると

 

立地条件、スキルの問題

才能の有無、時代の問題などなど

 

様々な問題があり、なかなか難しいものです。

 

 

ゆえに、そこはしっかりと

分野ごとに分けて

 

 

融合させる、調和させることです。

 

 

経営のことだけ見ていくと

治療とスタッフマネージメントがついて行かない。

 

治療のことだけを見ると

経営とスタッフマネージメントがついて行かない。

 

スタッフマネージメントだけを見ると

経営と治療がついて行かない。

 

となってしまいます。

 

 

これらの全ての調和を取るためには

 

どう言う優先順位にしていくのか?

 

どのようなバランスをとっていくのか?

 

を考えていくことで

自分のクリニックの味になります。

 

 

そして、これらを考えている時間が

自分のクリニックの軸になります。

 

 

したがって、しっかりと学ぶようにしましょう。

 

 

全てが無駄になりません。

 

 

その学びのためには

まずは上手くいっている人が誰なのかを探して下さい。

 

 

歯科治療の分野であれば

自分がこれを学びたいと思う分野について

 

上手くいっている先生は誰なのか?

 

を見つけましょう。

 

 

そして、その分野の人を3人ほど

ピックアップして下さい。

 

ピックアップすることが出来たら

自分に合いそうな先生を選んでください。

 

 

表現していることが

自分が良いと感じる先生のもとに

学びに行くことをお勧めします。

 

 

自分に合わない先生を選んでしまうと

気持ちが乗らないので

頓挫してしまうこともあります。

 

 

この自分に合う先生を見つけると言うのは

 

①スタッフとどのようにして成長していくか

 

 どのようにスタッフのやる気を上げるか

 

などのスタッフマネージメントの部分

 

 

②経営に関して、マーケティングや

 自費の上げ方の部分

 

について、それぞれ3人ずつ程度ピックアップして

 

その中から自分に合う人を

見つけると良いです。

 

 

これで、治療、マーケティング

スタッフマネージメントの3つの分野で

 

それぞれ1人ずつ

自分が理想とする先生ができました。

 

 

 

次に、実際にこの3つの分野の先生の

それぞれのセミナーや勉強会に参加して

 

順番に学んでいきましょう。

これで、3つの軸ができます。

 

 

しかし、この3つの分野の先生の

言うことを全て取り入れようとしても無理です。

 

 

なぜなら、3人の先生の言うことには

必ず「ズレ」が生じるからです。

 

 

マネージメントのセミナーに参加すれば

そこでは、マネージメントを主軸とした

考えの話が展開されます。

 

 

治療のセミナーに行けば

主軸は「治療」と言われるでしょう。

 

 

マーケティングに行けば

マーケティングが主軸に。

 

当然のことです。

 

 

もちろん、これらのセミナーも

主軸と考えること以外の事は

 

蔑ろにしているかと言うと

決してそうではありません。

 

 

しかし、治療セミナーならば

治療を主軸として話すのは

当然のことですよね。

 

 

でないと、セミナー自体が

ブレブレになります。

 

 

このように、3つのセミナー全てに

参加する中で各々が違うことを言っていて

 

調和が取れないことが

出てくるでしょう。

 

 

しかし、それを自分なりに

全て理解した上で

 

融合させ調和させることが

とても大事なのです。

 

 

では仮に、あなたが憧れる歯科医師がいたとします。

 

あなたは、その先生に子育てについて

話を聞きますか?

 

投資の話を聞きますか?

 

夫婦関係や家族関係が、どうすれば上手くいくのかを聞きますか?

 

相続はどうすれば良いのか?

 

 

こんな事は、きっと聞かないですよね。

これらは、それぞれ専門家の人に聞くと思います。

 

 

これと同じように、歯科の中でも

きちんと専門分野を分けると言うことが大切です。

 

 

また、憧れの先生がいたとしても

その先生と全く同じになることは

絶対に出来ません。

 

 

憧れの先生を目標にすること

憧れの先生に近づこうとする事は

良いことです。

 

 

憧れの先生と全く同じには

なれませんが近づくためには

 

別の学びもきちんとしていくことが

結果として、理想に近づけることになります。

 

 

最後にまとめです。

 

収入を上げるためには

歯科医師として提供できるもの

商品にあたるものは治療です。

 

 

しかし、歯科治療の腕が良くて

提供できるとしても

 

それだけで医院がうまくいく

ということではありません。

 

 

マーケティングの部分では

患者さんの気持ちを動かす話し方

 

プラス、スタッフの気持ちを高める方法

一緒にチームとして

うまくやっていける方法なども

 

理解していないと

うまく行かないので

 

そう言ったこともきちんと学ぶ必要があります。

 

 

 

そして、最後にお伝えしたい事は

 

モノ(カタチあるもの)に投資をすると

収入アップに繋がると言うのは

基本的に考えない方が良いです。

 

 

新しい設備(モノ)を買って

「これでうまくいくのかな?」

と考えていると、大抵は失敗します。

 

 

開業すればうまくいく 

なんてことは、ありません。

 

C Tを購入すればインプラントが

増えると言うこともありません。

 

マイクロスコープを購入すれば

自費のエンドが増える

 

患者さんがいっぱい来る

なんてこともありません。

 

 

勿論、結果を出している人もいます。

 

しかし、それはモノではないんです。

 

 

モノを買って、それをどのように使うかを

きちんと考えられる人が

うまくいくのです。

 

 

モノを買って、それで上手くいかせられるのか否かの差は

 

 

目には見えないモノにあります。

 

 

それは、目には見えないスキルや

自身の頭の中です。

 

 

目には見えませんが、投資すべきは

目に見える設備などのモノではなくて

 

自分自身の頭のなか、知識やスキル、情報です。

 

 

多くの人は、カタチあるものに

お金を払いたがります。

 

資格もその1つです。

 

歯科医師もですが、それ以外にも

パソコン関係の資格や

 

世の中には沢山の資格があります。

 

その資格を取るために、学校に通ったりして

資格取得することもありますよね。

 

 

モノの面では、例えば車。

 

 

これは数百万円と高額であっても

購入する人は多いです。

 

 

なぜなら、お金を払った対価として

目に見えるカタチあるものが残るので

安心できるからです。

 

 

しかし、本当はこう言ったものは

価値を生み出さないかもしれません。

 

 

特に「モノ」はとても危険です。

 

 

収入を上げるために、必要な事は

「モノ」ではなくて

 

その「モノ」を如何に効果的に使えるのか?

 

それをどのようにすれば

投資効果を上げることができるのか?

 

自分が支払った以上の価値を上げられるのか?

 

と言うことを考えられる能力と

情報です。

 

 

収入を上げるためにすべき事は

 

1.情報を集めるために

 投資をする(お金を使う)

 

2.見えない能力を上げるために

 投資する(お金を払う)

 

 

この2つが、まず最初にすべき事です。

 

 

そして、この2つをして学んだことを

実践することが一番最短で結果を上げる方法です。

 

 

とは言っても、どうしても人間と

言うのは目に見えるものに価値を

見出したくなります。

 

 

見えるものになら

お金を払いたくなります。

 

逆に見えないものには

投資をしにくいものです。

 

誰でも、見えないものは「モノ」として

確かではないので不安があります。

 

 

しかし、この見えないものに

投資できる人が成功します。

 

 

また、その投資先をしっかり

見極めることができる人が

うまくいきます。

 

 

今回で

『生き抜くためのお金の使い方』

についてのお話は最後となります。

 

 

これまでのお話をもう一度

振り返って頂いて

 

 

自分が何に一番時間とお金をかけて

学ぶべきことは何なのか?

 

をしっかり考えてみて下さい。

 

そして、それを誰から学ぶのか?

を考えましょう。

 

 

学びたい相手の先生の話は

自分の考えにマッチするのかを判断し

決めましょう。

 

 

そこで、学びたい先生が決まったら

あとは時間とお金をかけて

しっかりと学んでいって下さい。

 

 

ただ、学んだからと言って

1日2日で結果が出るわけではありません。

 

1年、2年かかるかもしれません。

 

 

しかし、結果が出るのに

数年かかったとしても

 

それだけ、しっかり考えて

数年かけて出た結果と言うのは

 

その効果が

5年、10年〜と長く続きます。

 

 

ですので、目に見えるものばかりに

投資する発想はやめにして

 

自分自身の見えない内面部分に

投資しましょう。

 

 

これこそが、成功するための

最大にして、最高の投資先です。

 

 

時代の変化は目まぐるしいものです。

 

そして、それは今後さらに加速するでしょう。

 

ITの技術も凄まじく、AIの進化によって

人が不要になる仕事も増えていきます。

 

 

昔の時代の流れのスピード感のままでいると

確実に自分だけが時代に

取り残されてしまいます。

 

 

取り残されないために

自分の知識、情報に時間とお金を

投資して下さい。

 

先生は患者さんの歯の年齢を伝えられますか?


簡単に数値化できるシステムがあります。



 

→歯の年齢診断プロ

 

手間なく売り上げを増やすには待合室動画が必須!
でも、動画に50万や100万も払っていませんか?


今だけのお得な特典があります。詳しくはサイトで。



 

→手間なし動画くん

 

→手間なし動画くん



コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。


口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!



 

→歯科開業医ネットワーク

 

→歯科開業医ネットワーク



開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事